白村 明弘(慶大)|ドラフト・レポート

白村 明弘(慶大)

ここでは、「白村 明弘(慶大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



白村 明弘(慶大)

187cm84kg 右左 MAX153km スライダー・カーブ・ツーシーム 慶應義塾
抜群の切れを誇る153㌔直球とスライダー、130㌔台のツーシーム。3年秋の明大戦で8者連続奪三振。
2013年日本ハム6位(契約金3000万円、年俸750万円)

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   10春:          登板無し
   10秋: 2  0勝1敗   3.1  2  7  6  2  5.40
   11春: 7  2勝0敗  22.1  13  18  6  3  1.21
   11秋: 4  1勝1敗   13  9  14  7  3  2.08
   12春:          登板無し
   12秋: 9  4勝2敗  47.2  34  51  18  13  2.45( 8位)
   13春: 7  2勝4敗  44.1  46  33  24  22  4.47( 8位)
   13秋: 10  3勝3敗  29.2  23  23  13  9  2.73(10位)
   通算: 39 12勝11敗 160.1 127 146  74  52  2.92
          被安打率7.13 奪三振率8.20 四死球率4.15     

 【 全国大会 】
   11選   回数 被安 奪三 四死 自責
   東農生産   4  4  0  3  2 145㌔(神宮)

 ■ 甲子園成績

     試合 回数 被安 奪三 四死 自責
   09春: 1  8  5  11  3  3 143㌔

投手成績詳細

   10秋   回数 被安 奪三 四死 自責 
   東大    2  0  5  0  0 150㌔
   慶大 先 1.1  2  2  6  2 ●
        3.1  2  7  6  2 防5.40
    被安打率5.40 奪三振率18.90 四死球率16.20

   11春   回数 被安 奪三 四死 自責
   立大     2  0  1  1  0 144㌔
          2  1  1  0  0 ○
         2.1  2  3  0  0
   法大     2  0  4  0  0
   東大 先   7  4  4  3  1 ○ 
   明大     2  2  2  0  0 147㌔ 
      先   5  4  3  2  2
        22.1  13  18  6  3 防1.21
     被安打率5.24 奪三振率7.25 四死球率2.42

   11秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   東大 先   5  4  6  4  0 ○
   法大 先   6  3  7  2  2 ●
   明大     1  1  0  1  1
   立大     1  1  1  0  0 
         13  9  14  7  3 防2.08
     被安打率6.23 奪三振率9.69 四死球率4.85

   12秋   回数 被安 奪三 四死 自責
   立大     1  0  0  0  0 ○ 151㌔
      先  6.2  9  2  4  1   149㌔
   法大     2  0  1  0  0   149㌔
      先   8  4  8  3  3 ●
   東大 先   7  5  8  1  1 ○
   明大 先   6  3  11  4  2 ○
      先   7  3  6  1  0
      先   7  2  13  1  0 ○ 150㌔
   早大 先   3  8  2  4  6 ●
        47.2  34  51  18  13 防2.45
     被安打率6.42 奪三振率9.63 四死球率3.40

   13春   回数 被安 奪三 四死 自責 
   立大 先  5.1  9  5  5  5 ● 147㌔
      先  4.2  4  3  1  3   145㌔
   法大 先   7  7  5  6  4 ● 150㌔
   東大 先   9  6  10  2  1 ○
   明大 先   9  8  4  3  3 ○ 152㌔
      先   5  5  4  4  1 ● 147㌔
   早大 先  4.1  7  2  3  5 ● 151㌔
        44.1  46  33  24  22 防4.47
     被安打率9.34 奪三振率6.70 四死球率4.87

   13秋    回数 被安 奪三 四死 自責
   立大 先  3.1  7  0  2  3 ●
          2  0  1  0  0 ○ 147㌔
          2  1  0  1  0 ○
   法大 先   4  0  4  1  0   148㌔
          2  1  3  0  0 
         4.1  3  2  0  1 ○
   東大    3.2  3  5  1  0   145㌔
   明大    1.2  2  2  5  3 ●
   早大 先   5  5  6  3  2 ● 147㌔
         1.2  1  0  0  0
         29.2  23  23  13  9 防2.73
      被安打率6.98 奪三振率6.98 四死球率3.94

