田中 法彦(菰野)|ドラフト・レポート

田中 法彦(菰野)

ここでは、「田中 法彦(菰野)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



田中 法彦(菰野)

173cm81kg 右右 MAX152km スライダー・カーブ・チェンジ・スプリット
140㌔台の威力ある直球を持つ本格派。4番・エースの大黒柱。3年夏の県大会で152㌔を計測した。
2018年広島5位(契約金3000万円、年俸450万円)

  動 画

投手成績詳細

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:英心高校     1  0  3  0  0
   2回戦:高田高校 先   5  1  7  1  1 147㌔
   準々決:いなべ総 先   5  3  4  3  1 148㌔
   準決勝:津田学園 先  2.2  6  1  3  7
              13.2  10  15  7  9 防5.93(失点から計算)
           被安打率6.59 奪三振率9.88 四死球率4.61

   17秋予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:津田学園 先   7  2  9  4  0封150㌔(四日市)
   3回戦:三重高校 先   8  8  6  1  3
               15  10  15  5  3 防1.80(失点から計算)
           被安打率6.00 奪三振率9.00 四死球率3.00

   18春予        回数 被安 奪三 四死 自責 
   2回戦:鈴鹿高校 先   7  5  15  1  0封
   準決勝:いなべ総 先 12.2  13  17  8  8…13回TB210球、12回まで3失点
              19.2  18  32  9  8 防3.66
          被安打率8.24 奪三振率14.64 四死球率4.12

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:伊勢高校 先   3  1       0 150㌔
   3回戦:白山高校     3  3       4 152㌔(津球場)
               6  4       4 防6.00(失点から計算)

  最新記事

 ■ 広島ドラ5田中 根尾に負けん プレーはもちろん眉毛も!(スポニチ) 18/11/21

 広島からドラフト5位指名された菰野・田中法彦投手が20日、三重県内のホテルで入団交渉し契約金3000万円、年俸450万円で仮契約した。1メートル73と小柄ながら、最速152キロの直球が魅力の豪腕は「根尾君にも負けていない」という極太の眉毛で自分を覚えてほしいとアピールした。 高校通算30本塁打と打撃でも非凡な才能を見せるが、プロでは投手に専念する。田中が1年の時から見てきたという担当の松本有史スカウトは「球の強さ、速さがあり、けん制やフィールディングと何をやらせてもセンスがある。ウチは体が大きくて上から投げ下ろす選手が多いが(田中に関しては)身長は関係ない」と潜在能力に期待を寄せた。

 ■ 全力の一球、消えた夢 菰野・田中法彦投手(asahi.com) 18/7/22

 同点の九回表2死、菰野のエース田中法彦投手は右翼席に吸い込まれる打球をじっと見つめた。「頭の中が真っ白になった。もう何も考えられなかった」。田中投手はこの試合、1点リードの七回から登板した。「調子は悪くなかった。気持ちの準備もできていた」。持ち味はスカウトも注目する豪速球。七回1死二、三塁では、自身最速の152キロでねじ伏せ、ほえた。だが、相手はノーシードからの「下克上」を狙う白山。八回表、暴投や四死球で1死満塁。7番打者を打たせて取ろうと放った直球が、予想以上に飛ばされ、走者一掃の逆転打を許した。「自分が打たれて負けた。みんなと甲子園に行きたかった。一振りで試合が終わった。1球の重みを感じた」。進路は「プロ野球一本」と宣言。カクテル光線に照らされたスタジアムで夢の続きが待っている。

 ■ 菰野のドラフト候補 田中が自己最速タイ150キロ(中日スポーツ) 18/7/18

 菰野の田中法彦投手が伊勢戦で3イニングを1安打無失点自己最速タイの150キロをマーク。アベレージで147キロに迫る球速を記録した。「納得のいくボールがなかった。自己採点は20点。151キロを狙っていたので、次は出したい」。本人の評価は厳しいが、16球投げた直球は、最も遅くてもセットポジション時の143キロ。それ以外は全て145キロ以上だ。172センチ、80キロとドラフト候補としては小柄だが、直球の平均球速は高校生離れしている。ネット裏には4人態勢の地元・中日を筆頭に、10球団15人のスカウトが集結。中日の中田スカウトディレクターは「これだけコンスタントに球速が出る投手は全国的に見てもいないまだまだスピードも出そう」と高く評価した。

過去記事

 ■ 菰野・田中 150キロ右腕ラストチャンスに懸ける(中日スポーツ) 18/6/27

 菰野の田中法彦投手は甲子園出場の最後のチャンスに懸ける。昨秋の県大会で150キロを計測し、今春は準決勝のいなべ総合戦で延長13回148キロをマークした。打撃でも4番を任され、高校通算29本塁打を記録。地元・中日の清水スカウトは「あれだけ強い球を投げられる高校生はいない馬力は大学、社会人を含めても相当なレベル」と高く評価している。今春は投球フォームを崩し、球が抜け気味だった。左肩の開きをキャッチボールなどで修正し、本来の球を取り戻しつつある。

 ■ 菰野・田中 投打に実力示す(中日スポーツ) 18/4/23

 今秋ドラフト候補に挙がる菰野の150キロ右腕・田中は210球の熱投もタイブレークで力尽きた。2回に直球を狙われて3失点したものの、ほとんどの直球は140キロを超え13回にも148キロをマーク4番打者としても先制の2点適時打を放つなど、今秋ドラフト候補の実力を十分に示した。この日は3球団が視察。ロッテ・小林スカウトは「MAXよりアベレージが速い。魅力がある」と評価した。

