阪口 皓亮(北海)

ここでは、「阪口 皓亮(北海)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



阪口 皓亮(北海)

186cm80kg 右左 MAX148km カット・カーブ
140㌔台の角度ある直球とカット、カーブ。ポテンシャルが魅力。3年夏の甲子園で148㌔を叩き出した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   17夏: 1 先  3.2  8  4  0  1 148㌔ 神戸国附…148㌔1球、147㌔3球
   通算: 1    3.2  8  4  0  1 防2.45
       被安打率19.64 奪三振率9.82 四死球率0.00

  最新記事

 ■ 北海・坂口が好投するも終盤2本塁打浴び涙の初戦敗退(デイリースポーツ) 17/8/13

 北海の先発の阪口皓亮投手は今大会最速タイの148キロをマークするなど「一番、調子はよかった」としながら、四回2死満塁の場面で多間にスイッチ。ここはエース・多間がしのいだが、終盤の2本塁打で初戦敗退となった。多間は「(準Vの)去年以上を目指していたのに、申し訳ないです」と目を腫らしていた。

 ■ 【小川SDチェック】北海・阪口皓亮はこの夏、もう一度見たかった投手(SANSPO) 17/8/13

 神戸国際大付戦に先発した北海の右腕・阪口皓亮投手のバランスのよさに目を奪われた。球場表示で148キロという直球のスピードはもちろん、1メートル86、80キロと恵まれた体からの角度があるボールは魅力柔らかなテークバックで、真上からコンパクトに投げ下ろすような右腕の使い方もいい。担当スカウトが見た南北海道大会では、ストライクが入らずに苦しんだり、制球を重視するあまり球速がもう一つだったというが、甲子園のマウンドで一番の投球ができるのも実力だ。走り方もいい。早い回に降板してチームも敗れたが、この夏もう一度見たかった、一番の投手だ。

 ■ 北海・阪口 地元大阪球友の盛岡大付・比嘉に闘志(日刊スポーツ) 17/8/7

 南北海道代表・北海が6日、甲子園で開会式リハーサルに臨んだ。阪口皓亮投手は、三軒家東小、大正東中時代のチームメートで盛岡大付の比嘉賢伸主将と、1月に大阪で食事をともにして以来7カ月ぶりに再会。「向こうは去年の夏も試合に出ているが、自分はボールボーイだった。今年こそ試合に出て勝負したい」と対戦を心待ちにした。小学校時代はバッテリーを組んだ間柄だった。比嘉は「昔はめっちゃおしゃべりやったのに静かになったんで、大人になったなと感じました。ボールもだいぶ速くなったみたい。どんな投球するか楽しみ」と対戦を熱望。互いに3回戦を勝ち抜かないと対戦はないが、阪口は「相変わらず口うるさいけど、対決したら思い切り投げ込んで黙らせたい」と意気込んだ。

   17夏予           回数 被安 奪三 四死 失点
   札幌地区予選:3戦合計     9  9  8  3  3
   南大会1回戦:北照高校 先  5.2  7  5  2  4
      準々決:函館有斗 先  7.2  6  8  3  1
      準決勝:札幌大谷 先  2.1  6  1  0  3
      決勝戦:東海札幌 先  2.1  6  2  1  5
                  27  34  24  9  16 防5.33(失点から計算)
             被安打率11.33 奪三振率8.00 四死球率3.00

  プロフィール

 大阪府大阪市出身。
 阪口 皓亮(さかぐち・こうすけ)投手。
 三軒家東小時代に軟式野球を始め、大正東中では大正ボーイズに所属。
 当時のチームメイトに比嘉賢伸(盛岡大附)ら。

 北海高時代1、2年夏に出場した甲子園はベンチ外。
 2年秋、3年春の予選を札幌地区敗退で終え、3年夏に背番号10で3年連続の優勝を果たす。
 南大会準々決・函館大有斗戦で8回途中6安打8三振1失点の粘投を披露。
 主に先発投手として全7試合(先発6)に登板し、計27回で34安打、24K16失点を記録した。
 続く甲子園初戦・神戸国際附戦で、自己最速148㌔、常時140㌔台を計測。
 走者を背負いながら粘投したが、4回途中1失点で降板となり、チームも4対5で惜しくも敗れた。
 チームメイトとして1学年上に大西健斗、同期に川村友斗ら。

 186cm80lg、最速148㌔直球を持つ長身右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、右肘を柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす
 最速148㌔の角度ある直球と、130㌔台のカットボール、110㌔前後の縦のカーブ。
 常時140㌔台前半から後半を計時する角度ある真っ直ぐにカットボール、カーブを織り交ぜる。
 先発を務めた3年夏甲子園初戦で最速148㌔、平均143.8㌔(33球)を計測した。
 最速148㌔を誇る背番号10の控え投手。高いポテンシャルが魅力。コントロールには甘さが残る。
 3年夏予選27回で被安打率11.33、四死球率3.00。

  スカウトコメント

在京球団スカウト|17/8/17
 「初戦で148キロをマーク。ストレートの球筋も、スライダーのキレも、投げるときのバランスも、球持ちもいいが、走者を背負ったとたんに制球が乱れて球威が落ちる。5位指名くらいでしょうね」
巨人・岡崎スカウト部長|17/8/15
 「投手では、北海の阪口皓亮をもうちょっと見たかった」
中日・中田宗男スカウト部長|17/8/15
 「素材的には一番目立った。低めに伸びる球は手が出ない」
 「順調にいけば150キロくらい出るのでは」
ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/8/13
 「バランスのよさに目を奪われた。球場表示で148キロという直球のスピードはもちろん、1メートル86、80キロと恵まれた体からの角度があるボールは魅力。柔らかなテークバックで、真上からコンパクトに投げ下ろすような右腕の使い方もいい。甲子園のマウンドで一番の投球ができるのも実力だ。走り方もいい。この夏もう一度見たかった、一番の投手だ」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-08-13(日)|2017年高校生投手 | コメント(4) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
変化球で腕が緩む。
| フラワー | 2017年08月22日(Tue) 21:45 | URL #- [ 編集]
思いっきり素材型だと思いますが、進学して成長次第では4年後に上位候補になるかも知れませんね。
高卒でのプロ入りなら5位以下だと思いますが、気になる存在です。
| ぽにぽにぽにー | 2017年08月21日(Mon) 13:20 | URL #- [ 編集]
北海高校って関西からの野球留学生はあまりいない印象だったんですが、大阪出身だったんですね。どういった縁があったんだろうか
| 北風 | 2017年08月14日(Mon) 00:26 | URL #- [ 編集]
801gってマジ?
身長に比べて体重が貧弱すぎるだろ
| 匿名 | 2017年08月12日(Sat) 22:00 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(4) Page Top↑