  最新記事

 ■ スマホやめます!日本ハム・ドラ6白村、野球一筋宣言(SANSPO) 13/11/16

 日本ハムは15日、ドラフト6位で指名した慶大の白村明弘投手(21)と契約金3000万円、年俸750万円で仮契約した。白村は「野球に集中したい」と1年目は誘惑を断ち、精神面の強化を図る決意を口にした。名門慶大からは珍しい下位指名でのプロ入り。白村はルーキーイヤーを“修行”の1年にする決意を語った。「野球一つを頑張っていきたい。外部と連絡を取らずに集中したい」。最速153キロを誇る右腕は3年時、合宿所生活で規則違反を犯して春のリーグ戦を謹慎した。大渕スカウトディレクターは「能力のある子。でも自分に甘くて勝負の世界の人間としては未熟。あとは精神面」と、1年目は2軍で精神面を教育する予定を明らかにした。右腕はドラフトで指名を受けると、投稿サイト「ツイッター」を閉鎖した。愛用のスマートフォンをも捨てる覚悟で、「使うのはメールくらいに」とスマホをガラケーに変えることを検討中。無料通信アプリ「LINE」もやめる予定だ。本拠地・札幌の歓楽街ススキノにも「興味はない。1人の時間を大事にしたい」と決意は固い。同学年である広島の1位指名、大瀬良(九州共立大)は侍ジャパンの一員として日の丸を背負った。「悔しいですね。インタビューを見て精神的な強さを感じた。そこを強くしたい」。6位指名のため、年俸は最高額の半分(750万円)からのスタート。「ここから上げていきたい」と意気込む1メートル87のイケメン慶応ボーイはあらゆる誘惑を断ち、“修行”をまっとうする。
 最速153キロの右腕は2年時に合宿所生活で規則違反を犯し、8カ月にわたって謹慎を受けた。その後も慢心があったといい、「謹慎でも変われなかった。でも一度は死んで生き返らせてもらった。なんとか恩返しをしたい」。大渕スカウトディレクターは「彼のように力を生かし切れていない子花開かせるのがわれわれの仕事」と球団としてサポートしていく構え。(夕刊フジ)
 山田GMが「思いがけない投手が入った」と喜んだ拾いものの1人が、6位で指名できた慶大・白村明弘投手(21)だ。昨秋には今回のドラフトの目玉と嘱望されていた。しかし今年に入って精彩を欠き評価は急落。本人もドラフトを前に「(指名は)無理だと思うので、気持ちを整理しておこうと思う」と弱音を漏らし、この日も上位で名前が呼ばれなかった時点で「終わった」と思ったという。それもそのはず。慶大は使い捨てにされやすい下位指名は基本的にお断りの方針だからだ。無理をしてプロに行く必要はなく、大企業にOBがいくらでもいるから、就職先には事欠かないのだ。上位指名に値しない評価になった時点で、普通の球団なら手を引くところ。一昨年に巨人と相思相愛の菅野、昨年に米球界行きを表明していた大谷を強行指名しただけに今回も特攻したかと思いきや、山田GMは「その辺の了解は得ている」。根回しを済ませていた。本人のプロ入りの意志が強いのはもちろんだが、OBが仕事を世話しにくい事情も。実は2年時に規律を乱して監督から自主休部を勧告され、8カ月謹慎した過去があるのだ。投手としてもまだ荒削りだが、山田GMは「素材はいいから楽しみ」と潜在能力の開花を期待している。(夕刊フジ)

 ■ 慶大・白村4回までに2失点/東京6大学(日刊スポーツ) 13/11/2

 開幕戦以来今季2度目の先発を任された慶大・白村明弘投手(4年=慶応)が4回までに2点を失い、初戦の勝利を逃した。6三振を奪う力投だったが、走者を置いた場面でともに長打を許してしまった。「点はとられたけど、楽しんで投げられた。欲を言えば、0で抑えたかったです」と振り返った。日本ハムから6位の指名を受けたあと、この日が初登板だった。「指名順位は関係ない。これからも毎日トレーニングして、キャンプでビックリさせてやろうかな」と話していた。

 ■ 慶大・白村、日本ハム6位指名に「ホッ」(日刊スポーツ) 13/10/25

 慶大・白村明弘投手(4年=慶応)は、日本ハムから6位指名された。横浜市内の同大で会見し「3巡目くらいでも名前が呼ばれずに『もうダメだ』と、正直あきらめたんですけどホッとしているのが正直な気持ちです。大瀬良や杉浦、岩貞、みんな上位なので、負けないように頑張りたいです」と話した。

