市川 悠太(明徳義塾)

市川 悠太(明徳義塾)

ここでは、「市川 悠太(明徳義塾)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm75kg 右右 MAX146km スライダー・チェンジ・スプリット・ツーシーム
伸びのある直球が武器。制球力向上を目指してサイドに転向した。明徳史上No.1投手と評される。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17夏: 2    14  14  6  5  3 
            7  5  2  2  0 141㌔ 日大山形 ○
        先   7  9  4  3  3 143㌔ 前橋育英 ●
   18春: 2    17  11  13  7  8
        先   9  6  11  5  5 146㌔ 中央学院 ○ 
        先   8  5  2  2  3 145㌔ 航空石川 ●
   通算: 4    31  25  19  12  11 防3.19
       被安打率7.26 奪三振率5.52 四死球率3.48

  最新記事

 ■ 初戦で逆転サヨナラ3ランの明徳、逆転サヨナラ3ランで散る(スポーツ報知) 18/3/31

 逆転サヨナラ3ランで初戦(2回戦)を勝った明徳義塾は、完封目前のエース・市川悠太が9回に「逆転サヨナラ3ラン返し」を食らった。試合後のお立ち台。馬淵史郎監督は、自虐的に敗戦を振り返った。「サヨナラ3ランで勝って、サヨナラ3ランで負けて。何て劇的な。自分の人生みたいな感じです」。普段通り丁寧に応じていたが「今年は自信があったんだけどね…。勝ってしゃべるんはいいけど、負けてしゃべるんはな…」。最後に本音を漏らし、囲み取材の輪を解いた。

   17秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   高知2回戦:高知高専 先   6  1  9  0  0封
     準々決:中村高校 先   5  4       0封143㌔
     準決勝:高知商業 先  10  11       6
     決勝戦:高知高校 先   9  6  13  3  1 145㌔
   四国準々決:生光学園 先   5  1  8  3  0封
     準決勝:松山聖陵 先   9  5  6  3  1 144㌔
     決勝戦:英明高校 先   9  5  8  1  1
   神宮2回戦:中央学院 先   9  7  6  2  3 141㌔
     準決勝:静岡高校 先   9  5  8  5  3 142㌔…爪を割るアクシデント
     決勝戦:創成館高 先   9  4  4  3  0封141㌔
                 80  49  76  26  15 防1.35
             被安打率5.51 奪三振率8.55 四死球率2.93

 ■ 明徳義塾・市川 毎回の11K完投(西日本スポーツ) 18/3/26

 明徳義塾のプロ注目右腕・市川は毎回の11三振を奪い、5失点完投146キロをマークし自己最速を塗り替えたが、8回に崩れたことに不満げだった。「直前の攻撃で併殺になり、変な雰囲気、悪い流れで…。絶対にこの回を抑えないと、と力が入った」。1死から3連続四死球が絡んで4失点、逆転を許した。一方、ネット裏から見守った中日・中田アマスカウトディレクターは「ひと言で言えば一級品スライダーが独特の変化をして、プロでも十分に通用する」と絶賛した。

 ■ 馬淵監督「打てなくても勝てる」市川“仮想・中央学院”で8K完封(スポニチ) 18/3/18

 明徳義塾・市川悠太投手が「仮想・中央学院」で完璧リハだ。練習試合・滝川二戦に先発し、被安打2の8奪三振で完封した。この日は各打者の内角を攻めるテーマを自らに課した。既に対外試合は4度目の完投。視察した中日の米村明チーフアマスカウトは「ピッチングを知り尽くしているし、高校生の打者なら手に負えないだろう。(今秋ドラフトで)3位までに消えるのでは」と評価した。

