釘宮 光希(立正大)

ここでは、「釘宮 光希(立正大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 オリ 中日 楽天 東京 西武 阪神 千葉 横浜 福岡 巨人 日ハム 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



釘宮 光希(立正大)

175cm75kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ 日大三高
140㌔台の直球と130㌔前後のスライダー。3年秋の開幕戦で11回5安打2失点完投勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   15春:        登板無し          二部
   15秋: 5 1勝0敗  18  13  14  11  3  1.50二部
   16春:        登板無し          二部
   16秋:        登板無し          二部
   17春: 6 4勝0敗  38  26  37  9  4  0.95二部(1位)
   二部: 11 5勝0敗  56  39  51  20  7  1.13
         被安打率6.27 奪三振率8.20 四死球率3.21

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責 
   13夏: 1  0.2  0  0  0  0 140㌔ 日大山形

投手成績詳細

   15秋2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大     1  0  0  1  0
       先   3  4  3  3  1
   青学大 先   7  5  6  1  2
   国士大 先   7  4  5  3  0 ○
   東洋大 先   0  0  0  3  0
          18  13  14  11  3 防1.50
      被安打率6.50 奪三振率7.00 四死球率5.50

   17春2部   回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大 先   8  2  9  3  0 ○
   青学大 先   9  7  7  1  1 ○
   東農大 先   7  6  8  1  0 ○
   駒澤大 先   8  7  9  3  3 ○
   国士大 先   5  4  3  1  0
           1  0  1  0  0
          38  26  37  9  4 防0.95
      被安打率6.16 奪三振率8.76 四死球率2.13

   17春入替戦 回数 被安 奪三 四死 自責
   専修大 先   8  9  7  1  1 ●
           4  5  3  1  4 ○
          12  14  10  2  5 防3.75
      被安打率10.50 奪三振率7.50 四死球率1.50

  最新記事

 ■ 立正大と日大が先勝=秋季リーグ戦開幕-東都大学野球(時事ドットコム) 17/9/6

 東都大学野球秋季リーグ戦は5日、神宮球場で開幕して1回戦2試合が行われ、15季ぶり1部復帰の立正大が国学院大に延長十一回3-2でサヨナラ勝ち、日大は春季優勝の東洋大を5-3で破り、それぞれ先勝した。立正大は延長十一回に佐々木斗(2年、北照)が代打サヨナラ本塁打を放った。釘宮(3年、日大三)が5安打完投。日大は五回に松田(3年、札幌日大)の2ランで勝ち越し、4人の継投で逃げ切った。

   17秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大 先  11  5  9  4  2 ○ 148㌔

 ■ 日大三・釘宮 6月練習試合で最速更新(日刊スポーツ) 14/7/4

 日刊スポーツ記者がお勧めする全国の有望選手にスポットを当てる「ピカイチ投手編」。日大三・釘宮光希投手(3年)は最速145キロの本格派右腕。149キロ右腕の三輪昂平(3年)とダブルエースを組む。6月4日に行った東海大相模との練習試合で自己最速を1キロ更新中学2年で主戦投手としてジャイアンツカップで優勝し、大阪桐蔭や天理などからも誘いがあったが、地元大阪を離れて日大三に進学した。

   14夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   4回戦:創価高校 先   7  3  6  4  0封
   5回戦:佼成学園 先   9  5  12  2  4
   準々決:明中八王 先   7  6  9  3  0封
   準決勝:東海菅生 先  6.2  7  4  2  7
              29.2  21  31  11  11 防3.34(失点から計算)
           被安打率6.37 奪三振率9.40 四死球率3.34

  プロフィール

 大阪府枚方市出身。
 釘宮 光希(くぎみや・こうき)投手。
 枚方市立杉中学校時代2年夏に枚方ボーイズでジャイアンツカップを制覇。
 3年夏に出場した世界大会で銅メダルを獲得した。

 日大三高では1年夏から控えとしてベンチ入り。
 翌2年夏の甲子園1回戦で全国デビューを果たし、最速140㌔直球で2/3回0封の結果を残す。
 3年春予選で主戦投手の座を掴み、同年夏予選で29.2回31K11失点を記録。
 創価戦・明中八王子戦で7回0封勝利を収め、佼成戦で9回12K4失点完投勝利をマークした。
 当時のチームメイトとして三輪昂平(現明治大)ら。

 立正大では1年秋から2部リーグ戦に出場。
 主に先発2番手として5試合に登板し、合計18回で14奪三振、1勝0敗、防1.50の実績を残す。
 3年春(先発2番手)に鈴木友也との二枚看板で15季ぶりの一部昇格を達成。
 計6試合(先発5)38回をこなし、4勝(1完投0完封)0敗、防0.95(1位)の好成績を記録した。
 続く3年秋の1部リーグ開幕戦・国学院大1回戦(6回表)で最速148㌔を計測。
 延長11回145球を投げ抜く力投で、5安打9奪三振4四死球、3対2サヨナラ勝利を収めている。
 通算11試合、5勝(1完投0完封)0敗、56回、防御率1.13。

  175cm75kg、最速148㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドからゆっくりと足を上げ、上体を傾けて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから
 繰り出す最速148㌔の真っ直ぐと、130㌔前後のスライダー、110㌔台のカーブ。
 常時140㌔前後から145㌔前後の直球にスライダーを交える。3年秋開幕戦で148㌔を計測した。
 奪三振率8.20、四死球率3.21。遠投115m、50m6秒2。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-09-06(水)|2018年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