過去記事

 ■ ドラフト候補の慶大・白村が誤算/東京六大学(SANSPO) 13/10/21

 慶大は4カード目で今季初めて勝ち点を落とし、自力優勝がなくなった。誤算は救援したドラフト候補右腕の白村。八回は3四死球の後に逆転の二塁打を浴び「ブルペンでは腕が振れていたが、ツーシームが決まらなかった」と肩を落とした。江藤監督は「プロに行こうとしているやつが何だよ。あそこでストライクが入らないかな」とエースを突き放した。
 逆転二塁打を浴びて敗れた白村は、「ピンチになったら自分だと思っていた。タイミングが合っていないと思って(真っすぐを)投げたがシュートして中へ入ってしまった」とガックリ。24日のドラフト会議も「(指名を)待つだけですが、無理だと思うので、気持ちを整理しておこうと思います」というだけだった。(SANSPO)
 今春は2勝4敗と苦しんだが、最速153キロを誇る自慢の直球が戻ってきた。「優等生はやめました。秋はオラオラ投球でいきます」と、中継ぎ兼守護神となった今秋はすでに3勝。強く腕を振って投げる直球に、ツーシームやスライダーが魅力。岐阜・美濃加茂市出身で、地元に近い中日高評価するなど、10球団から調査書が届いている。(日刊スポーツ)

 ■ 慶大・白村、4回ノーヒッ投も不満/東京六大学(SANSPO) 13/9/29

 ラフト候補のエース右腕・白村(はくむら)が六回からの4回を無安打1四球4三振無失点最速は148キロで「ツーシームがよかったけど、まだストレートは納得できない」と不満を口にした。中日・中田スカウト部長は「ストレートで空振りのとれる数少ない投手あとは先発できるようになってくるかだね」と見守っていた。

 ■ 慶大・白村 “オラオラ”復活通算10勝(スポニチ) 13/9/18

 2回戦2試合が行われ、慶大が立大との延長戦を4―3で制し、1勝1敗のタイとした。9回途中から救援した今秋ドラフト候補右腕・白村明弘投手(4年)は2回を無安打無失点でリーグ戦通算10勝目。最後の打者を遊ゴロに仕留めた慶大・白村。9回途中から2回を完全救援で雄叫びを上げた。「(投球内容は)あまり覚えていない。自分はもともとオラオラ系なので、優等生はもうやめます。ここまで来たら精神面が大事」。強気な発言が復活を予感させた。14日の立大との開幕戦では4回途中5失点で降板。試合後に亜大のエース・九里から「打てるものなら打ってみろという球は打たれない」とメールをもらい、気持ちを切り替えた。台風18号の影響で2日間、試合が流れたが、16日にはブルペンで約200球の投げ込み。この日は2年ぶりというワインドアップから、最速147キロを投げ込んだ。一塁手の松本大からは「上から見下ろして投げろ」と声を掛けられ、「みんなに救われた」と感謝した。振りかぶる投球フォームに変更する姿に、広島・苑田聡彦スカウト統括部長は「何とか自分の感覚をつかみたいという向上心があるのはいいこと」と評した。「どこでも全力でやるだけ」と話すドラフト上位候補右腕が、最後の秋に強気を取り戻した。

 ■ 慶大・白村5失点KO/東京6大学(日刊スポーツ) 13/9/14

 慶大のドラフト候補、白村明弘投手(4年=慶応)が、4回途中7安打5失点(自責3)でKOされた。三振は0個で、4回まで毎回先頭打者を走者に出した。「ドラフトもあるし、チームの優勝もある。今までにないくらい集中したけど、緊張してしまった」と悔やんだ。
 夏場を迎えても、江藤省三監督の白村評は相変わらず厳しいままだった。「何でも言い訳ばかりでしょ?それじゃ強くなれないよ。春が終わってからスカウトも来ていない。それが今の彼に対する評価ですよ」。ただ、厳しく接するのは愛情の裏返し。「素質や体格は素晴らしいものを持っている」と、白村の潜在能力を人一倍評価しているのも江藤監督である。それを生かし切れていないもどかしさが、言葉に出てしまうのだ。(大学野球2013秋季リーグ戦展望号)

 ■ 慶応白村完投、藤本先制弾/東京6大学(日刊スポーツ) 13/5/19

 ドラフト候補の白村明弘投手(4年=慶応)が9回148球を投げて8安打3失点で完投した。打っては2回に5番藤本知輝外野手(3年=慶応)が先制2ランを放つなど、2安打3打点と活躍した。「(本塁打は)完璧でした」と興奮した。

 ■ プロ注目の慶大・白村 今季初勝利(スポニチ) 13/5/5

 ドラフト候補の慶大エース・白村が6安打2失点で完投し、今季初勝利を挙げた。「真っすぐが走っていた」と140キロ台中盤の直球で押した。3、4回に1点ずつ失ったが、5回以降は立ち直り、わずか1安打に封じた。今季はこれまで3試合に先発したが2敗を喫し「この1カ月は歯がゆかった。考えすぎていた」。この日は思い切り腕を振り、10三振を奪い「思い通りに投げられました」とホッとした様子だった。
 春季リーグ戦が開幕した。慶大はドラフト1位候補の153キロ右腕・白村明弘(4年)が自己ワーストの7失点で6回途中KOされ、立大に敗れた。エースの白村は、反省しきりの開幕戦初先発だった。3回に味方の守備のミスもあり、1死三塁のピンチ。ここであっさり先制打を許すと、直後の岡部通織への「置きに行った」初球を右翼席に運ばれた。結局、6回途中7失点(自責5)で降板し「味方の悪い流れを引きずってしまった。エースとして自分が断たないといけなかった」。江藤省三監督(70)は「本人が投げたいと言うだろうから」と連投を示唆した。(スポーツ報知4/14)

