木幡 倫太郎(宮崎日大)

ここでは、「木幡 倫太郎(宮崎日大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm88kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク
最速147㌔の球威ある直球とスライダー、フォーク。招待試合・日大三戦で4.2回1失点救援を見せた。

  動 画

  最新記事

 ■ 波乱続きの宮崎大会を振り返る(asahi.com) 17/7/25

 プロ注目の本格右腕、都城商の森遼大朗投手はフォームの乱れに苦しんだ。自慢の制球力が鳴りをひそめ、準決勝で姿を消した。ほかにも、宮崎日大の木幡倫太郎投手、延岡学園の藤谷勇介投手ら注目投手が不調にあえいだ

  プロフィール

 宮崎県都城市出身。
 木幡 倫太郎(こはた・りんたろう)投手。
 高城中学校時代は軟式野球部に所属し、2年秋に県初V、3年夏に県総体Vを達成。
 2年秋の県決勝で1安打1対0完封の快投を見せた。

 宮崎日大進学後1年夏に出場した甲子園はベンチ外。
 1年秋から先発救援の両面で公式戦に登板し、2年秋の新チームで主戦投手の座を獲得する。
 地区代決で日章を撃破(4対2)するも、県3回戦(0対2)で同校に敗れて敗退。
 翌3年春の県大会で最速147㌔をたたき出し、プロスカウトからも注目される存在に浮上した。
 全3試合先発で県ベスト8(宮崎南に8.2回1失点、10回1対2で敗戦)に進出。
 2回戦・高鍋戦で8回4安打4四死球0封勝利、続く高千穂戦で1安打リレーを記録している。
 3年夏の予選は優勝校・聖心ウルスラに2対5(2回途中KO)で敗れ準決敗退。
 先発リリーフで全4戦9回に登板したが、調子が上がらず、被安打12の不本意な結果に終わった。
 1学年下のチームメイトに伊藤光眸ら。甲子園経験はなし。

 180cm88kg、ガッチリした体格の最速147㌔右腕。
 最速147㌔の球威ある真っすぐを武器とする本格派右腕。スライダー、フォークなどを織り交ぜる。
 冬場の下半身強化で球速アップを達成。新たな球種としてフォークを習得した。
 プロからも注目される資質の持ち主。3年春の県大会、県選手権で最速147㌔を計測している。
 5月の招試・日大三戦で4.2回1失点の結果を残した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-12(火)|2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