東京ヤクルトスワローズ/ドラフト2018|ドラフト・レポート

東京ヤクルトスワローズ/ドラフト2018

ここでは、「東京ヤクルトスワローズ/ドラフト2018」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらではヤクルト2018年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2017年指名選手

 【1位】村上(九州学)捕 【2位】大下(三菱広)投 【3位】蔵本(岡商大)
 【4位】塩見(JXエネオス)外 【5位】金久保(望洋)投 【6位】宮本(奈学大)
 【7位】松本(西濃運)捕 【8位】沼田(石川MS)
  過去記事:2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
       2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2017年

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 根尾(大阪桐)
     藤原(大阪桐)外 上茶谷(東洋)投 梅津(東洋大)投 甲斐野(東洋)
     松本(日体大)投 清水(国学大)投 吉田(金足農)
 【上位】 小園(報徳学)
 【候補】 古谷(習志野)投 市川(明徳義)投 渡邉(浦和学)投 勝又(日 鶴)
     高橋(八学大)左 富山(トヨタ)左 直江(松商学)投 栗林(名城大)
     杉山(重工広)投 生田目(日通)投 辰己(立命大)外 鈴木(富士大)

-- コメント ---------------------------- 
 【右】 岡野(東 芝)  齋藤(ホンダ) | 柿木(大阪桐)  米倉(埼玉栄)
     東妻(日体大)  白銀(駒澤大) | 引地(倉敷商)  杉本(大垣日)× 
     吉川(パ ナ)× 河端(青学大)×| 
     釘宮(立正大)×        | 
 【左】 高橋(日 生)         | 石井(国士舘)× 山田(高岡商)×
 【捕】                 | 田宮(成田高)
 【内】 伊藤(立正大)         | 増田(明秀日)  野村(早 実)     
                    | 林 (和智弁)  野村(花咲徳)
                    | 太田(天理高)  山田(大阪桐)×
                    | 中川(大阪桐)× 日置(日大三)×
 【外】 中山(法政大)  笹川(東京ガ) | 万波(横浜高)  内野(波佐見)×
                    | 谷口(神国附)× 森下(東相模)×
                    | 長南(横浜高)× 中沢(青森山)×
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】 安河内(武蔵)  菅野(法政大) | 水野(湖西高)  宮城(滋賀学)
                    | 羽田野(汎愛)  眞田(東郷高)×
                    | 勝本(明石商)×  
 【左】                | 
 【捕】 頓宮(亜 大)         | 石川(坂井高)×
 【内】                |
 【外】                | 山口(明桜高)  大谷(中央学)×

  最新記事

 ■ 大阪桐蔭・根尾獲りへ小川監督「ワインレッドの心」(スポーツ報知) 18/10/25

 投手、外野手、右打者などが補強ポイントに挙がるが、トータルで全ポジション満遍なく指名したい考え。指名人数は昨年並みの8人前後で、育成ドラフトにも参戦する予定だ。

 ■ ヤクルトが根尾1位指名公表「競合覚悟は当然」(日刊スポーツ) 18/10/23

 ヤクルトは23日、25日のドラフト会議で大阪桐蔭・根尾昂内野手を1位指名することを公表した。小川監督は「根尾を1位で指名することで決定しました一番いい選手にいこうということ。能力が高い選手と思っている。将来的にスワローズの中心選手になるのは間違いないし、さらに上をいけばプロ野球を(代表する)という印象がある。競合覚悟は当然のことです」と評価した。

 ■ ヤクルト、最大7球団競合でも「根尾」一本化!(SANSPO) 18/10/23

 ヤクルトが25日のドラフト会議の1位指名候補として大阪桐蔭高・根尾昂内野手に一本化したことが22日、分かった。同日に東京・北青山の球団事務所でスカウト会議を行い、方針を固めたもようだ。橿渕スカウトグループデスクは1位指名の具体名は明らかにしなかった上で、「(スカウト間では)逃げずに、いい選手を獲ろうと確認した」と競合も辞さない姿勢を示した。1位候補は大阪桐蔭高・根尾、同・藤原恭大外野手、金足農高・吉田輝星投手、日体大・松本航投手、東洋大・上茶谷大河投手らが挙がっていたが、伊東編成部長、各スカウトが何度も意見をぶつけ合わせた末に、根尾の一本化に至ったとみられる。既に中日が1位指名を公言し、巨人阪神ソフトバンク日本ハム楽天も1位指名する可能性がある。