 ■ 【東京六大学】慶大・白村、6回途中7失点KO(スポーツ報知) 13/4/14

 春季リーグ戦が開幕した。慶大はドラフト1位候補の153キロ右腕・白村明弘(4年)が自己ワーストの7失点で6回途中KOされ、立大に敗れた。エースの白村は、反省しきりの開幕戦初先発だった。3回に味方の守備のミスもあり、1死三塁のピンチ。ここであっさり先制打を許すと、直後の岡部通織への「置きに行った」初球を右翼席に運ばれた。結局、6回途中7失点(自責5)で降板し「味方の悪い流れを引きずってしまった。エースとして自分が断たないといけなかった」。江藤省三監督(70)は「本人が投げたいと言うだろうから」と連投を示唆した。

 ■ 巨人1位候補、慶大・白村が本格始動(スポーツ報知) 13/2/3

 東京六大学リーグの慶大が2日、横浜市内のグラウンドで本格始動した。今秋ドラフトの目玉・白村明弘投手(3年)は早速ブルペンに入って好調をアピール。MAX153キロ右腕を1位候補に挙げている巨人は、山下スカウト部長ら4人があいさつに訪れた。自信が顔に表れていた。「プロの練習を意識した」と“キャンプイン初日”のブルペンにこだわった。35球の投球練習を終えると「大学で日本一になりたい。優勝したいです」と、4季ぶりのリーグVを目標に掲げた。山下スカウト部長が「順調なら1位に入ってくる」と徹底マークする逸材。本人も「大学からプロに入るからには即戦力で」と自覚している。「(九州共立大の)大瀬良君や(亜大の)九里君には負けたくない」。チームを頂点に導くために、大学NO1投手の称号にこだわる。
 進路については「即戦力として行きたい」と、昨年中日から1位指名を受けた先輩・福谷と同じく1位でのプロ入りを目標とした。この日は巨人とDeNAのスカウトが視察。地元球団のDeNA・河原隆一スカウトは「上背があって、注目度は高い。期待しています」と評価を口にした。(スポニチ)

 ■ 慶大練習納め 白村来季は155キロだ!(日刊スポーツ) 12/12/22

 東京6大学リーグの慶大が22日、横浜市内の同大で練習納めを行った。今年のリーグ戦は春秋ともに3位だった。秋4勝を挙げた153キロ右腕、白村明弘投手(3年=慶応)は「来年もっと頼られるならうれしい。やりがいは感じてもプレッシャーはない」とエースの自覚十分だ。自慢の直球についても「まず155キロいけたら」と話し、リーグ最速タイ記録を狙っていく。堀野真主将(3年=掛川西)は「主力が4年生だったのでごっそり抜けましたけど、それでも来年は日本一を期待される。慶応ですから。冷静に足元を固めて、リーグ戦から1つずつ勝っていきたい」と話した。

 ■ 慶大・白村 8者連続!7回13K 逆転Vに望み(スポニチ) 12/10/17

 4回戦1試合が行われた。慶大は先発の白村明弘投手(3年)が7回を無失点8者連続を含む13奪三振をマーク。打線は6回に横尾俊建内野手(1年)が今季1号ソロを放って明大を下し、2勝1敗1分けで勝ち点3とし、逆転優勝に望みをつないだ。この結果、慶大、法大、早大、明大の4校が勝ち点3で並ぶ混戦となった。2日連続で先発した白村が奪三振ショーを演じた。初回2死二塁で岡大からスライダーで空振り三振を奪うと、4回の先頭打者まで8者連続三振。OBの長田秀一郎(西武)らが記録したリーグ記録にあと1と迫る快投に「三振は数えていた。(記録に届かず)悔しい。でも勝てたので良かった」と振り返った。最速150キロの直球を主体に7回2安打無失点で今季4勝目。慶応高では甲子園も経験している右腕は「真っすぐで空振りを取るのが持ち味。スライダーも切れていた」と疲れを感じさせなかった。

 ■ “錬さんボール”の成果!慶大・山崎錬 サヨナラ弾(スポニチ) 12/9/9

 秋季リーグが開幕し、2試合が行われた。第2試合では今春3位の慶大・山崎錬主将(4年)が、同点の9回に自身初のサヨナラ本塁打となる2ランを放ち、立大を6―4で下した。
 ▼慶大・白村(9回に4番手で登板し1回無失点で今季初勝利)点を取られるわけにはいかなかった。勝ち星はラッキーです。

