佐々木 健(小笠)

佐々木 健(小笠)

ここでは、「佐々木 健(小笠)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



佐々木 健(小笠)

189cm77kg 右右 MAX143km スライダー・カット・カーブ・チェンジ
143㌔直球を持つ長身右腕。50m5秒9のバネを備える。練試・三重戦で6回1失点の好投を見せた。
2017年広島育成3位(支度金300万円、年俸240万円)

  最新記事

 ■ 佐々木(小笠高)投手、広島と契約 育成3位指名(静岡新聞) 17/11/17

 広島から育成3位で指名された小笠高の佐々木健投手は16日、浜松市内のホテルで広島と契約を結んだ。支度金300万円、年俸240万円。佐々木は「カープの一員になるんだとあらためて実感した。一日も早い支配下登録を目指す」と決意を新たにした。充実した広島の投手陣の中で理想とするのは野村の制球力と薮田の直球。「皆さんのいいところを吸収し、150キロを目標に直球で押せる投手になりたい」と将来像を描いた。189センチの長身と、50メートル5秒9の俊足を備える佐々木。松本有史スカウトは「身長が高くて運動神経もいい。第二の薮田ぐらいのポテンシャルがある」と太鼓判を押した。交渉には父信義さん、母和代さん、兄淳さんが同席。信義さんは「同期の中村捕手とバッテリーを組む姿が見られたら」と期待を寄せた。

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:浜松城北 先   9  4  15  2  3
   2回戦:駿河総合 先  4.2  6  6     4 137㌔
   3回戦:静岡学園 先   3  6       6
              16.2  16       13 防7.02(失点から計算)

 ■ 育成3位・佐々木は「薮田のようになれる」(スポーツ報知) 17/11/3

 広島から育成3位で指名された小笠高・佐々木健投手が2日、菊川市内の同校で松本スカウトらの指名あいさつを受けた。球団側は2年時から佐々木の身体能力の高さに注目しており、今夏の県大会1回戦で15三振を奪ったときに獲得の意思を固めたという。松本スカウトは「佐々木選手のようなサイズ(身長189センチ)で50メートルを5秒台で走れるような投手はいないこれで体ができればすごい」と絶賛。今季15勝を挙げるなど広島のエースとして活躍した188センチ、82キロの大型右腕の「薮田(和樹)のようになれる」と褒めた。佐々木も「広島は選手を育てるのがうまい球団と聞いています。投手陣も充実していて、お手本になる選手が多い」と声を弾ませた。現在のMAXは143キロだが、さらに速い球を投げられるようにと、毎日ブルペンで投げ込みフォームを研究しているほど意欲的だ。将来の目標は150キロ。「育成だからといって遠慮しなくていい。先輩にどんどん質問して吸収して」とハッパをかけられ、佐々木は「薮田さんにどんな練習をしているのか聞いてみたい」と向上心を燃やしていた。

 ■ 小笠高の189センチ右腕・佐々木健はMAX143キロ(スポーツ報知) 17/10/24

 静岡・小笠高の右腕・佐々木健は189センチの長身を生かしたストレートが武器。今夏の大会ではMAX140キロの剛球を生かして浜松城北工から15三振を奪ったが、夏休みにもトレーニングを重ねて143キロを計測した。「もっと速い球を投げたい」とフォームを研究し、現在も修正を重ねている。50メートル6秒2だったスピードも、現在は5秒9と成長中だ。日本ハム中日など5球団が注目。指名されれば、小笠高からは96年のヤクルト3位・山崎貴弘投手以来、21年ぶりとなる。

過去記事

 ■ 小笠の超大型右腕佐々木 プロ志望届!!(スポニチ) 17/9/5

 今夏県内で最も注目を集めた小笠の佐々木健投手が県高野連を通じて日本高野連にプロ志望届を提出し、4日に公示された。県内ではトップで全国4番目。10月7日には日本ハムプロテストを受ける予定で「志望届を出したことで目指すところが決まった。気持ちを入れてやっていきたい」と力を込めた。長身から投げ下ろす重い直球が武器の本格派。今夏は浜松城北工との初戦で5連続を含む15奪三振の快投を見せた。しかし、駿河総合、静岡学園との2、3回戦では本来の実力を発揮できず「自分のピッチングができずに負けて悔いが残った」と振り返る。ソフトバンクの山崎スカウトは「サイズ感、身体能力も抜群」と評価しつつ、夏に期待するような結果が出なかったことに加え「体の軸が弱い」と課題を挙げた。それでも「体の強さの上積み次第で大きく変わってくるであろう楽しみがある。それに早く(志望届を)出したということは向上心があると感じています」と捉えている。