過去記事

 ■ 明徳義塾・市川2失点完投10K 阪神スカウト「球に力があった」(デイリースポーツ) 18/3/11

 明徳義塾が10日、聖カタリナ学園とダブルヘッダーを行い、145キロ右腕・市川悠太投手が1試合目に先発し、5安打2失点、10奪三振で完投した。いきなり初回に4連打を浴びて2点を失ったが、「力みが取れてきた」という二回以降は本来の姿を取り戻した。この日の最速は142キロで、「二回からはキレが良かったね」と馬淵史郎監督。視察に訪れた阪神・山本スカウトは「順調。球に力があった」と評価した。冬場に体重が5キロアップし、変化球の球種も増えた。

 ■ 明徳義塾の市川、4安打完封でV投手 明治神宮大会(デイリースポーツ) 17/11/14

 明徳義塾のプロ注目右腕・市川悠太投手が、今大会3試合連続完投となる4安打完封で、神宮大会2度目の優勝へ導いた。今秋は高知大会4試合、四国大会3試合、明治神宮大会3試合の計10試合を一人で投げ抜いた。「全部一人で投げるつもりだったので。疲れとかは全然ない。ストレッチとかケアもしているので」と表情も変えずに言い切った。アクシデントも気迫で乗り越えた。高知大会中には右内転筋を痛めたが、テーピングを巻いて登板。神宮大会では準決勝・静岡戦の二回に右手中指の爪を割った。それでも「そんなのを気にしたら負けるので気にしない。今日勝ったら終わりなので気合で投げた」と話し、平然とマウンドに立ち続けた。高知市立潮江中出身。「(明徳義塾は)県外の選手ばかりと言われてたし、甲子園に近いので」と競争激しい名門へ進学し、エースの座をつかみ取った。184センチの身長はまだ伸びているという。

 ■ 明徳連覇 市川好投、馬淵監督「ウチの投手は全国レベル」(デイリースポーツ) 17/11/6

 明徳義塾が土壇場九回の逆転で英明を下し、2年連続9回目の優勝を飾った。王者が土壇場で底力を見せた。0-1で迎えた九回。1死から5番・安田陸捕手(1年)の二塁打でチャンスを作ると、続く6番・谷合悠斗外野手(2年)の内野安打が敵失を誘い、安田が一気に生還して同点に。さらに送りバントで2死二塁とし、8番のエース・市川が打席に入った。初球の高めスライダーを振り抜くと、打球は左翼手の頭を越えた。チームを連覇に導く勝ち越し二塁打。投げては5安打1失点、8奪三振の好投。この秋は高知大会初戦から全7試合、53イニングを1人で投げ抜いた。プロからも熱視線を浴びる最速145キロ右腕が、前評判通りに大会の主役を演じ切った。

 ■ 明徳 エース市川1失点完投でセンバツ当確!(デイリースポーツ) 17/11/5

 準決勝2試合が行われ、明徳義塾と英明が来春センバツ出場に当確ランプをともした。大一番で5安打1失点。明徳義塾の145キロ右腕・市川は、冷静に勝利のマウンドを振り返った。「真っすぐのコントロールが良かった。相手も注目の投手なので、負けたくなかった」。松山聖陵の189センチの長身エース・土居とのプロ注目右腕対決。視察に訪れたプロ8球団のスカウトの前で、今夏の甲子園マウンドを経験した市川は貫禄の投球を披露した。スリークオーターから繰り出す伸びのある直球と、キレ味抜群のスライダー。九回に1点を失い完封こそ逃したものの、馬淵史郎監督も「打たれる気がせんかった」と称える安定感だった。高知大会初戦からここまで6試合、44イニングを1人で投げ抜いてきた。疲労回復のルーティンは「100%のオレンジジュース」だ。毎日、練習や試合後には欠かさず飲んでおり「多いときは1リットルくらい飲みます」と笑顔。10月31日の準々決勝・生光学園戦から中3日、この日も九回に144キロをマークするなど、最後まで球威は衰えなかった。