 やや制球バラツキながらも、最速151㌔、140㌔台後半を連発でした。
 先発した2回戦でもコンスタントに140㌔台後半を記録。スピード能力は健在ですね。
 春はベンチを外れ、投げることが出来なかった分、肉体改造に着手していたようです。

 ■ 慶大・白村、先発勝利に声弾む(SANSPO) 11/5/1

 慶大の白村が先発での初白星を手にした。リーグ戦初勝利が救援だった2年生右腕は「やっと僕の中で大学野球が始まった感じ」と声を弾ませた。初先発した昨秋の立大戦は自分を見失って二回途中を5失点。この日は制球を磨いてきたチェンジアップなど変化球が効果的で、7回1失点だった。「自分の力を出せる状態で楽しみにしていた」。バットでも3点二塁打を放ち、快勝の立役者となった。

 ■ 慶大連覇へ新星!1年・白村が2回5Kデビュー(スポニチ) 10/9/12

 慶大は1年生の白村が8回からリーグ戦初登板。最速150キロの直球を武器に、2回打者6人から5三振を奪う力投を見せた。140キロの高速チェンジアップも披露した右腕は「緊張はありませんでした。順調過ぎ。春に出られなかった悔しさがあった。秋は1勝して155キロを出したい」と汗をぬぐった。慶応で09年センバツに出場。ドラフト上位候補にも挙げられた本格派も、今春は右肩痛で出番はなかった。それでも6月の新人戦では153キロをマークするなど順調に回復。19年ぶりの連覇を狙う江藤監督は「よかった。そのうち先発で使う。あれ(白村)は先発タイプだよ」とご満悦だった。

 ■ 白村153キロデビュー!慶大アベックV王手(スポニチ) 10/6/3

 東京六大学野球リーグ春季新人戦第2日は2日、神宮球場で準決勝2試合が行われた。第1試合は、今春11季ぶりにリーグ優勝を果たした慶大が法大を4―1で下し、アベックVに王手。3点リードの9回にマウンドに上がった慶大の白村が鮮烈デビューを飾った。1死から8番・平野の4球目に、自己最速を5キロも上回る153キロをマーク。「ボードで見ました。えっ?という感じ。驚いてその後は覚えていません」。150キロ以上を3度記録し、1安打無失点で締めた1年生右腕は半信半疑の表情だった。昨春は慶応のエースとして甲子園に出場。65年のドラフト開始以降では、同校から初の直接プロ入りかと注目を集めたが、悩んだ末に「4年後でも遅くない」と進学を決意した。今春は投げ込み過多で右肩を負傷。リーグ戦には間に合わず、31日のリーグ優勝パレードで清掃係を務めた悔しさを、新人戦にぶつけた。試合を見守った江藤監督は「153キロ?間違いだろ。白村は精神が伴えば恐ろしい投手になるよ」と今秋以降の活躍に期待を寄せた。

      新人戦:法大 1回 被安1 奪三0 四死0 自責0 153㌔

 慶大は152㌔福谷(2年)、148㌔山形(1年)、そして153㌔白村と力のある球を持つ投手が
 下級生に増え今後楽しみが多いですね。

 ■ プロ注目の慶応・白村 進路“固まった”(スポニチ) 09/7/27

 慶大進学かプロ入りかが注目されていた慶応の148キロ右腕・白村明弘投手が進学の意向を固めていることが26日、分かった。今夏の神奈川大会前には「プロでやってみたい気持ちもある」とドラフト制以降では同校初となる直接プロ入りも示唆していたが、20日の3回戦で桐蔭学園に敗れてから関係者との話し合いで進学の意思を明かしたという。現在は岐阜の実家に帰省中。上田監督は「最終的な決定は彼が上京する8月になるが、進学の方向」と話した。