 ■ 小笠3年・佐々木健投手 敗戦糧に「最高の舞台」目指す(産経スポーツ) 17/7/21

 「自分で試合を壊した」。プロ注目の長身189センチ右腕は敗戦にうなだれた。初回、身体が開く悪い癖が出て制球が乱れる。最速140キロの直球も走らない。2死一、二塁で静岡学園6番・田中にカットボールを右翼席に運ばれたこの回打者一巡の猛攻で4失点。二回にも長打を浴び、マウンドを降りセンターに回った。試合は三回から代わった岩瀬が好投。小笠打線も意地を見せる。八回裏、岩瀬が先頭打者に二塁打を打たれると再びマウンドへ。しかし、バント処理にもたつき一塁に悪送球。またも自らのミスで失点。5-8と点差を広げられた。「頑張ってくれたみんなに涙を見せるのは失礼だと思った」と試合後も我慢。数日の休暇後、プロ志望届提出も視野に入れて、練習を再開する予定だ。

 ■ 無名の県立にプロ注目逸材 小笠・佐々木に4球団スカウト(中日スポーツ) 17/7/17

 無名の県立校にプロ注目の逸材がいた。小笠の佐々木健投手だ。この日は4球団のスカウトが集結。最速137キロを計測するも、5回につかまり4失点で途中降板した。「走者を置いてから気持ちが先走ってしまい、制球が甘くなった」と佐々木は猛省する。ただ鋭く落ちるフォークで6三振を奪うなど、才能の片りんは見せた。中日・清水スカウトは「素材が素晴らしい筋力がついたらもっと球速が出て、藤浪(阪神)みたいになるんじゃないか」と評した。昨冬は下半身の強化に取り組み、高校近くにある100メートルの上り坂でのダッシュを毎日15本課した。130キロ前半だった球速が春には140キロに達し、一気に注目株に。本人もプロ入りを望んでいる

 ■ 小笠・佐々木、剛腕15K!スカウト高評価DeNA山崎康のよう(スポーツ報知) 17/7/10

 189センチの右腕がムチのようにしなり、15もの三振の山を築いた。小笠・佐々木のストレートがうなりをあげた。浜松城北工打線に3回に3点を奪われ一時逆転を許すも、伸びのある直球に変化球も交えリズムを取り戻した。同点の9回、4番・山本樹羅が高校通算37号の勝ち越し弾。その裏、佐々木は最後の打者を二ゴロで打ち取ると大きくガッツポーズ。夏は初白星。「最初はいい球がいってなかった。6回くらいから自分の投球ができるようになった」と振り返った。この日は巨人広島日本ハムなどプロ6球団のスカウトが視察。最終学年を前にして、冬場多い日には6キロ、さらに階段ダッシュもした。すると球速が8キロ上がった。日本ハム・熊崎スカウトは「試合を作れるようになった身長もあるし、身体能力も高いここ3か月の伸び率が大きい」。広島の松本スカウトは「インステップの投球はDeNAの山崎康晃のようフィールディングもいい」と高く評価する。

 ■ 【赤丸急上昇ピッチャー】小笠・佐々木 1m89大器「大化け」の期待(スポニチ) 17/6/21

 1メートル89の長身。全国的に無名のビッグ右腕が静岡県内でにわかに脚光を浴びている。常葉大菊川と同じ菊川市にある小笠の佐々木健。インステップから投げ込む角度のある直球は140キロの大台に乗り、5月までにプロ全12球団が足を運んでいる。「プロに行きたい。夢が目標に変わりました」ときっぱり。言動そのものに自覚も生まれている。近代野球で右の140キロは決して驚くべき数字ではない。何が魅力なのか。人並み外れた身体能力大柄でありながら50メートル走6秒2の俊足。ベースランニングを見たオリックスの牧田勝吾チーフアマスカウトは「全身バネ。走り方が素晴らしい」と絶賛し「ひょっとしたら大化けする。鍛えたら常時145キロは出る」と評価した。最後の夏。全国デビューは甲子園の舞台だ。