 ■ 明徳義塾が秋季高校野球高知大会で2年ぶりV(デイリースポーツ) 17/10/18

 明徳義塾が高知を下し、2年ぶり19回目の優勝を飾った。初回に5番・渡部颯太外野手(2年)が先制3ランを放つと、二、三回にも1点ずつを加点。投げてはエース右腕・市川悠太投手(2年)が6安打1失点の好投で、自身最速の145キロもマークした。「力を抜いて投げることを考えたら、いい球が投げられた」と市川。来春センバツ出場をかけて戦う四国大会に向け、馬淵史郎監督は「出るからには甲子園出場を目指します」と話した。

 ■ 市川、失投悔やむ=高校野球・明徳義塾(時事ドットコム) 17/8/16

 明徳義塾の2年生右腕、市川は前橋育英打線の胸元を積極的に攻めようとしたが、要所で甘く入って失点した。「指に掛からない球がいってしまった。真っすぐのコントロールが悪かった」と失投を悔やんだ。自信があった直球と制球力を大舞台で発揮できず「もっと真っすぐの制球を磨かないと駄目。収穫は、全国レベルではまだまだと分かったこと」と力不足をかみしめた。馬淵監督の甲子園通算50勝は持ち越しとなり「自分がエースとしてチームを引っ張り、次こそ達成してもらう」と誓った。

 ■ 明徳義塾・市川、好救援で勝利に貢献「一番自信のある球で攻めた」(SANSPO) 17/8/9

 第99回全国高校野球選手権大会第2日第4試合(日大山形3-6明徳義塾=延長十二回)明徳義塾の2番手市川が、好救援でチームの勝利に貢献した。3-3の六回からマウンドへ上がると、十二回までスコアボードにゼロを並べた。力のある直球が武器の2年生は「一番自信のある球で攻めた。相手打者の内角に投げ込めた」とうなずいた。5月に馬淵監督から腕の角度を下げるように提案され、今はスリークオーター気味でしっくりきている。「球速が上がったし、切れも上がった」と自信満々。女房役の筒井も「空振りを取れるようになった」と話した。
 ピンチで燃えるタイプと自任し、「全く緊張しない」という強心臓の持ち主。延長十回2死二、三塁では、二塁手の近本が中堅へ抜けそうなゴロをさばいてサヨナラのピンチを救うなど、小気味良い投球で味方の好守も引き出した。(時事ドットコム)

   17夏予       回数 被安 奪三 四死 失点 
   2回戦:高知商     2  0  0  2  0
   準々決:高知南 先   7  2  9  1  0封
   決勝戦:梼原高    2.2  2  5  0  0
             11.2  4  14  3  0 防0.00
         被安打率3.09 奪三振率10.80 四死球率2.31

 ■ 明徳義塾、8年連続の夏へ 選抜敗北を糧に2番手が成長(asahi.com) 17/7/26

 明徳義塾は中盤以降、初出場を目指す梼原の激しい追い上げにあった。七回、3点差に迫られ、なお1死満塁。馬淵監督はエース北本から背番号11の2年生市川への継投を決断した。「ボールに切れのある市川にまかせた」という監督の思いに、右腕は「直球で押していこう」と強気の投球で応える。三振と遊ゴロで後続を断つと、無失点で試合を締めた。今春の選抜では早稲田実に九回に追いつかれて逆転負け信頼できる投手が北本しかおらず、続投せざるをえなかった結果だ。「投げさせてもらえなくて悔しかった」という最速141キロの市川が制球力を上げ、北本との2本柱に成長した。

  プロフィール

 高知県高知市生まれ。
 市川 悠太(いちかわ・ゆうた)投手。
 潮江南小2年時に軟式野球を始め、潮江中時代は軟式野球部に所属。
 中3秋に県選抜で西日本KWB準Vを経験した。