 ■ 日米13球団注目も…慶応・白村の夏終わる(スポニチ) 09/7/21

 3失点完投もむなしく3回戦で敗退。「思い切り投げたから悔いはない。いやあ楽しかった。でも力みすぎた」。泣き崩れる仲間に「わりい」と声を掛けると、こらえていた涙があふれ出た。神奈川大会史上初となる4季連続甲子園出場がかかった夏だった。初戦の登板を回避し、今夏初登板したドラフト候補右腕を視察するために日米13球団のスカウトが集結した。初回3四球と苦しい立ち上がり。自己最速148キロをマークしたが、2回に先制点を献上、7回にもスライダーを痛打され2点目を失った。8回は「僕の真っすぐをそう簡単にスクイズできないと思った。やれるもんならやってみろと思った」と強気で攻めたが、スクイズで追加点を許してしまった。6月に腰を痛め、投球の幅を広げるチェンジアップを習得しきれないまま夏に突入。さらに、力むあまりテークバックが大きくなった。多くのスカウト陣もセンバツ出場時のコンパクトなテークバックが影を潜めたことを指摘。モーションの大きさを突かれ、重盗を含む4盗塁を許した。それでもブレーブスの大屋国際スカウトは「天性のバネがある。上原(オリオールズ)みたい」と素質を認め、ロッテ・松本スカウティングバイザーも「上位(指名候補)に入る」と評価した。進路について母・郁子さんは「勉強して大学に行ってほしい」と話したが、白村は「親や監督と相談する」と21日にも話し合いの場を持つ予定だ。

   8回 被安7 奪三3 四死球6 失点3 MAX148㌔
   巨人・阪神・横浜・千葉ロッテなど日本11球団、ブレーブス、メッツのメジャー2球団が視察


 力みもあり球数多く四死球6個、ランナーを背負いながらも粘りの投球で8回3失点。
 依然荒削りで高校3年間では完成に至らず欠点はあるものの最速は148㌔、その数字以上に
 球の勢いに素晴らしいものを見せ変わらず魅力的な投手に感じました。
 盗塁4個に犠打5個、機動力、小技を絡め着実に得点を重ねた桐蔭学園が勝利、桐蔭投手
 陣も良い投球でしたね。両チーム好守で締まった好試合。
 進路については「プロで鍛えたいという気持ちもある。監督と親と相談して、自分でしっかり
 悩んで決めます」とコメント。母親は進学希望、本人は五分五分、これから熟考に入るとのこと。

 ■ 巨人も視察 慶大進学か…プロ入りか…(スポニチ) 09/6/29

 慶応は28日の早実との練習試合に147キロ右腕・白村が先発。156球で完投勝利を飾った。8安打4失点ながら最速144キロを記録し7奪三振。「2年前の早慶戦(練習試合で3回7失点)のリベンジができた」と4季連続甲子園へ弾みをつけた。慶大進学か同校初の直接プロ入りか進路が注目されるが「悩んでいます。(プロは)選択肢にあります」。この日は巨人ソフトバンクなど5球団が視察。巨人の中村スカウトは「夏でさらに評価を上げれば(今秋ドラフトで)上位24人(2巡目)に入る」と話した。

 ■ 別人になった慶応エース・白村(SANSPO) 09/3/24

 五回まで内野安打2本だけの7奪三振。評判通りの快投を見せていた本格派右腕が、六回に先取点が入った直後に別人となった。急にストライクが入らなくなる悪い癖。焦りで自分を見失ってしまう。克服したはずだった精神面の弱さが大舞台で露呈してしまった。このままでは終われない。「芯の強い投手になりたい」とエースが誓った。

      試合  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 被安率 奪三率 四死率
   08秋神: 1  3.1  2  6  2  0  0.00  5.40 16.20  5.40
   08秋公: 10  61.1  28  67  26  4  0.59  4.11  9.83  3.82
   08秋全: 16 101.1  50 110  53  9  0.80  4.44  9.77  4.71

 常時140キロ前後の直球には勢いがあり開星打撃陣も振り遅れ。
 ランナーが出たときの投球、スタミナなど課題も依然ありつつその資質の高さはやはり魅力的。
 真価は夏に発揮してもらいましょう。

     

 ヒジが柔らかく加えて躍動感、恵まれたバネ。球を前でリリース。
 球の伸び・キレを生み出す源はこのあたりでしょうか。

 ■ 慶応エース白村「まずは1勝」/センバツ(日刊スポーツ) 09/1/24

 3季連続出場の慶応はエース白村明弘(2年)が進学校では異例の直接プロ入りする可能性が浮上した。進学率100%の同校では超異例の直接プロ入りを視野に入れる。上田誠監督(51)は「今の段階では、選択肢の1つ。スカウトの方からの連絡も、例年とは全然量が違う」と話す。安定した慶大進学と決めたわけではない。岐阜県出身の白村は、両親に楽をさせたいという思いもある。すでにスカウト陣の間では「直接プロの可能性もある」との情報が回る。結論はまだ先だが、すでに10球団以上が興味を示している。昨秋の神宮大会は腰痛の影響で決勝の天理戦だけの登板だった。今月中旬から投球練習を再開し、カーブ、スライダーに加えてチェンジアップの習得に乗り出した。体重は5キロ増の77キロになり力は増した。「世代最強が目標です」。力道山の孫、先輩田村の闘魂ピッチングが目標。

