三浦 瑞樹(盛岡大附)

ここでは、「三浦 瑞樹(盛岡大附)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm65kg 左両 MAX141km スライダー・カーブ・チェンジ
最速141㌔直球とスライダー、チェンジアップ。3年春選抜2回戦・智弁戦で1失点完投勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16夏: 3   16.1  21  14  9  9
            6  5  6  4  2 135㌔ 九国大附 ○
           5.2  9  3  1  1 134㌔ 創志学園 ○
           4.2  7  5  4  6 134㌔ 鳴門高校 ●
   17春: 3   20.1  20  17  14  8
        先  3.1  6  5  5  6 139㌔ 高岡商業
        先   9  4  8  4  1 140㌔ 智弁学園 ○
        先   8  10  4  5  1 139㌔ 履正社高 ●
   17夏: 3    16  16  16  5  8
        先   6  6  5  2  1 140㌔ 松商学園 ○
            2  1  5  0  1 138㌔ 済美高校
        先   8  9  6  3  6 139㌔ 花咲徳栄 ●
   通算: 9   52.2  57  47  28  25 防4.27
       被安打率9.74 奪三振率8.03 四死球率4.78

  最新記事

 ■ 盛岡大付のエース左腕・三浦瑞樹が東北福祉大へ進学(日刊スポーツ) 17/9/16

 盛岡大付のエース左腕三浦瑞樹が、東北福祉大に合格していたことが15日、分かった。県勢初の3季連続甲子園出場の原動力となり、今夏はともに初となる大会3勝と準々決勝進出に導いた。同校OBで、富士大の4番を務める兄智聡内野手(4年)とは同じ道ではなく、関口清治監督の母校を選び、4年後のプロ入りを視野に入れる最速141キロの直球をテンポよく投げ、カーブ、スライダーに決め球のチェンジアップがさえ渡る。智弁学園との今春のセンバツ2回戦では、9回4安打8奪三振1失点で完投した。膝元へシュート気味に沈む120キロ台前半の宝刀チェンジを多投し、昨春王者の大会2連覇を阻止。走者を出しながらも、要所を締める投球は安定感抜群だ。

 ■ 盛岡大付・三浦瑞&平松「ありがとう」中学から一緒の“二枚看板”(スポーツ報知) 17/8/21

 盛岡大付は、準々決勝で花咲徳栄に1―10で敗れ、チーム初の4強はならなかった。盛岡大付は三浦瑞樹、平松竜也の両投手が相手の強打を抑えきれず。三浦瑞と平松は、中学時代に横浜瀬谷ボーイズから一緒にプレーしてきた仲盛岡大付の二枚看板として挑んだ甲子園で8強まで進んだが、最後は力を出し切れずに終わった。先発を担った左腕・三浦瑞は、初回こそ最速138キロの直球などで三者凡退に抑えたが、2回に相手の4番・野村佑希一塁手(2年)に本塁打を打たれるなど、8回9安打7失点。「相手が一枚上手だった」と肩を落とした。卒業後は三浦瑞が大学進学を希望。平松はプロ志望届を提出する意向を示した。

 ■ 内角王子、96球攻めきって死球ゼロ 盛岡大付・三浦瑞(asahi.com) 17/8/16

 捕手が構えたミットより、さらに内側へ。盛岡大付の三浦瑞は果敢に攻めた。内角攻めは投手にとって恐怖がつきまとう。甘ければ強打され、厳しく突けば死球になる。左腕の直球はシュート回転しやすく、左打者への死球が多かった。松商学園の先発には左打者が5人。それでも懐に投げ込めたのは、過去の経験があったからだ。今春の選抜大会2回戦、前回優勝の智弁学園を相手に1失点完投。強力打線を手玉にとっていくなかで、感じていた。「甲子園にくる強豪の打者は、厳しい内角球も(体に当たらず)よけてくれる」。思い切り腕が振れる。中盤、制球が甘くなっても球威で押し切れた。六回まで毎回走者を背負ったが、失点はソロ本塁打の1点だけ。要所は内角を攻めて、内野飛球などでねじ伏せた
 盛岡大付属高校の先発、三浦瑞樹投手は「絶対に勝つという気持ちでマウンドに立った。ピンチもあったが、周りが打たせろと声をかけてくれたので抑えることができた。序盤はインコースに投球が決まることが多くてよかったが、中盤は抜ける球が多かったので次の試合までに修正したい」と話していました。(NHK NEWS WEB)

