皆川 仁(日本生命)

皆川 仁(日本生命)

ここでは、「皆川 仁(日本生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



皆川 仁(日本生命)

177cm81kg 右左 外野手 学法石川→立正大 2年目
強い打球を弾き返す左の強打者。思い切りの良さが持ち味。神宮球場でバックスクリーン弾を放った。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 出塁率 長打率
   17都: 1 .000  1  0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   17日: 5 .222 18  4 0 0 1 4 4 3  .333  .389
   通算: 6 .211 19  4 0 0 1 4 4 3  .318  .368

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13春:          出場無し             二部
   13秋: 4 .167  6  1 0 0 0 0 1 0 0  .167  .167二部
   14春: 11 .125  32  4 1 0 1 2 8 3 0  .200  .250二部
   14秋: 9 .182  22  4 1 0 0 1 4 2 1  .250  .227二部
   15春: 12 .273  44 12 6 0 1 9 7 6 1  .360  .477二部
   15秋: 13 .176  51  9 2 0 1 3 12 3 1  .222  .275二部
   16春: 11 .405  37 15 2 2 2 12 3 9 5  .522  .730二部(1位)
   16秋: 13 .306  49 15 5 1 1 7 11 10 1  .424  .510二部(6位)
   二部: 73 .249 241 60 17 3 6 34 46 33 9  .339  .419
    ※ 16春:2部首位打者

  最新記事

 ■ 日本生命、新人4番の皆川が決勝本塁打/日本選手権(SANSPO) 17/11/10

 日本生命は皆川の本塁打で4強入り。ゼロ行進が続いていた延長十一回無死一、三塁の好機で右翼へアーチを架け「少し詰まり気味だったが、角度と押し込んだ感じが良かった」と試合を決めた一発に声を弾ませた。若さと元気を買って、立正大から入社した新人を4番に起用している十河監督は「楽しんでこいと送り出した。何かしてくれると思ったが、まさかホームランになるとは」と頬を緩めた。

    1号:森脇 亮介(日本大)  14/ 4/20  右中間ソロ弾
    2号:阿部 和望(東農大)  15/ 5/17  右越え満塁弾
    3号:原  樹理(東洋大)  15/10/ 3  右越え2ラン
    4号:池田 大将(拓殖大)  16/ 4/26  右越え3ラン
    5号:岡野祐一郎(青学大)  16/ 5/ 3  中越えソロ弾
    6号:大島  卓(拓殖大)  16/10/12  中越えソロ弾

 ■ 日本生命が近畿代表、新人皆川3ラン「完璧でした」(日刊スポーツ) 17/9/4

 第43回社会人野球日本選手権大会近畿地区最終予選が4日、わかさスタジアム京都で行われ、日本生命がパナソニックに7-0で勝利し代表権を獲得した。3回までパナソニックの先発・吉川峻平投手(22)を前に無安打と攻めあぐねたが、4回に相手失策と山本真也内野手の右翼線への適時二塁打で先制。5回には2死一、二塁から皆川仁外野手(23)の3点本塁打で突き放した。十河章浩監督は、今年入社の皆川を「思い切りの良さがあって、雰囲気を持っている。ムードメーカーのような存在。新人でもチームを引っ張ってくれる」と物怖じしない性格を評価する。皆川も立正大時代から「元気だけはどこのチームにも負けないようにしよう」と心がけており「元気のあるチームはこわいと思う」と意識的に声掛けをする。社会人で公式戦初の本塁打に「完璧でした」ととびきりの笑顔を見せた。オリックスの黒木優太投手は立正大の同級生。考えて野球をする姿に、刺激を受ける。皆川自身も「目指せる限りは」と将来は黒木と同じプロの舞台を目指すつもりだ。

  プロフィール

 福島県いわき市出身。
 皆川 仁(みなかわ・じん)外野手。
 植田小4年時からソフトボールを始め、植田中では野球部で投手、内野手。

 学法石川では1年秋から左翼手でレギュラー。
 旧チーム時代から主軸打者としてチームを支え、3年春に福島3位での東北8強入りを達成した。
 3年夏の予選は打率.450本1点5の活躍およばず聖光に2対14で敗れ準優勝。
 3番・中堅手として全6試合にスタメンで出場し、岡野が相手の決勝戦で右中間ソロ弾を放った。
 当時のチームメイトとして松本匠、瀬谷謙輔ら。

 立正大では1年秋から2部リーグ戦に出場。
 翌2年春のリーグ戦で1番・左翼手の座を掴み、1割台の低打率ながらも規定数到達を果たす。
 同年秋のシーズンを規定不足で終え、3年春から3番ライト(4年秋4番)で活躍。
 4年間7季で通算73試合に出場し、241打数で60安打、打率.249本6点34の実績を残した。
 打率.405本2点12の自己最高成績をマークした4年春に2部首位打者を受賞。
 岡野祐一郎と対戦した青山学院大1回戦で神宮バックスクリーンにたたき込むソロを放っている。
 2部通算73試合、打率.249、60安打、6本塁打、34打点。

 日本生命では1年目から公式戦に出場。
 7月の都市対抗で全国デビュー(代打)を果たし、日本選手権予選で吉川から1号3ランを放つ。
 元気の良さ、物怖じしない性格を買われ、同本戦全4戦に4番・DHとして出場。
 計18打数で4安打、打率.222本1点4を記録し、2015年以来の決勝進出(準V)に貢献した。
 2回戦、準々決で各2安打を放つも、準決、決勝は計7打数で無安打と不発。
 延長11回を制した準々決・かずさマジック戦で、右越え決勝3ラン(145㌔直球)を記録している。
 二大大会6試合、打率.211、4安打、1本塁打、4打点。

 177cm81kg、強打を売り物とする外野手。
 振り切るスイングから強い打球を放つ左の強打者。東都通算6発、甘く入れば一発長打を放つ。
 思い切りの良さが魅力。神宮球場バックスクリーンに放り込んだ実績の持ち主。
 大学4年6月に代表候補入りを果たした。社会人では1年目秋の日本選手権から4番を務める。
 立正大時代は主にライト。一塁到達4.3秒台。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2017-12-22(金)|2018年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年社会人野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