過去記事

 ■ ヤクルト、25日ドラフトに向けスカウト会議で4時間映像チェック(SANSPO) 18/10/22

 ヤクルトのスカウト会議が21日、東京・北青山の球団事務所で開かれ、25日のドラフト会議に向けて約4時間かけて映像をチェックするなどした。77人のリストを作成しており、主に複数スカウトによる「クロスチェック」を行っていない下位指名候補を中心に映像を確認した。1位候補には大阪桐蔭高・根尾昂内野手、同・藤原恭大外野手、金足農高・吉田輝星投手、日体大・松本航投手、東洋大・甲斐野央投手らが挙がっているとみられる。橿渕スカウトグループデスクは「育成とドラフトという球団が掲げるテーマもある。総合的に判断していきたい」と説明した。
 ドラフト1位指名について、橿渕編成部スカウトグループ・デスクは「来季、戦える戦力も必要だけど、中長期のチーム作りのことも考えないといけない。バランスが大事。高校生の投手か野手。大学生の投手のいずれかでしょう」と含みを残した。金足農・吉田、大阪桐蔭・根尾、東洋大・上茶谷が1位の最終候補に残っているようだ。(デイリースポーツ)
 橿渕聡スカウトグループデスクは指名人数を「昨年と同様をイメージしています」と説明し、昨年同様8人前後となることを示唆した。会議はこの日から3日連続で行い、根尾、藤原(ともに大阪桐蔭)、吉田(金足農)、甲斐野(東洋大)ら10人が挙がる1位候補を絞り込む。(スポニチ)

 ■ 大阪桐蔭、4人がプロ志望届 10日はヤクルト、ソフトBが訪問(スポニチ) 18/10/11

 4人がプロ志望届を提出している大阪桐蔭は選手と各球団との面談を行っており、10日はヤクルト、ソフトバンクが訪問。 ヤクルトの阿部健太スカウトは、ドラフト1位候補として注目される根尾と藤原について「しっかりしている印象を持ちました」と語った。
 伊東昭光部長兼編成グループチーフは金足農・吉田を「SS級の選手。真っすぐの質が高い」と評価。80人に絞った候補選手の一人で「うちは投手の補強は必要。大学生、社会人を含めてこれから相談したい」と語った。(スポニチ)
 衣笠剛球団社長は「ドラフトで毎年、高校生を3人は指名する」と打ち出し育成を重視。金足農・吉田、明徳義塾高・市川、浦和学院・渡辺、日大鶴ケ丘・勝又らの指名も検討していく。大学では東洋大の上茶谷甲斐野梅津、日体大・松本、八戸学院大・高橋らが候補。(報知高校野球)

 ■ 5球団が金足農・吉田1位指名検討(SANSPO) 18/10/6

 金足農の吉田輝星投手について5日、DeNA、広島など複数のプロ球団が、今月25日のドラフト会議での1位指名を検討していることを公言した。中日を除く11球団が1位指名の候補リストに入れており、なかでも5球団が熱心とみられる。

 ■ ヤクルトD1候補に国学院大・清水昇が浮上(SANSPO) 18/10/4

 ヤクルトのスカウト会議が3日、東京・北青山の球団事務所で開かれ、25日のドラフト会議に向けて進路希望の情報などを確認し、72人のリストを作成した。1位候補は大阪桐蔭高の根尾昂内野手、藤原恭大外野手、東洋大の上茶谷大河投手、日体大の松本航投手ら10人。評価を高めた国学院大の清水昇投手も新たに加わった。態度を表明していない金足農高の吉田輝星投手については、今後の動向を注視する。橿渕スカウトグループデスクは「優先順位が高校生野手なのか、投手なのか。戦略次第で大きく変わると思う」と話した。