過去記事

 ■ 盛岡大付が県初3季連続甲子園!植田連発60号(日刊スポーツ) 17/7/24

 盛岡大付が2年連続10度目の優勝を飾り、岩手初の3季連続甲子園出場を決めた。2回に7番須藤颯内野手の中前打で先制すると、4回には5番松田夏生捕手の左翼ポール直撃の本塁打で追加点を奪った。6、7回には主砲の3番植田拓外野手が2打席連続アーチをかけ、投げては右腕平松竜也、左腕三浦瑞樹の3年生が無失点リレーを演じた。

   17夏予       回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:大野高     1  0  1  0  0 
   準々決:花巻南 先   9  8  8  2  3
   決勝戦:久慈高     3  1  1  1  0
              13  9  10  3  3 防2.08(失点から計算)
          被安打率6.23 奪三振率6.92 四死球率2.08

 ■ 盛岡大付 甲子園初8強!背番10三浦瑞は昨年王者相手に初完投(スポニチ) 17/3/26

 2回戦では盛岡大付が昨春王者の智弁学園に5―1で快勝し、春夏通じて初のベスト8入りを果たした。殊勲は背番号10をつけた三浦瑞樹投手。先発し、4安打1失点で完投勝利。高校初めての完投を、甲子園で強豪校相手に達成した。直球は自己最速タイの140キロを計測し、チェンジアップとの緩急も生きた7回までわずか1安打に抑え、指揮官も「ベストピッチ」と絶賛した。
 盛岡大付の左腕・三浦瑞樹の変化球に翻弄され、慣れた頃には最終回。1死満塁から遊ゴロ併殺崩れで1点を返すのがやっとだった。(スポーツ報知)

  プロフィール

 神奈川県大和市生まれ。
 三浦 瑞樹(みうら・みずき)投手。
 柳橋小学校2年から軟式野球を始め、引地台中では瀬谷ボーイズで投手。

 盛岡大附では1年秋からベンチ入り。
 背番号11の控え投手として東北大会に出場し、計9イニングで3失点、防2.00の好結果を残す。
 翌2年夏にチーム最多22.2回(20K3失点 )をこなす奮闘で2年ぶり県Vを達成。
 先発救援で6試合中5試合(先発3)に登板し、決勝戦(1対0)で6回0封の好救援を見せた。
 続く甲子園全3戦に救援で起用され、16.1回で14K、2勝1敗、防4.96をマーク。
 接戦を制した1回戦・九国附戦(8対6)で6回5安打6三振4四球2失点の粘投を演じている。
 以降3シーズン続けて甲子園に出場し、背番号10で3年春夏8強進出に貢献。
 春選抜でエース格、夏選手権で2本柱を担い、先発2勝(甲子園通算4勝)の実績を残した。
 前年V校・智弁が相手の春2回戦(140㌔計測)で4安打5対1初完投を記録。
 夏2回戦・松商戦で6回6安打5K1失点の粘投、同3回戦・済美戦で2回5Kの力投を披露した。
 同学年に平松竜也比嘉賢伸植田拓ら。

 175cm65kg、プロ注目の最速141㌔左腕。
 ノーワインドアップから上体を傾けて重心を下げ、着地早めに左肘を使った腕の振りから繰り出す
 最速141㌔、常時130㌔台前半から130㌔台後半ほどの伸びのある真っすぐと、
 110㌔台のスライダー、110㌔前後から110㌔台で沈む外角チェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 スカウトから大学、社会人経由でのプロ入りを期待される投球センスの持ち主。
 真っ直ぐにキレの良い変化球を交えて打者を翻弄する。懐を突く強気の投球も持ち味のひとつ。
 先発・救援の両面をこなす経験豊富な好投手。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-20(水)|2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
この子も瀬谷ボーイズか(笑)
| 匿名 | 2017年08月03日(Thu) 10:08 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