蔵本 治孝(岡山商科大)

ここでは、「蔵本 治孝(岡山商科大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm95kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ・チェンジ 神戸国際大附
最速149㌔直球で打者を押す大型右腕。神宮で147㌔を計測した。制球、変化球に課題を残す。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 自責 防御率 
   15秋: 6  2勝3敗   35   8  2.83
   17春: 5  3勝2敗  30.2   7  2.05(7位)
   通算: 11  5勝5敗  65.2  15  2.06(不明分除く)

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   17選: 1 先  2.1  3  2  2  3 147㌔(神宮) 和歌山大 ●
         被安打率11.57 奪三振率7.71 四死球率7.71

  プロフィール

 兵庫・神戸国際大附出身。
 蔵本 治孝(くらもと・はるたか)投手。
 中学校時代はヤングリーグ・兵庫伊丹でプレー。

 神戸国際大附時代に目立った実績は無し。
 2年秋、3年春の近畿大会をベンチ外で過ごし、3年夏の県大会を登板なく初戦敗退で終えた。
 同期のチームメイトに大園祐也(東北福祉大)ら。

 岡山商科大では1年時からリーグ戦に出場。
 翌2年秋のリーグ戦で先発投手の座を獲得し、6戦35回で2勝3敗、防御率2.83の実績を残す。
 同年オフにトミー・ジョン手術を受けた影響で3年春秋リーグ戦での登板は無し。
 4年春になって先発2番手として復帰を果たし、怪我明けで3勝2敗、防2.05の活躍を見せた。
 戦線離脱期間の体作りで力強さを増し、徳山大2回戦で初完封勝利を記録。
 10季ぶりリーグ優勝を決めた最終・福山大2回戦で149㌔(マスカット球場)を叩き出している。
 全国大会には4年春の第66回全日本大学野球選手権(2回戦進出)に出場。
 2回戦・和大戦に先発し、147㌔を計測したが、序盤から走者を出し、2.1回4失点でKOとなった。
 同学年のチームメイトに152㌔腕・近藤弘樹ら。

 185cm95kg、最速149㌔ストレートを持つ大型右腕。
 セットからインステップ気味に着地し、左手のグラブを下げ、右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速149㌔の威力ある直球と、スライダー、チェンジアップ、カーブ。
 常時130㌔台後半から140㌔台前半(神宮球場)の真っすぐで打者を押すパワーピッチャー。
 4年春に149㌔を計測した。制球、変化球に課題を残す。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-06-07(水)|2017年大学生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | コメント(0) Page Top↑