 ■ 「連投ができる」ヤクルト、金足農・吉田に高評価(日刊スポーツ) 18/8/24

 金足農が23日、同校で報告会を行った。エース吉田輝星投手はその後、記者会見を行った。ヤクルトは、吉田を高校生投手のトップランクに位置づける。12日のスカウト会議でリストアップしており、橿渕スカウトグループデスクは「素晴らしい投手。普通では投げられない浮き上がるような直球で、阪神藤川のような球質。元々高い評価をしていたが、連投ができるというので評価は上がった」と話した。

 ■ ヤクルトがスカウト会議、上位候補に報徳・小園(SANSPO) 18/8/13

 ヤクルトは12日、神戸市内でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議に向けた高校生の指名リストを約35人に絞り込んだ。上位候補の大阪桐蔭高・藤原恭大外野手、根尾昂内野手に加え、前日11日の甲子園大会で1試合の大会記録に並ぶ3本の二塁打を放った報徳学園高・小園海斗内野手の評価を上げた。視察した橿淵スカウトグループデスクは「スピードは以前から評価していたけれど、パワーもついてきた印象」とした。

 ■ ヤクルト、小川監督の後輩右腕指名も!オリ金子タイプの習志野・古谷(SANSPO) 18/7/20

 ヤクルトが今秋のドラフト指名候補として習志野高の古谷拓郎投手をリストアップしていることが19日、分かった。17日の同3回戦・松戸六実戦では七回から初登板し、3回を2安打無失点、4三振を奪った。視察した球団関係者は「投球フォームのバランスが素晴らしい高い将来性を感じさせる投手らしい投手で、タイプでいえばオリックスの金子千尋投手」と最多勝2回を獲得した金子の名前を挙げて評価した。習志野高は小川監督の母校で、3年夏には右肩を痛めながらエースとして甲子園の優勝投手になった。ヤクルトは今後もスカウトを派遣してマークを続ける方針で、展開次第では指名の可能性も十分にある。

 ■ ヤクルト、スカウト会議で60人リストアップ(SANSPO) 18/6/15

 ヤクルトのスカウト会議が14日、東京・北青山の球団事務所で開かれ、今秋のドラフト会議に向けて約60人にリストを絞り込んだ。衣笠剛球団社長兼オーナー代行も出席し、上位候補の映像を確認。1位候補として高校生では大阪桐蔭高の藤原恭大外野手、根尾昂内野手、大学生では東洋大の上茶谷大河甲斐野央梅津晃大の3投手らの評価が高い。伊東昭光編成部長は「(現状は)投手陣の年齢層が高い。これから選手の補強ポイント、他球団の動き、現場の要望を受けて考えていきたい」と話した。

 ■ 燕スカウト会議、ドラ1候補に大阪桐蔭高コンビの藤原&根尾!(SANSPO) 18/3/30

 ヤクルトのスカウト会議が29日、大阪市内で開かれ、今秋ドラフトに向けて約280人をリストアップした。1位指名候補として、高校生では大阪桐蔭高の藤原恭大外野手、根尾昂内野手の評価が高い。今年は大学生投手、高校生野手に逸材が多いとされる。センバツ大会で活躍する藤原、根尾について、球団関係者は「非常に良い。格の違いを見せつけてくれている」と評価した。

