松本 健吾(亜大)|ドラフト・レポート

松本 健吾(亜大)

ここでは、「松本 健吾(亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



松本 健吾(亜大)

179cm76kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・フォーク・スプリット 東海大菅生
最速147㌔直球とフォーク、スプリット。高3夏予選で日大三、早実を撃破。全国4強まで勝ち進んだ。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:         登板無し
   18秋: 1  0勝0敗   2  2  1  3  0  0.00
   19春: 4  0勝0敗  7.1  7  3  2  3  3.68
   通算: 5  0勝0敗  9.1  9  4  5  3  2.89
          被安打率8.68 奪三振率3.86 四死球率4.82

 ■ 甲子園成績

   17夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   高岡商業 先   9  7  7  2  1 142㌔ ○
   三本松高 先   8  8  5  0  1 140㌔ ○
   花咲徳栄 先   6  6  6  5  4 140㌔
           23  21  18  7  6 防2.35
       被安打率8.22 奪三振率7.04 四死球率2.74

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大 先   2  2  1  3  0 139㌔

 ■ 高校時代成績

   16秋予        回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:大成高校 先   6  0  10  5  0封…6回参考ノーヒットノーラン
   2回戦:高島高校 先   5  8  4  0  1
               11  8  14  5  1 防0.82
          被安打率6.55 奪三振率11.45 四死球率4.09

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   4回戦:昭和一高 先   6  5  4  0  1
   準々決:日大三高 先   8  3  10  1  0 142㌔
   準決勝:日大二高    3.1  3  3  0  0 142㌔
   決勝戦:早稲田実 先   9  7  5  1  2 140㌔
              26.1  18  22  2  3 防1.03(失点から算出)
           被安打率6.15 奪三振率7.52 四死球率0.68

  最新記事

 ■ 亜大の松本コンビ 健吾&晴が春季キャンプで急成長(日刊スポーツ) 19/3/4

 松本健はオープン戦3試合に先発し、14回をわずか1と順調な調整をアピールした。昨秋はリーグ戦デビューを果たすも、大学野球のレベルの高さに圧倒された。「甲子園で空振り三振を取っていた球は変化球僕のストレートはスピードあっても球の力が弱い。これじゃあ通用しないと痛感しました」。この冬は、得意のスライダーとスプリットを封印。ストレートとカーブだけを投げ込んだ。キャンプに入りフォームを調整。オープン戦では打者の反応を見て、次のボールを選択した。フォームの安定で指のかかりも良くなり、球の力が増した。最速も自己最速を1キロ更新し、146キロを計測した。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大    0.1  2  0  1  1 145㌔
   中央大     5  1  3  1  0 147㌔
       先   2  3  0  0  2 139㌔
   東洋大     0  1  0  0  0
          7.1  7  3  2  3 防3.68
       被安打率8.59 奪三振率3.68 四死球率2.45

 ■ 「清宮のおかげで注目」東海大菅生・松本が亜大入寮(日刊スポーツ) 18/1/20

 東海大菅生(東京)松本健吾投手が20日、亜大の「日の出寮」に入寮した。昨夏の早実との西東京大会決勝では日本ハムに入団した清宮幸太郎内野手を単打1本に封じ、早実に6-2で快勝。清宮から「絶対、勝ってこいよ」と激励され、甲子園では4強に進出した。「清宮のおかげで注目してもらえた。大学トップの環境に身を置き、成長したいです。4年間で力をつけて、プロに行って、次は三振を取りたいです」と意気込んだ。

 ■ 菅生・松本 まさか5四死球(西日本スポーツ) 17/8/23

 東海大菅生のエース松本はまさかの5四死球。6イニングを4失点で降板した。スプリットは低めに決まったが、直球が高めに浮いた。104球を投げて、後輩の戸田にマウンドを託したエースは「自分がもう少し粘れれば結果は変わった。『一番』をつけたからには日本一で終わりたかったが、やり切れたメンタルが弱くてダメダメだったけど、若林先生のおかげです」と涙声だった。

過去記事

 ■ 東海大菅生、9回に一挙7点の猛攻で大勝(スポーツ報知) 17/8/14

 東海大菅生が終盤の猛攻で高岡商を突き放し、1996年夏以来、21年ぶりの甲子園勝利を挙げた。要所で低めへの変化球がさえ、2回の1失点のみ。7安打7奪三振で完投した。「松本は前半、珍しく苦労していたが、大崩れせずに頑張ってくれた」と若林弘泰監督。松本も「最初は緊張して球が抜けたりしたが、尻上がりに調子が上がっていった。西東京大会で強打者を抑えた経験を出せた」と胸を張った。
 常々、若林監督から「ボールは一流心は三流」と言われ続けた。同監督が「けちょんけちょんに」と振り返ったゲキに、涙を流した日もあったが、負けなかった。(日刊スポーツ)

