伊藤 雄大(帯広柏葉)

ここでは、「伊藤 雄大(帯広柏葉)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【17候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm85kg 右左 MAX140km超 スライダー・スプリット・ツーシーム
プロからも注目される最速140㌔超の大型右腕。白樺学園戦で3安打1失点完投の力投を見せた。

  最新記事

 ■ 第99回全国高校野球 地区大会 勉強でも勝負する(毎日新聞) 17//7/2

 白樺学園の強力打線を被安打3に抑え込んだが、0-1で惜敗した帯広柏葉の伊藤雄大投手(3年)は「悔しいが楽しく投げられた。悔いはない」と言い切った。185センチ、85キロの恵まれた体から繰り出す速球は140キロ超で、スライダーやスプリット、ツーシームなど多彩な球種を駆使し、プロ野球のスカウトの目にも留まる逸材。報道陣に囲まれてプロ志向を問われる場面もあったが、十勝地方屈指の進学校だけに、「野球だけじゃなく、勉強で勝負するのも大切。まずは受験勉強に精を出したい」と笑顔を見せた。

   17夏予         回数 被安 奪三 四死 失点
   地区代決:白樺学園 先   9  3  3  5  1

  プロフィール

 北海道帯広市出身。
 伊藤 雄大(いとう・ゆうだい)投手。
 帯広市立帯広第一中学校時代は軟式野球部でエース。

 帯広柏葉では2年秋に正一塁手の座を獲得。
 救援兼任で5年ぶりの支部予選突破に貢献し、6番・一塁手として全道大会デビューを果たす。
 6回無死から救援マウンドに上がるも、投打ともに振わず7回1対8で初戦敗退。
 翌3年春の地区初戦・緑陽戦に先発で登板し、9回4対6(逆転負け)完投の力投を見せた。
 3年夏の北北海道大会は準優勝校・白樺学園高に競り負け地区代決敗退。
 強豪校を3安打(3K5四死球)のみに抑えたが、打線の援護がなく9回0対1で完封負けとなった。
 高校3年間で甲子園出場などの目立った実績は無し。

 185cm85kg、恵まれた体格のプロ注目右腕。
 最速140㌔超の真っすぐを持つ本格派。スライダー、スプリット、ツーシームなどの変化球を交える。
 一塁手レギュラーを経て3年時になってエースの座を獲得。実績はまだ乏しい。
 3年夏の十勝地区代表決定戦・白樺学園戦で9回3安打5四死球1失点完投の好投を見せた。
 プロスカウトからも注目される好資質の持ち主。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2017年プロマーク状況



最終更新日:2017-10-08(日)|2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2017年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