 ■ ヤクルト、大阪桐蔭・藤原を今秋ドラフト上位指名候補にリストアップ(SANSPO) 18/2/20

 ヤクルトが、今秋ドラフトの上位指名候補として大阪桐蔭高・藤原恭大外野手をリストアップしていることが19日、分かった。「打撃が良くて、足もある。守備もうまい現役時代の稲葉監督のようなイメージ体が大きく、スケールを感じさせる」と球団関係者。藤原は昨春センバツの履正社との決勝戦で、右越えに2本塁打をマーク。昨年9月のU-18W杯には2年生ながら、清宮(日本ハム)、安田(ロッテ)、中村(広島)らと出場。プロ志望届を提出すれば、ドラフト上位で消えるのは確実だ。『育成重視』の球団方針にも合致する。年頭のあいさつで衣笠剛球団社長兼オーナー代行は「育成は継続が重要。(今秋ドラフトで)最低3人、できれば4人の高校生をとり、強いチーム作りを心がけたい」と明かしていた。外野手は最大の補強ポイントとなる。平均年齢は30・1歳で「若い選手で外野の専門家がいない。筆頭候補になる」と球団関係者。3月23日開幕のセンバツでも密着マークし、10月25日のドラフト会議に向けて注視を続ける。

 ■ ヤクルト、強いチーム作りへ 球団社長「上位を目指して戦ってほしい」(SANSPO) 18/1/6

 ヤクルトが5日、球団事務所で仕事始めを迎え、衣笠球団社長兼オーナー代行は「(故障者が)順調に回復すれば、戦力が整う。上位を目指して戦ってほしい」とあいさつした。昨季は96敗を喫して最下位に終わり、小川監督が復帰。宮本ヘッドコーチらを加え、育成に力を入れる。同社長は「育成は継続しなければいけない。早い話になるが(今秋ドラフトで)最低3人、できれば4人の高校生をとり、強いチーム作りを心がけたい」と語った。

 ■ ヤクルト、D1村上の兄・友幸に注目!小川監督「楽しみ」(SANSPO) 17/12/30

 ヤクルトが、ドラフト1位・村上宗隆捕手(17)の2学年上の兄で、東海大の村上友幸投手(2年)をドラフト候補として注視していることが29日、分かった。友幸は最速148キロを誇る1メートル93の大型右腕。指名は早くても2019年だが、ヤクルトに入団すれば“兄弟選手”として大きな注目を集めそうだ。「2年生ですし、伸びしろがあります。まだオープン戦でしか投げていないけど、楽しみな投手身長が高く、他の選手より頭一つ抜けている。弟がドラフト1位だから刺激を受けているようです」と、17年まで東海大を担当した斉藤宜之スカウトが説明した。東海大熊本星翔高では2年秋からベンチ入りし、3年春の熊本県大会で準優勝。3年夏の県大会は8強で甲子園出場を逃したが、将来性を高く評価されていた。16年に東海大へ進学。今後の主戦投手候補の一人に挙がっている。「弟がプロに行くことになって、もっと頑張らないといけないと思いました。制球力と球の質、変化球の精度を上げたい」と飛躍を期す兄に、小川監督も「2年後にどうなるか楽しみ。村上のお父さんに『(兄を)よろしくお願いします』といわれた」と期待する。