 調整不足で臨んだ神宮ではバラツキがありながらも高い資質を感じさせる投球。
 体も大きくなり腰の状態も回復とのことでいよいよ楽しみ。
 プロ入りも選択肢の一つ、プロ10球団以上が興味と注目度高いですね。

 ■ ダルビッシュ似 最速146キロの慶応高右腕に熱視線(スポニチ) 08/11/29

 白村(はくむら)明弘投手は185センチ、73キロと細身ながら、右上手から独特のひじの使い方で繰り出す直球は最速146キロ。この秋、白村は腰痛に苦しんだ。秋の神奈川大会で6試合を1人で投げ抜き、関東大会も大半を投げた。その代償で筋膜炎を患った。関東大会以降はノースローで調整を進めた。明治神宮大会では決勝の天理高(奈良)戦で、1点差に迫られた6回にようやく出番となった。速球で押し、優勝の瞬間をマウンドで迎えた。ナインの祝福に、苦しい日々を思ったのか涙がこぼれていた。米大リーグで活躍する松坂投手(レッドソックス)の同期が「松坂世代」と呼ばれたように「いつかは“白村世代”と呼ばれるぐらい目標を高くしていきたい」と話す。

 ■ 初登板のエース白村が好投(毎日jp) 08/11/19

 1点差に迫られた六回、慶応の上田監督は、この大会初めて、白村をマウンドへ送った。腰痛のため約2週間、投球練習をしていなかったというエースは今大会、1年生の明、滝本の好投を見ながら「早く自分も投げたい」とうずうずしていたという。とはいえ、二死一塁の場面を三振で切り抜けても七回は制球が定まらない。しかし、失策絡みで同点に追いつかれてから、本領を発揮した。八回に自らの安打をきっかけに勝ち越し点が入った。「打つと乗れるタイプ」と自ら言う通り、その裏は見違えるような投球を披露した。先頭の3番・西浦へは、光星学院の下沖と並ぶ今大会最速の146キロの直球を繰り出し三振を奪う。球速表示以上に伸びが感じられる球で、後続を連続で二ゴロに打ち取り、三者凡退。「今日は腰が壊れても投げようと思った」と気合のほどを表現した。

 打者10人から6奪三振の好リリーフで92年ぶりの日本一。最速146キロ記録。
 全体的な球速表示はさほどながら球の伸びには素晴らしいものがありましたね。
 故障には気をつけてもらい順調な成長を期待したいところ。

 ■ 慶応、49年ぶりV王手(SANSPO) 08/11/5

 準決勝2試合を行い、神奈川王者の慶応が前橋商(群馬)を8-4で破り、2年連続の決勝進出となった。慶応は49年ぶりの関東大会優勝に王手をかけた。エースの白村(はくむら)が疲労性の腰痛をこらえながら2回を1安打無失点に抑え、三回からは左翼の守備につき4打数3安打3打点。3番手で登板のルーキー瀧本は「いつもは辛そうなところを見せない白村さんが、きのう(の試合後)は苦しそうでした」とその姿に奮起、公式戦初登板ながら4回を3安打無失点に抑えた。49年ぶりの関東大会制覇へ。エースが痛みを押して優勝へと導いてみせる。

 二回戦でも腰痛をおして170球。
 2回で腰痛限界、降板とのことで心配ですが打っては猛打賞。
 重症ではないようですね。
 決勝では習志野を9対6で破り慶応は49年ぶり2度目の優勝!

 ■ 神奈川・慶応、センバツ当確/秋季大会(SANSPO) 08/11/4

 最後の打者を捕邪飛に打ち取ると、白村は駆け寄った三塁手の石黒と抱き合い、雄たけびをあげた。「腰が痛くてまずいと思ったんですけど、気合で痛みを消しました」。この秋は県大会から1人で投げ抜き、これが7試合目蓄積疲労による腰痛をおして170球の激投だ。制球が定まらない一回に安打と3四球で先制点を与えた。「前なら崩れていたけど、背番号1を背負っているので」。1メートル84、73キロのMAX146キロ右腕は、エースの自覚十分だ。今夏の背番号1で、1学年上の“力道山の孫”田村圭投手を尊敬する。「兄貴分です。ぼくも気合で投げるタイプ。少しでも近づけたら」。投球時の雄たけびも、田村譲りだった。今春、今夏に続く3季連続の甲子園を確実にした。「甲子園では、まだ投げたことがない。(全国8強の)夏が終わったときも、これで終わりじゃないと自分に言い聞かせました」。05年センバツ8強に感動し、慶応で甲子園に出るために岐阜からやってきた童顔エースは、晴れ舞台での活躍を夢見た。

