本田 健一郎(武蔵大)

ここでは、「本田 健一郎(武蔵大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



170cm72kg 右左 MAX150km スライダー・カーブ・チェンジ・シンカー 日大鶴ケ丘
150㌔直球を持つ小柄な右腕。2年秋にサイドからスリークォーターに転向。球速大幅アップを果たした。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15秋: 6  4勝2敗  48.2         10  1.85二部(10位)
   16春: 8  5勝0敗  64.1          7  0.84二部( 2位)
   17春: 8  6勝0敗  63.1          8  1.14二部( 1位)
   17秋: 9  3勝5敗  61.1  48       14  2.05(5位) 
   一部: 9  3勝5敗  61.1  48       14  2.05
   二部: 22 15勝2敗 176.1         25  1.28
    ※ 17春:2部最優秀選手 16春17春:2部ベストナイン

  最新記事

 ■ 今季昇格武蔵大 春王者帝京大撃破(スポーツ報知) 17/9/3

 2011年秋以来12季ぶりに1部昇格した武蔵大は、最速150キロを誇るエース右腕の本田健一郎が4安打完封で春王者の帝京大に先勝。試合開始直前のマウンドで始球式を務めた前巨人監督の原辰徳氏と握手を交わした“黄金の右腕”で、自身1部リーグ初勝利をつかんだ。マウンド後方から始球式を見守った本田は「オーラがあった。握手もしてもらって『頑張れ』って」。170センチ、72キロと小柄だが、直球の最速は150キロ。高校時代は控えのサイドハンドだったが、大学2年秋からスリークオーターに矯正。球速も一気に伸びた。この日は140キロ前後に抑え、打たせて取る投球を意識。視察に訪れた中日・石井チーフスカウトは「先発でも中継ぎでも使える体の使い方が上手」と評価した。
 「調子は良くなかった」と最速は130キロ台後半だったが「悪いなりの投球ができた」。スライダー、カーブ、チェンジアップ、シンカーと変化球も効いた。卒業後も競技は続行する予定で「優勝して、関東大会、神宮大会出場を目指す」とラストシーズンに力を込めた。(スポニチ)

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大 先   9  4       0 ○封
           2  1       0
   筑波大 先   9  8  6  3  3 ●
   東海大 先   9  7       1 ●
       先  7.2  9       4 ●
   日体大 先   9  6       3 ●149㌔(平塚)
          2.2  5       2 ●
   明星大 先   9  7       1 ○
           4  1       0 ○
         61.1  48       14 防2.05

 ■ 日大鶴ケ丘・本田が無失点/西東京大会(日刊スポーツ) 12/7/13

 日大鶴ケ丘が投打に小平西を圧倒した。大事な初戦の先発を任されたのは、背番号11の本田健一郎投手(2年)。公式戦初登板ながら丁寧に低めに集め、4回までを1安打無失点に抑えた。「先発は(背番号10の)大橋かなと思ってたので朝、バスで言われて緊張した。四死球ゼロで思ったより良かったです」と初々しく話した。

   13夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:翔陽高校 先   4  2       1
   4回戦:府中工業 先   4  4       2
               8  6       3 防3.38(失点から計算)

  プロフィール

 日大鶴ケ丘高校出身。
 本田 健一郎(ほんだ・けんいちろう)投手。

 日大鶴ケ丘高時代は控え投手としてプレー。
 2年夏の予選初戦・小西戦で初登板を果たし、1安打無四球の好投で4回を無失点に抑えた。
 翌3年春の都大会初戦2回戦・東亜学園戦で1安打3対0完封の快投を披露。
 続く3年夏の予選(先発2試合8回3失点)は明中八王子に0対3で敗れ5回戦敗退に終わった。
 都大会4強が最高成績。甲子園経験は無し。

 武蔵大では1年春から救援で2部リーグ戦に出場。
 2年秋のリーグ戦で先発(1番手)の座を掴み、48.2回で自責10、4勝2敗、防1.85の実績を残す。
 以降、先発投手としてチームを牽引し、通算24勝(1部3勝、2部21勝)をマーク。
 1年秋、3・4年春の3度2部優勝を果たし、3・4年春にベストナイン、4年春にMVPを受賞した。
 4年春のリーグ戦で6勝(5完投2完封)、防1.14(1位)の自己最高成績を記録。
 続く入れ替え戦(連勝で1部昇格)桜美林大戦1回戦で6安打2対1完投勝利を収めている。
 大学で最速150㌔まで球速を伸ばし、スカウトからも注目される存在へと浮上。
 4年秋の開幕・帝京大戦で完封勝利を収め、視察に訪れた中日スカウトから高評価を受けた。
 通算53試合(先発33)、24勝(17完投7完封)13敗。

 170cm72kg、150㌔直球を持つ小柄なスリークォーター右腕。
 セットポジションから繰り出す最速150㌔のストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップ、シンカー。
 大学2年秋にサイドからスリークォーターに転向。球速大幅アップを成し遂げた。
 救援を経て2年秋から先発で活躍。首都リーグ戦53試合で通算24勝13敗の実績を残している。 
 12季ぶり1部挑戦の4年秋開幕戦で4安打完封勝利を挙げた。

  スカウトコメント

中日・石井チーフスカウト|17/9/3
 「先発でも中継ぎでも使える。体の使い方が上手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-11-16(木)|2017年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