 明徳義塾では1年時からベンチ入り。
 最速139㌔の本格派として早くから注目され、1年秋の大会で17回10K、防1.06の実績を残す。
 高知2回戦・土佐塾戦、同準々・高知工戦で、それぞれ7回完封勝利を記録。
 翌2年春の選抜に背番号12として出場したが、制球不安で登板がなく1回戦で敗退となった。
 5月の四国大会を防御率5点台で終え、スリークォーターからサイド気味に転向。
 全国デビュー戦となった同年夏の甲子園1回戦・日大山形戦で7回0封の好投を演じている。
 3-3同点の6回から2番手として登板し、延長12回を6-3で制して白星をマーク。
 続く前育戦(143㌔)の先発を務め、7回3失点と粘投したが、援護に恵まれず1対3で敗れた。
 主戦の座を掴んだ2年秋に全10戦完投(4完封)の奮闘で神宮大会Vを達成。
 県決勝・高知戦(145㌔)で13K完投勝ち、神宮決勝・創成館戦で4-0完封を記録している。
 翌3年春の選抜全2試合を一人で投げ、自己最速1キロ更新の146㌔を計測。
 7対5サヨナラで初戦を制したが、続く3回戦でサヨナラ弾を浴び、完封目前一転1対3で敗退した。
 1学年上に西浦颯大、同学年に谷合悠斗ら。

 184cm75kg、最速146㌔直球を持つサイドハンド。
 ノーワインドアップから溜めて重心を下げ、インステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから繰り出す
 最速146㌔、常時130㌔台中盤から140㌔台前半(先発)の伸びのある直球と、
 120㌔前後で小さく曲がるスライダー、120㌔台のチェンジアップ。その他スプリット、ツーシーム。
 直球を武器とする本格派。体をやや捻ってサイドよりやや上から投げ込んでいく。
 制球向上を目指して2年5月からサイドに挑戦。2年夏の予選で四死球率2.31の結果を残した。
 ピンチに動じない強心臓も魅力の一つ。遠投120m。

  スカウトコメント

ソフトバンク・永井智浩編成育成部長兼スカウト室長|18/3/30
 「去年から成長している(とサイド気味の腕の振りから繰り出す速球に着目)」
オリックス・古屋編成部副部長|18/3/30
 「数少ない横手投げでタフ」
巨人・岡崎スカウト部長|18/3/30
 「その他の投手では明徳義塾・市川悠太、創成館・川原陸、松山聖陵・土居豪人、三重・定本拓真が印象に残った」
楽天・仁村スカウト副部長|18/3/29
 「市川が素材としたらすごい。あの真っすぐは(高校生では)打てない。(今は)スライダーだけで抑えられるけど、プロになったら落ちるボールも必要」
中日・中田アマスカウトディレクター|18/3/26
 「ひと言で言えば一級品。スライダーが独特の変化をして、プロでも十分に通用する」
中日・米村明チーフアマスカウト|18/3/18
 「ピッチングを知り尽くしているし、高校生の打者なら手に負えないだろう。(今秋ドラフトで)3位までに消えるのでは」
阪神・山本スカウト|18/3/11
 「順調。球に力があった」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-04-06(金)|2018年高校生投手 | コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
和製シャーザー
| 栃木 | 2018年04月08日(Sun) 18:52 | URL #- [ 編集]
斎藤雅樹ですよね、完成形は。
躍動感があってどうしてあんまり騒がれないんだろうって
思います。
夏かな。
| 匿名 | 2018年03月27日(Tue) 23:07 | URL #- [ 編集]
8回の乱調は、立ち上がりからちょっと飛ばしすぎたのかな?
それでも、非常に魅力的な投手!
目指せ斎藤雅樹!!
| 匿名 | 2018年03月27日(Tue) 00:21 | URL #- [ 編集]
サイドスローであの球の伸び、球速、
スタミナ切れする前のスライダーのキレ、
未完の大器だと思った。
| 匿名 | 2018年03月26日(Mon) 23:25 | URL #- [ 編集]
スタミナ切れを起こす前の投球はドラフト1位だな、と
思ってしまいました。球の伸びが凄い。
| 匿名 | 2018年03月25日(Sun) 23:51 | URL #- [ 編集]
球は速いけど、制球も変化球も並。夏には150出るかもしれないし、悪いとこもないけど微妙じゃない?
| 宇宙人たけし | 2018年03月25日(Sun) 09:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(6) Page Top↑