森 悠祐(広陵)|ドラフト・レポート

森 悠祐(広陵)

ここでは、「森 悠祐(広陵)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



森 悠祐(広陵)

175cm75kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ・チェンジ・ツーシーム
常時140㌔台を計時する本格派右腕。2年夏の甲子園1回戦で全国デビュー、最速147㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17夏: 3    1.1  6  1  3  5
            0  2  0  2  3 147㌔ 中京大中
            1  4  0  1  2 144㌔ 仙台育英
           0.1  0  1  0  0 144㌔ 花咲徳栄
   18夏: 1 先   7  7  8  2  5 147㌔ 二松学舎 ●
   通算: 4    8.1  13  9  5  10 防10.80
       被安打率14.04 奪三振率9.72 四死球率5.40

  最新記事

 ■ 昨夏準V広陵、初戦敗退 エース・森悠「甘い球がいってしまった」(SANSPO) 18/8/12

 昨夏準優勝の広陵は、甲子園経験のあるエース森悠が七回につかまった。1死二、三塁から二松学舎大付の右田に2点適時打を許すと、保川にも適時打を浴びた。背番号1は「気持ちが先走って力んでしまい、甘い球がいってしまった」と肩を落とした。打線も相手を上回る10安打を放ちながら、あと1本が出なかった。中井監督は「勝ち越すことができなかったのが痛かった。もっと長く甲子園で試合をしたかった」と初戦敗退に悔しさをにじませた。

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:千代田高 先   2  0  5  0  0 149㌔
   3回戦:西条農業 先   6  3  9  3  0封
   準々決:広国院高 先   4  2  3  0  2
   準決勝:広島商業     6  3  3  4  1
   決勝戦:広島新庄     5  0  1  1  0
               23  8  21  8  3 防1.17
           被安打率3.13 奪三振率8.22 四死球率3.13

 ■ 選手宣誓に胸震えた広陵エース、豪雨後の迷い吹っ切れた(asahi.com) 18/7/17

 野球をしていてもいいのだろうか。17日に開幕した広島大会の1回戦。自問自答をやめて、広陵のエース森悠祐が開幕のマウンドに走った。前を向かせてくれたのは、安芸南の主将田代統惟の選手宣誓だった。「しかし、私たち一人ひとりにとって、選手権大会は、一回きりのかけがえのないものです。どんな状況も克服し、それを乗り越えて挑戦します。それが野球だから」。胸が震えた。次の言葉にも。「今回は、私たちの成長、私たちの闘う姿を見てもらう大会です」。森悠にも、ぴたりと当てはまった。昨夏の甲子園。新チームの柱と期待され、マウンドも経験した。しかし、今春の県大会の背番号は11。悔しくて、他のどの投手よりも練習した。夏前の追い込み練習、バテていくライバルをよそに、森悠は調子を上げた。秋から手放していた背番号1に返り咲いた。一回、吹っ切れたように腕を振った。9球で三者三振。圧倒的な投球で、広陵の夏は幕を開けた。森悠は2回を投げ、直球の最速は149キロをマーク。1人の走者も許さなかった。

 ■ 広陵ナイン 初戦へ順調な仕上がり(山陽新聞) 17/8/10

 中京大中京との1回戦を控える広陵は10日、兵庫県伊丹市の球場で約2時間最終調整した。平元銀次郎、山本雅也、森悠祐(2年)の3投手はブルペンで直曲球を投げ込んだ。中井哲之監督は「3人とも試合で十分に使える相手もエース・平元への対策をしてくると思うので心強い」と太鼓判。

   17夏予      回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:崇徳高校  0.2  0  0  0  0
   3回戦:祇園北高   1  1  3  1  0
   4回戦:美鈴が丘   2  0  3  0  0
   準々決:尾道商業  0.1  0  0  0  0 
              4  1  6  1  0 防0.00
         被安打率2.25 奪三振率13.50 四死球率2.25

  プロフィール

 広島県広島市出身。
 森 悠祐(もり・ゆうすけ)投手。
 矢賀小2年時からソフトボールを始め、二葉中時代は東広島シニアに所属。

 広陵高では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年夏の予選6戦中4戦に全て救援で登板し、計4回で6三振、1安打無失点の実績を残す。
 愛知代表・中京大中京と対戦した本戦1回戦で救援として全国大会デビュー。
 9回裏一死から起用され、147㌔を投げたが、2四死球を出し、1死も取れず3失点KOとなった。
 新チームからエースを担うも3回戦で敗れ、翌3年春に控え(11番)降格を経験。
 エースの座を取り戻した3年夏に計23回3失点の活躍で2年連続の県大会Vを達成している。
 先発として登板した初戦・千代田戦で自己最速を2㌔更新する149㌔を計測。
 決勝・新庄高戦で5回0封の好リリーフを演じ、延長10回5-4サヨナラでの勝利を呼び込んだ。
 続く甲子園初戦で二松学舎と対戦し、6回まで同点の接戦に2-5で敗れ敗退。
 試合立ち上がりの1回裏に2点を失い、5回裏に追いつくも、7回に3点を勝ち越されてKOとなった。
 1学年上のチームメイトとして平元銀次郎中村奨成ら。

 175cm75kg、149㌔直球を持つ本格派右腕。
 セットポジションから上体を傾けて重心を下げ、着地早めに右ヒジを使った腕の振りから繰り出す
 最速149㌔、常時130㌔台後半から140㌔台中盤(先発登板時)の真っ直ぐと、
 120㌔前後から120㌔台のスライダー、120㌔台で沈むチェンジアップ、その他90㌔台のカーブ。
 最速150㌔に迫るストレートが武器。真っ直ぐを主体にスライダーを織り交ぜる。
 2年夏の甲子園で最速147㌔を計測。その後、制球改善を目指してスリークォーターに変更した。
 翌3年夏に149㌔をマーク。制球には甘さが残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-08-12(日)|2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