小松 章浩(おかやま山陽)

ここでは、「小松 章浩(おかやま山陽)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm79kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・フォーク
プロ注目の最速146㌔本格派右腕。3年間で体重を15kg増量、球威アップを遂げた。サードもこなす。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   17夏: 1  5.1  5  2  1  2 140㌔ 聖光学院
   通算: 1  5.1  5  2  1  2 防3.38
     被安打率8.44 奪三振率3.38 四死球率1.69

  最新記事

 ■ 「一番の投球できた」おかやま山陽・小松(毎日新聞) 17/8/10

 おかやま山陽の2番手・小松は四回途中から登板。マウンドに登った直後の四回2死三塁は中飛で切り抜けた。九回まで投げ切り、被安打5、2失点。三点倒立など変わった練習でバランス感覚を磨き、直球は入学時から20キロ以上速くなったという。エースナンバーを背負うが、フォームを崩して調子を落とし、先発から外れた。それでもこの日は140キロを計測し「一番の投球ができた」と目を赤く腫らしながら話した。

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:岡山南高 先   5  5  3  1  1
   準々決:岡山学芸 先   9  5  3  0  2…8回まで1安打無失点
   準決勝:興譲館高 先   6  3  4  3  1
   決勝戦:創志学園    5.1  6  3  2  3…延長11回雨天引分け
              25.1  19  13  6  7 防2.49(失点から計算)
           被安打率6.75 奪三振率4.62 四死球率2.13

 ■ 敵は己の気の緩み おかやま山陽・小松章浩投手(毎日新聞) 17/7/25

 岡山大会は24日、準々決勝2試合があった。第1試合は、おかやま山陽が、先発・小松章浩投手の好投に打線も応え、10-2で快勝。エースがマウンドで躍動した。「インコースにズバズバ直球を投げることができた。課題だった制球力に自信がついた」と口元を緩める。被安打5、失点2の完投勝利でチームを4強に導いた。手足がすらりと長く、ムチのようにしなる腕の振りが、140キロ台の直球に伸びを与える。速球で内角を突いたかと思えば、フォークボールも使ってたくみにタイミングを外す。八回を終わって無失点、被安打わずか1堤尚彦監督も「球のノビや変化球のキレがすごかった」と舌を巻いたところが九回、甘く入ったフォークを先頭打者に打たれると、これまでの投球がうそのように集中打を許してしまった。気持ちの整理をうまくできなかったことが課題だ。「次の試合は最後まで気を緩めず、集中して投げたい」。27日の準決勝での活躍を誓い、汗をぬぐった。

 ■ 創志学園、岡山理大付に完封勝ち 高校野球(asahi.com) 16/7/22

 先発投手が力のこもった投球を見せた。岡山大会10日目の21日、準々決勝2試合があり、創志学園の高田萌生投手が最速154キロを計測し、岡山理大付に完封勝ちした。おかやま山陽の小松章浩投手も1失点完投で興譲館を破った。22日も準々決勝2試合がある。

   16夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:岡山芳泉 先 10.1  13  9  6  6
   3回戦:岡山城東    0.2  1  2  0  0
   準々決:興譲館高 先   9  6  5  1  1
   準決勝:創志学園    5.1  4  3  1  3
              25.1  24  19  8  10 防3.55(失点から計算)
          
被安打率8.53 奪三振率6.75 四死球率2.84

  プロフィール

 岡山県倉敷市出身。
 小松 章浩(こまつ・あきひろ)投手。
 倉敷南小学校3年時から軟式野球を始め、倉敷南中では軟式野球部で三塁、投手。
 主戦の座を掴んだ中3時に県4強入りを達成した。

 おかやま山陽高では2年春に県大会Vを経験。
 背番号10の三塁手兼投手としてベンチ入りし、初先発の玉島商戦で7回1失点の実績を残す。
 続く中国大会1回戦の先発を務めるも、3回5安打4失点と振わず1対4で敗戦。
 同年夏予選に背番号5の三塁手として臨み、計17打数で6安打、打率.353の活躍を見せた。
 控え投手として全4戦に登板し、25.1回で19K、24安打8四死球10失点を記録。
 大会2度目の先発を任された準々決勝・興譲館戦で6安打5K4対1完投勝利を収めている。
 監督から投打両面の資質を評価され、2年秋の予選で4番・エースの座を獲得。
 県1回戦・岡山城東高戦に先発し、6回を2点に抑えたが、2対3サヨナラ負けで惜敗となった。
 翌3年春の予選を2回戦敗退で終え、同年夏に創部初の甲子園出場を達成。
 県準々決・岡山学芸館戦で8回ウラまで1安打0封(5安打2失点完投)の好投を演じている。
 10番・大江との2本柱でチームを支え、予選4戦25.1回で13三振7失点を記録。
 甲子園1回戦・聖光戦(0対6)に救援で登板し、やや高め傾向ながら5.1回を2失点と力投した。
 3学年上のOBに藤井皓哉投手(広島2014年4位)。

 181cm79kg、146㌔直球を持つ右オーバースロー。
 ノーワインドアップから重心を下げてインステップし、開き早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速146㌔、常時135㌔前後から130㌔台後半の伸びのある直球と、
 120㌔前後の縦横2種類のスライダー、120㌔台のフォークボール、110㌔前後の縦のカーブ。
 プロからも注目される資質の持ち主。打撃力を生かしてサードとしても出場する。
 体重を入学当初の64kgから79kgまでアップ。最速を146㌔(2年夏時点で138㌔)まで伸ばした。
 堤尚彦監督から腕の長さ、バネを評価されている。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-18(月)|2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
プロ志望届を提出したようですが、夏は他の投手の活躍もありあまり投げてないからどうなんですかね?
| 匿名 | 2017年09月16日(Sat) 20:48 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