杉本 幸基(日大)|ドラフト・レポート

杉本 幸基(日大)

ここでは、「杉本 幸基(日大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



杉本 幸基(日大)

182cm80kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・チェンジ 大垣日大
力のある直球とスライダー、逃げて沈むチェンジアップ。高3夏の甲子園で自己最速144㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   17夏: 1  3.2  0  2  1  0 140㌔ 天理高校
   18夏: 1   7  7  7  4  3 144㌔ 金足農業 ●
   通算: 2  10.2  7  9  5  3 防2.53
      被安打率5.91 奪三振率7.59 四死球率4.22

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:山県高校     2  0  3  0  0
   4回戦:加茂高校 先   9  3  12  2  0封
   準決勝:市岐阜商 先   3  2  0  1  0 143㌔
   決勝戦:中京高校     3  4  3  0  0
               17  9  18  3  0 防0.00
           被安打率4.76 奪三振率9.53 四死球率1.59

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:各務原高 先  4.1  5  3  0  1

  最新記事

 ■ 出番少ない悔しさ胸に、剛腕と投げ合い 大垣日大・杉本(asahi.com) 18/8/14

 3点を追う九回表2死一塁、マウンドに立つ大垣日大の背番号10、杉本幸基君はこの日119球目の直球を、外角低めに投げ込んだ。打者を見逃し三振に仕留め、最終回の攻撃に希望をつないだ。だが、自身の三振も含め結果は三者凡退。試合後、「持っている力は出せた。悔いはない」と晴れやかな表情で語った。岐阜大会では背番号1だった。肩の不調を抱えたエースの修行恵大君に代わっての大役だったが、登板は6試合でわずか4回3分の1。この日、三回から継投した。「今までの悔しさを胸にマウンドに上がった」。直球は自己最速の144キロをマークするなど7三振を奪った。三回裏の初打席では左翼への2点適時打を放ち、自らのバットで同点に追いついた。だが、八回に本塁打を浴びてリードを許すと、九回も3安打で2点を奪われた

 ■ 大垣日大2番手杉本 無安打投球(西日本スポーツ) 17/8/14

 大垣日大は5回1死三塁から登板した2年の杉本が好投した。いきなり左犠飛を打たれたが、以降は無安打。8回は失策絡みで1点を失ったものの、得意のチェンジアップを多用して的を絞らせなかった。「もっと緊張するかと思ったけれど、うまく打者の内角を攻めることができました」と手応えを感じていた。

 ■ 背番号「10」杉本 先発あるぞ(中日スポーツ) 17/8/13

 13日の第1試合に天理との初戦を迎える大垣日大は、背番号「10」の2年生右腕・杉本幸基が先発する可能性が浮上。阪口慶三監督が「(杉本の)先発の可能性は十二分にあるし、私としても推したいね」と示唆した。直球が走り、変化球の指のかかりもいい。本人も「高校生活の中で一番いい状態。大会が始まり、モチベーションとか気分が上がっているからかな」。甲子園入りしてからの成長を実感する。1年春にベンチ入りしたが、一冬越えても球速が130キロ台前半で伸び悩み、制球難に陥っていた阪口監督にリリース時に右肘が下がるくせを指摘され、改善した。すると制球力がアップし、岐阜大会は4回戦の加茂戦で初先発ながら12奪三振完封。準決勝で球速143キロをたたき出し、2年生エースの修行を抜いてチーム最速投手となった。

  プロフィール

 石川県かほく市出身。
 杉本 幸基(すぎもと・こうき)投手。
 かほく市立河北台中学校時代は白山能美ボーイズで投手としてプレー。

 大垣日大では1年春からベンチ入り。
 早い時期から期待されながら伸び悩み、1年夏の予選、2年春の東海大会をベンチ外で過ごす。
 その後、監督の助言でフォームを修正し、同年夏の予選に控えとしてベンチ入り。
 先発救援で計17回8K、9安打0封の活躍を演じ、3年ぶり4度目の甲子園出場をなし遂げた。
 準決勝・市岐阜商業戦で自己最速を更新する143㌔(長良川球場)を計測。
 4回戦・加茂高戦で9回12奪三振、散発3安打2四死球、6対0完封の好投を披露している。
 続く甲子園初戦2回戦・天理戦(0対6完封負けで敗退)で全国大会デビュー。
 0対4の5回裏1死三塁から2番手として登板し、3.2回を無安打1失点に抑える好投を見せた。
 2年秋の県大会を2回戦敗退で終え、翌3年春から1番(修行が怪我)でプレー。
 同年夏の予選で連覇を達成したが、修行が主戦格を担い、自身は1試合の登板に終わった。
 2度目の甲子園に再び10番として臨み、2回戦・金足農戦に2番手として登板。
 最速144㌔直球にスライダーを織り交ぜて7回3失点(3回から7回まで0封)の結果を残している。
 同学年のチームメイトとして主戦・修行恵大ら。

 182cm80kg、最速144㌔の直球を持つ控え投手。
 ノーワインドアップから上体を傾けて重心を下げ、インステップ気味に右ヒジを使った腕の振りから
 投げ込む最速144㌔、常時135㌔強から140㌔強(救援時)の力のある直球と、
 120㌔強のスライダー、120㌔前後で左打者外に逃げて沈むチェンジアップ、110㌔台のカーブ。
 真っ直ぐを武器とする本格派。スライダー、チェンジアップなどの変化球を交える。
 阪口慶三監督のアドバイスで肘が下がるクセを改善。球速アップ、コントロール改善を果たした。
 控え投手ながらヤクルトなどプロから注目されている。

  スカウトコメント

ヤクルト・小川淳司シニアディレクター|17/8/15
 「既に1回戦で姿を消した中にも投手として登板もした横浜・万波中正外野手、大垣日大の大型右腕・杉本幸基投手がいた」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年03月16日(土)|2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