  スカウトコメント

根尾・藤原(大阪桐蔭)|阿部健太スカウト|18/10/11
 「しっかりしている印象を持ちました」
吉田輝星(金足農)|橿渕スカウトグループデスク|18/8/24
 「素晴らしい投手。普通では投げられない浮き上がるような直球で、阪神藤川のような球質。元々高い評価をしていたが、連投ができるというので評価は上がった」
小園海斗(報徳学園)|橿淵スカウトグループデスク|18/8/13
 「スピードは以前から評価していたけれど、パワーもついてきた印象」
古谷拓郎(習志野)|球団関係者|18/7/20
 「投球フォームのバランスが素晴らしい。高い将来性を感じさせる。投手らしい投手で、タイプでいえばオリックスの金子千尋投手」
藤原恭大、根尾昂(ともに大阪桐蔭)|球団関係者|18/3/30
 「非常に良い。格の違いを見せつけてくれている」
藤原恭大(大阪桐蔭)|球団関係者|18/2/20
 「打撃が良くて、足もある。守備もうまい。現役時代の稲葉監督のようなイメージ。体が大きく、スケールを感じさせる」
 「若い選手で外野の専門家がいない。筆頭候補になる」
村上友幸(東海大)|小川監督|17/12/30
 「2年後にどうなるか楽しみ。村上のお父さんに『(兄を)よろしくお願いします』といわれた」
村上友幸(東海大)|斉藤宜之スカウト|17/12/30
 「2年生ですし、伸びしろがあります。まだオープン戦でしか投げていないけど、楽しみな投手。身長が高く、他の選手より頭一つ抜けている。弟がドラフト1位だから刺激を受けているようです」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-10-25(木)|球団別情報 | コメント(10) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
高校投手も必要
| 厚狭 | 2018年10月22日(Mon) 23:02 | URL #- [ 編集]
あと大学投手三人は欲しい
| 厚狭 | 2018年10月22日(Mon) 23:02 | URL #- [ 編集]
藤原でお願い
| 厚狭 | 2018年10月22日(Mon) 22:49 | URL #- [ 編集]
なんとなく1位で金足農業 吉田君に行きそうな雰囲気
それはそれでいいとして、大学左腕の中から鈴木投手(富士大)or高橋投手(八学大)あたりを2位で欲しいところです
ただ今年だと2位からは10番目の指名なんでそこまで残っているかどうかですね・・・
| 通りすがりの燕党 | 2018年10月13日(Sat) 09:59 | URL #- [ 編集]
この球団はもう少し独自路線のドラフトを展開するイメージがあるので
上位で社会人の左腕はきそうですね
トヨタの富山あたりですかね

したに出てる選手だと
日置と桐蔭中川桐蔭山田は進学らしいですよ
| bouncybob | 2018年08月29日(Wed) 03:34 | URL #- [ 編集]
2018ドラフト予想⑪
*投手とセンターライン強化!?
①根尾×→柿木(右投:大阪桐蔭)*大阪の星→神宮の星に!!
②高橋優(左投:八学大)*即戦力先発左腕(石川に次ぐ)
③頓宮(補:右右:亜大)*正捕手候補(中村FA資格による)
④日置(遊:右右:日大三)*未来の二遊間候補
⑤岡野(右投:東芝)*即戦力右腕
*⑥古谷(右投:習志野)⑦内野(外:右左:波佐見)⑧田宮(捕:右左:成田)etc高卒選手
| 上州の野球バカ | 2018年08月16日(Thu) 02:16 | URL #- [ 編集]
勝手にスワローズ2018ドラフト指名予想
1位 藤原 外 大阪桐蔭高
×→東妻 投 日本体育大
2位 清水 投 国学院大
3位 古谷 投 習志野高
4位 森下 外 東海大相模高
5位 石井 投 国士舘高
6位 山口 投 明桜高
| ウーロン茶 | 2018年07月31日(Tue) 07:44 | URL #- [ 編集]
2018年ヤクルトドラフト予想④
1:甲斐野×→米倉(右投/埼玉栄)
2:吉川(右投/パナソニック)
3:清水(右投/国学大)
4:河端(右投/青学大)
5:中川(内/右左/大阪桐蔭)
6:逢沢(外/左左/明大)
7:石橋(補/右右/関東一高)
8:石井(左投/国士舘高)
*抑え候補外したものの高卒上位のエース投手をあえて1位で。2~4位まで即戦力投手で予想してみました。
| 上州の野球バカ | 2018年05月31日(Thu) 17:30 | URL #- [ 編集]
2018年スワローズドラフト予想①
1:藤原(外.左左/大阪桐蔭)
2:吉川(右投/パナソニック)
3:柿木(右投/大阪桐蔭)
4:河端(右投/青学大)
5:内野(外.右左/波佐見)
6:釘宮(右投/立正大)
7:石井(左投/国士舘高)
*左打ちの外野と投手主体で!!
| 上州の野球バカ | 2018年04月28日(Sat) 06:17 | URL #- [ 編集]
1位小島投早大 福田投道都大
2位富山投トヨタ自動車
3位中山外法大
4位漆原投新潟福祉大
5位山田内大阪桐蔭
6位山崎投信濃グランセローズ
| ガルベス | 2017年12月31日(Sun) 16:23 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(10) Page Top↑