中日ドラゴンズ/ドラフト2018

中日ドラゴンズ/ドラフト2018

ここでは、「中日ドラゴンズ/ドラフト2018」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは中日ドラゴンズ2018年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2017年指名選手

 【1位】鈴木(ヤマハ)投 【2位】石川(青藍泰)投 【3位】高松(滝川二)
 【4位】清水(花咲徳)投 【5位】伊藤(中京中)外 【6位】山本(市西宮)
 【育1】大蔵(徳島IS)投 【育2】石田(龍谷大)
  過去記事:2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
       2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2017年

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 根尾(大阪桐)内 栗林(名城大)投 藤原(大阪桐)
 【上位】  
 【候補】 

-- コメント ---------------------------- 
 【右】 松本(日体大)  東妻(日体大) | 万波(横浜高)  米倉(埼玉栄)
                    | 大谷(中央学)  扇谷(東邦高)
 【左】                | 山田(高岡商)
 【捕】 太田(大商大)          | 野村(早 実)
 【内】                | 小園(報徳学)  矢吹(聖光学)
 【外】                | 野村(花咲徳)  森下(東相模)
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】                | 
 【左】                | 
 【捕】                | 
 【内】                | 
 【外】                | 

  最新記事

 ■ 大阪桐蔭・根尾、名城大・栗林ら最重要候補…スカウト会議(スポーツ報知) 18/1/6

 中日が6日、ナゴヤ球場に隣接する選手寮でスカウト会議を行い、今秋のドラフト候補約240人をリストアップ。さらに最上位指名候補約10人に絞り込んだ。松永編成部長は「地元にいい選手がいれば、他球団に獲られることなく、まんべんなく獲りたい。その中に根尾君が入っている」と説明。米村アマスカウトチーフも「大学生では栗林君もいる」と話し、岐阜・飛騨市出身の大阪桐蔭・根尾昂内野手や、名城大の最速153キロ右腕・栗林良吏投手らが最重要選手になるという認識を示した。球団では、昨年から地元選手を積極的に獲得する方針にシフトしており、昨秋ドラフトでは8選手(育成を含む)のうち4選手を愛知と静岡西部の出身選手で固めた。昨年7月に三重出身の谷元を日本ハムから金銭トレードで獲得したことや、12月に岐阜出身の大野奨=日本ハム=をFA移籍させたことについても、松永部長は「(2選手も)そうです。獲るのであれば地元の方が絶対にいい」と話した。

 ■ ドラ1候補の大阪桐蔭・根尾、獲得できたら二刀流育成プラン(スポーツ報知) 18/1/1

 中日が、今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭高・根尾昂内野手を獲得した場合、二刀流で育成するプランがあることが31日、分かった。大谷翔平投手を育てた日本ハムにならい、内外野をこなし、打力も一流、投げても最速148キロの非凡な才能を最大限に引き出していく。中田宗男スカウト部長は「本音で言うと、(投手も野手も)両方いける最終的には本人次第だが、当然(投打の)2つともやらせたいというのがある」と本人が希望した場合、二刀流の育成方法や起用法で応えると明言した。さらに「(野手なら)遊撃手」と、DHに専念した大谷と違い、最もハードな守備位置も任せられると持論を展開した。中日にとって地元に等しい岐阜・飛騨市出身の逸材。同部長は「中学時代からずっと注目していた。ぜひともプロを志望してほしい」とエールを送る。

 ■ 中日地元スター発掘へ、名城大153キロ栗林上位候補(日刊スポーツ) 17/12/31

 中日が来秋ドラフトに向け地元選手の発掘に力を入れる。中田スカウト部長は「素材がよく、地元志向というのは来年も変わらないと思う。岐阜出身の大阪桐蔭)根尾もそうだけど、(名城大の)栗林もその1人」と、上位候補として名城大の最速153キロ右腕、栗林良吏投手(3年)を挙げた。お膝元のスター候補を徹底的にマークする。

過去記事

 ■ 竜中部地区スカウト増員 探せ第2のイチ・千賀・菊池(中日スポーツ) 17/12/28

 球団はこの日、来年からの組織改編を発表。チーム統括本部内でフリーエージェントやトレードに備えて他球団を視察するプロ部門と、ドラフトに備えたアマ部門に分かれていた「縦割り」を壊し、新編成部に統合。その上で、中部エリアのスカウトを2人から3人に増員することが決まった。まずは、編成の一本化だ。西山球団代表は「これまでプロ、アマに分かれていた編成部門を一つにまとめる。有機的に選手調査をするとともに、情報を一本化することが目的」と説明。年齢、ポジションなどチーム編成の全体図を見ながらプロ、アマ全体を見渡した上で適切な選手の獲得を目指す組織につくり直すということだ。その上で、アマ部門を「1人増」の11人に拡充する。日本国内を関東以北の東日本、東海と北信越の中日本、近畿以西の西日本と3分化。この中で重点強化されるのが地元・中部地区の体制だ。これまで関東担当だった佐藤スカウトが地区変更となり、地区統括となる中原、清水両スカウトとともに3人に増員。「お膝元」の情報を徹底的に収集する。すでに定年後の再雇用で務めてきた中田スカウト部長は、編成部のアマ部門を統括する「スカウトディレクター」に就任する。東日本には地区総括の山本、正津両スカウトのほか、新任の小山、八木両スカウトを配置。西日本地区は統括の米村スカウトの下に音、三瀬両スカウトが引き続き配置される。さらに、西山球団代表は「プロ部門の編成部員も必要に応じてアマチュアの大会を視察することになる」とも。5年連続Bクラスからの巻き返しへ、選手を発掘する力を強化する。

 ■ 中日「欲しい」来秋ドラフト大阪桐蔭・根尾をマーク(日刊スポーツ) 17/12/12

 中日が来秋のドラフトに向けて岐阜県飛騨市出身の大阪桐蔭・根尾昂内野手(2年)をマークすることが11日、分かった。投打で今夏の甲子園を沸かせた1位候補に、中田スカウト部長は「高山の子だし、スピードもある。うちとしては欲しい選手に間違いない」と明かした。4番で、投げても最速148キロ右腕。愛知の隣県で育ち、中学ではアルペンスキーの回転で世界大会にも出場した身体能力の高い逸材を追い続ける。

  スカウトコメント

根尾昂(大阪桐蔭)|中田宗男スカウト部長|18/1/1
 「本音で言うと、(投手も野手も)両方いける。最終的には本人次第だが、当然(投打の)2つともやらせたいというのがある。(野手なら)遊撃手」
 「中学時代からずっと注目していた。ぜひともプロを志望してほしい」
栗林良史(名城大)、根尾昂(大阪桐蔭)|中田スカウト部長|17/12/31
 「素材がよく、地元志向というのは来年も変わらないと思う。(岐阜出身の大阪桐蔭)根尾もそうだけど、(名城大の)栗林もその1人」
中日・中田スカウト部長|17/12/12
 「高山の子だし、スピードもある。うちとしては欲しい選手に間違いない」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-01-06(土)|球団別情報 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
1位根尾内大阪桐蔭 勝野投三菱重工名古屋
2位栗林投名城大
3位扇野投東邦
4位逢沢外明大
5位吉田捕上武大
6位若林投JR東海
| ガルベス | 2017年12月28日(Thu) 14:05 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(1) Page Top↑