 ■ 田中(菰野)が自己最速150キロ(伊勢新聞) 17/9/20

 夏の覇者、津田学園を7―0の七回コールドで退けた2回戦で、菰野の背番号「1」田中が投打で躍動。被安打2、9奪三振の好投で津田学園打線を完封4番打者として4打数2安打3打点の活躍で、自ら7点目のホームを踏んだ。背番号「3」を付けていた7月の県大会は、津田学園に七回コールド負けした準決勝で先発登板。7失点して三回で途中降板していただけに「相手が津田だからコールドで勝ちたかった」。四回には自己最速の150キロをマークしたが「まだ限界じゃない」。「引退するまでに155キロは出したい。次の三重高戦も、しっかり勝って、次につなげる」と表情を引き締めた。

 ■ 菰野 昨夏代表いなべ総合破り4強 田中法踏ん張った(中日スポーツ) 17/7/24

 菰野が今夏最初の難関を突破した。先発の2年生右腕・田中法彦が5イニング1失点で流れをつくると、エース左腕・村上が以降を無失点で守り抜くという今春から続く必勝パターン。田中法は1回にいきなり先頭打者に左越えの二塁打を浴び、暴投で失点を許してしまう。なおも1死二塁で打席にはいなべ総合のエースで4番と大黒柱の渡辺啓。この窮地を内角直球で空振り三振を奪ってしのぐと一気に波に乗った。球威のある速球で押しまくり電光表示板に140キロ半ばの数字を連発。3回に自己最速を塗り替える148キロをたたき出し球場をどよめかせた。来年のドラフト候補に名が挙がる右腕は「相手がいなべなので力が入った。球速は出そうと思って出したものじゃないけど素直にうれしい」と笑顔だった。

      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏予: 5 .500 14  7 1 0 0 7 0 5 2  .632  .571

  プロフィール

 三重県川越町生まれ。
 田中 法彦(たなか・のりひこ)投手。
 川越北小1年時から軟式野球を始め、川越中では三重川越ヤングに所属。

 菰野高では1年秋から背番号3で公式戦に出場。 
 ベンチ入りと同時に一塁手兼投手の座を獲得し、投打の奮闘で県準Vでの東海進出を果たす。
 先発陣の一角を担いながら3番打者として県大会打率.476の好成績をマーク。
 翌2年夏の予選で打率.500点7、13.2回9失点を記録し、3年ぶりとなる4強進出を達成した。
 2回戦・高田戦(最速147㌔計測)で5回1安打7奪三振1失点の力投を披露。
 いなべ総合が相手の準々決勝(5回3安打4K1失点)で自己最速148㌔をたたき出している。
 同秋(県3回戦)から4番・エースを担い、地区予選2回戦で最速150㌔を計測。
 翌3年春の予選5戦中2戦に先発し、鈴鹿戦で7回15K、いな総戦で12.2回17Kを記録した。
 3年夏の三重大会はV校・白山高に3対4逆転負け(3回4失点)で3回戦敗退。
 1-0の7回から救援で登板し、152㌔を投げたが、8回に3点二塁打、9回にソロ弾を浴びて敗れた。
 チームメイトとして1学年上に岡林飛翔、1学年下に岡林勇希ら。

 173cm81kg、ガッチリした体格の152㌔右腕。
 セットポジションから軽くタメて重心を下げ、インステップし、肘を柔らかく使った力強い腕の振りから
 投げ込む最速152㌔の威力のある真っすぐと、スライダー、カーブ、チェンジアップ。
 直球を武器とする小柄な本格派。3年夏の県3回戦・白山戦で152㌔(津球場)を計測した。
 通算29本塁打の打撃力をいかして1年秋から3番・一塁手兼投手としてプレー。
 2年秋から4番・エースの大黒柱を担う。プロスカウトから注目される資質の持ち主。遠投110m。
 3年春の県大会19.2回で32K(率14.64)を奪った。

  スカウトコメント

広島・松本有史スカウト|18/10/25
 「最速152キロのストレートを武器に三振を取る投手。将来のエース候補」
中日・中田スカウトディレクター|18/7/17
 「これだけコンスタントに球速が出る投手は全国的に見てもいない。まだまだスピードも出そう」
中日・清水スカウト|18/6/27
 「あれだけ強い球を投げられる高校生はいない。馬力は大学、社会人を含めても相当なレベル」
ロッテ・小林スカウト|18/4/23
 「MAXよりアベレージが速い。魅力がある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-21(水)|2018年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
高卒低身長の成功事例が少ない
厳しいかもしれないが背を伸ばす努力しないとプロでは無理
| 山田太郎 | 2018年10月12日(Fri) 13:37 | URL #- [ 編集]
この程度か、といった投手。球は速いが角度がないし、ほんとうの意味での球威がない。
無為して採りに行く選手ではなく、下位で余っていれば抑えておけば良いだろう。
| 熊猫 | 2018年06月28日(Thu) 07:52 | URL #- [ 編集]
とうとう150キロでましたね。素材はいいので三重県の高校球界を引っ張ってほしい
| 海星OB | 2017年09月20日(Wed) 12:25 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年ドラフト指名選手 | コメント(3) Page Top↑