 ■ 東海大菅生、雪辱の早実越え 背番号「11」松本2失点完投(デイリースポーツ) 17/7/31

 東海大菅生が清宮幸太郎内野手擁する早実を破り、17年ぶり3回目の夏の甲子園切符をつかんだ。2年前の決勝戦で東海大菅生は七回まで5-0と早実をリードしながら八回に8失点し、悲願を逃した。当時を「雰囲気にのまれた、忘れられない試合」と振り返る若林監督は優勝決定後のインタビューで「一瞬、よみがえったんですが」と“悪夢の八回”への胸の内を明かした。4-2での八回、早実は清宮が1死から右前打で出たが、東海大菅生は松本が4番・野村大樹捕手(2年)を遊ゴロ併殺打に打ち取り勝利につなげた。清宮には八回に右前打を許したが、初球は「スプリットフィンガーでタイミングをうまく外せて予想通りの(右翼ポール右への)ファウルを打たせた」と納得の投球内容だった。
 清宮を単打1本に抑えた松本は「記念の108号本塁打を打たれるのは嫌だった単打ならOKと思って投げ、内角を厳しく攻められた」と充実感いっぱいの表情だった。松本は6月にあった練習試合で自滅に近い投球をして、エースナンバーを剥奪されていた。元中日投手だった若林監督は「あれがはまったかな。この大会で精神的に成長した」と思惑通りに発奮した背番号11のエースを頼もしそうに見やった。(SANSPO)

 ■ 東海大菅生が4強!背番11の“エース”松本が日大三封じ(SANSPO) 17/7/26

 東海大菅生は、西東京準々決勝で第2シードの日大三を5-0で破り、準決勝に進出した。松本健吾投手が8回を3安打無失点と快投。松本が最速142キロの速球に、フォークボール、スプリット、2種類のスライダーを駆使して8回無失点の快投を演じた。5人の実力派投手をそろえる“投手王国”の中でも潜在能力はピカイチ左下腿内側痛で今年1月から3月まで投球ができなかった影響で今大会は昨年大会と同じ「11」を背負うが、若林弘泰監督は組み合わせが決まったときから、優勝候補の日大三と当たるであろう準々決勝の先発は松本と決めていたという。強力打線をなで切ったフォークは東京青山リトルシニア時代、中日で活躍した宮下昌己氏から指導されたもの。恩師の出身校を封じる結果となったが、松本は「投手としての基礎を教えていただいた」と、改めて感謝の気持ちを表した。

 ■ 東海大菅生、投の5人衆が出陣 関東球児の夏始まる(東京中日スポーツ) 17/7/3

 投手リーダーは、自己最速の145キロをマークして復活した松本健吾投手。左下腿内側痛で今年初めから3月までは投球ができなかったが、春季大会で復帰。6月に入ってからの練習試合で神村学園、花咲徳栄を相手に好投二松学舎大付戦でも7イニング1失点と自信もよみがえった。

  プロフィール

 東京都中野区出身。
 松本 健吾(まつもと・けんご)投手。
 小学校1年の時から軟式野球を始め、緑野中では東京青山シニアに所属。
 中学3年夏の日本選手権で3位入賞を達成した。

 東海大菅生では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 2年時秋の予選(都3回戦)で主戦の座を掴み、計11回で14三振、防御率0.82の実績を残す。
 都1回戦・大成高校戦で6回参考10奪三振5四死球ノーヒットノーランを記録。
 翌1月から3月までを怪我で投げられずに終え、3年夏に11番で17年ぶりの予選Vを達成した。
 日大三高と対戦した準々で8回3安打(櫻井4の0、金成4の1)10K0封と好投。
 打ち合い模様となった準決・日大二戦(142㌔計測)で3.1回0封の火消し投球を演じている。
 第1シードの早実と決勝戦でぶつかり、清宮を1単打に封じて完投勝ちを記録。
 この活躍で甲子園から再び背番号1を託され、強力打線を擁して4強初進出を成し遂げた。
 4戦中3戦の先発を務め、計23回で6失点、2勝0敗、防2.35の好成績をマーク。
 初戦・高岡商戦で7安打11-1完投勝ちを収め、準々・三本松戦で8回1失点の粘投を見せた。
 同学年に小玉佳吾、1学年下に戸田懐生、片山昂星ら。

 亜大では1年秋からリーグ戦に出場。
 同年オフのトレーニングで真っすぐに磨きをかけ、2年春のリーグ戦で自己最速147㌔を計測した。
 通算5試合、0勝0敗、9.1回、防御率2.89。

 179cm76kg、均整の取れた体格の147㌔右腕。
 セットから溜めて上体を傾けながら重心を下げ、着地早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速147㌔、常時130㌔台後半から140㌔台中盤(救援登板時)の真っ直ぐと、
 120㌔台から130㌔強の2種類のスライダー、120㌔台から130㌔前後のフォーク&スプリット。
 直球に小さいスライダーを交え、落ちる球で空振りを誘う。他に100㌔台のカーブ。
 高校2年時オフに左下腿内側痛を発症。ケガ明けの高3春に自己最速更新の145㌔を投げた。
 1年秋からリーグ戦に出場。遠投110m、50m6秒2。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-05-28(火)|2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