 ■ 189センチの超大型右腕・佐々木に注目…12球団スカウトが視察(スポーツ報知) 17/6/6

 静岡の小笠高校に189センチの超大型右腕がいる。佐々木健だ。浜岡中を卒業した時点で184センチ。1年冬に腰を痛めて少し出遅れたが、今オフに下半身を鍛え込み、球速も2年夏から10キロアップの140キロを計測。すでにプロ12球団のスカウトが視察に訪れている。先月の練習試合では甲子園24回出場を誇る三重県の強豪・三重を相手に6回1失点と好投。今春の西部大会は立ち上がりの失点が響き、磐田南に敗れて県大会を逃したが「だんだんよくなっています」と佐々木は手応えをつかんでいる。体格もビッグだが、身体能力も高い。50メートルを6秒2で走り抜ける。小笠農時代にエースとして活躍した榑松俊輝副部長も「城西大の後輩でプロ入りした投手が何人かいますが、運動能力は佐々木の方が上でしょう」と褒める。

  プロフィール

 静岡県御前崎市出身。
 佐々木 健(ささき・けん)投手。
 7歳の時から兄の影響で野球を始め、浜岡中では一塁兼投手としてプレー。

 小笠高校では1年時から控えとしてベンチ入り。
 同年シーズンオフに発症した腰のケガを克服し、翌2年夏の予選で全2試合の先発を経験する。 
 1回戦・御殿場高戦(5対1)で4回裏までを2安打1失点にまとめる好投を披露。
 フォームを崩した2年秋を県初戦敗退で終え、3年春(地区敗退)になって主戦の座を掴んだ。
 冬場に行った下半身強化トレでストレートの最速を134㌔から140㌔までアップ。
 4球団が訪れた地区初戦・磐田西戦(7回途中6失点)で最速137㌔(浜松)を計測している。
 3年夏の県大会は静岡学園に3回6安打6失点ノックアウトで敗れ3回戦敗退。
 全3戦に先発投手(1完投0完封)として登板し、初戦で15奪三振3失点完投の力投を見せた。
 県3回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 189cm77kg、プロ注目の最速143㌔長身右腕。
 長身からインステップして投げ込む143㌔直球が魅力。189cmの体に50m5秒9の脚力を備える。
 1年冬の腰痛を克服。2年夏から3年春にかけて最速10㌔アップを果たした。
 運動能力の高い長身ピッチャーとしてプロ12球団スカウトが注目。投手の他にセンターをこなす。
 3年春の練試・三重戦で6回1失点の結果を残した。

  スカウトコメント

広島・松本有史スカウト|17/11/17
 「身長が高くて運動神経もいい。第二の薮田ぐらいのポテンシャルがある」
広島・松本スカウト|17/11/3
 「佐々木選手のようなサイズ(身長189センチ)で50メートルを5秒台で走れるような投手はいない。これで体ができればすごい」
 「薮田(和樹)のようになれる」
ソフトバンク・山崎スカウト|17/9/5
 「サイズ感、身体能力も抜群」
 「体の軸が弱い。体の強さの上積み次第で大きく変わってくるであろう楽しみがある。それに早く(志望届を)出したということは向上心があると感じています」
中日・清水スカウト|17/7/17
 「素材が素晴らしい。筋力がついたらもっと球速が出て、藤浪(阪神)みたいになるんじゃないか」
日本ハム・熊崎スカウト|17/7/10
 「試合を作れるようになった。身長もあるし、身体能力も高い。ここ3か月の伸び率が大きい」
広島・松本スカウト|17/7/10
 「インステップの投球はDeNAの山崎康晃のよう。フィールディングもいい」
オリックス・牧田勝吾チーフアマスカウト|17/6/21
 「全身バネ。走り方が素晴らしい。ひょっとしたら大化けする。鍛えたら常時145キロは出る」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-17(金)|2017年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
この選手は確かファイターズの入団テストを受験してたと思うけれど、結果はどうなんだろう。
| ひで | 2017年10月24日(Tue) 19:21 | URL #WE/xn6Vw [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