 (秋季関東大会)
  二回戦:木更津総合 9回 9奪三振 3失点
  準決勝:前橋商   2回 1安打  無失点
  決 勝:習志野   3回 4安打  無失点

 ■ 日藤と慶応が関東切符(神奈川新聞) 08/10/4

 慶応が2年連続9度目の関東大会出場を決めた。慶応は右腕白村明弘(2年)が投げては4安打1失点打っては3安打2打点1得点で全3得点に絡むなど、エースの投打にわたる活躍で日大に3―1で勝利した。

 ■ 慶応・白村、投打で活躍、コールド勝ち(SANSPO) 08/9/14

 今夏の北神奈川大会決勝の再戦となった試合は、慶応が東海大相模に8-1で七回コールド勝ちした。白村が7回3安打1失点の好投。打っては2安打2打点の活躍に「(ベンチ入りした今夏の甲子園で)1球の大事さを学んだ。全然緊張しなかった」と14日の4回戦(対鎌倉)へ気持ちを切り替えた。上田監督は「どうしたんでしょう。甲子園で先輩たちを見ていたからかな」と成長ぶりに目を細めた。

 (秋季神奈川県大会)
   2 回 戦:座間    7回コールド 無失点
   3 回 戦:東海大相模 7回コールド 3安打 1失点
   4 回 戦:鎌倉    5回コールド 無失点
   準々決勝:桐光学園  7回コールド 2安打 無失点
   準 決 勝:日大    9回     4安打 1失点
   決  勝:日大藤沢  9回     1安打 1失点


 44回を投げて3失点。
 東海大相模を7回3安打、桐光学園を7回2安打、日大藤沢を9回1安打など
 強豪を抑えこみ秋にいよいよ台頭。慶応は49年ぶりの優勝。
 神奈川のドラフト候補、打では既に全国区で注目される筒香。
 投ではこの白村が注目株となってくるかもしれないですね。

 ■ 白村5回13K 慶応三振ラッシュで快勝(スポーツ報知)  08/7/20

 46年ぶりの夏出場を目指す慶応が、「第4の男」の快投で6回コールド勝ちした。先発の146キロ右腕・白村明弘(2年)が5回を1安打、13奪三振と圧巻の内容。「安打を打たすつもりは無かった」。球速こそ138キロ止まりだったが、抜群のキレ味でつけ入るスキを与えなかった。春の大会4回戦・桐光学園相手では、2番手で登板し、8連続ボール。2四球で即座に交代を命じられた。試合後、「来年のエースはお前しかいないのだから」上田誠監督(50)に励まされ、反省や課題を毎日ノートにつづって変身した。6回からは注目の田村が登板し、3奪三振。「きょうは感触を試しただけ。まだ慣らし」と余裕の一言で振り返ったが、白村、田村の2人は18個のアウトのうち16個を三振で奪い、投手陣の充実ぶりをうかがわせた。

       試合 回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   08夏予選: 2  6  1  13  3  0   0.00
      被安打率1.50 奪三振率19.50 四死球率4.50

 制球不安もあり田村・只野の影に隠れていたが夏予選・鶴見高戦では5回を投げて
 6者連続を含む13奪三振。2試合と登板は少ないながら抜群の成績。
 キレの良い速球・スライダーを武器に奪三振率は脅威の19.50!

 ■ 6回ナデ斬り!慶応ボーイズ16Kリレー(スポニチ) 08/7/20

 厳しい夏の大会を勝ち抜くために、上田監督はさらなる投手陣の補強に取り組んできた。2年生の白村は制球の甘さから一本立ちできないでいたが、徹底した投げ込みで克服。この夏は2戦で計6回で1安打無失点と成果を残している。

  プロフィール

 岐阜県美濃加茂市生まれ。
 白村 明弘(はくむら・あきひろ)投手。
 美濃加茂高の監督・信幸氏を父に持ち、小学3年から野球を始める。
 美濃加茂東中時代は岐阜ビクトリーズに所属し、外野手を経て3年夏から投手専念。
 当時から139㌔を記録し、プロを目指して激戦区・神奈川、文武両道を掲げて慶応を選択した。

 慶応義塾高では1年春からベンチ入り。
 同年秋には142㌔を計測し、上級生を凌ぐ資質の持ち主として、1年時から注目されていた。
 制球力、安定感に不安が残り、2年春夏に出場した甲子園での登板機会は無し。
 夏の県大会3回戦・鶴見戦で5回1安打無失点、6者連続含む13奪三振の快投を披露している。
 2年秋に主戦の座を獲得し、49年ぶりとなる関東大会V、神宮大会初Vを達成。
 終盤に疲労性の腰痛を抱え、神宮大会での登板は、決勝での3.1イニングに留まったが、
 61.1回で67奪三振、防御率0.59の好投を演じ、5番打者としても打率.472の好成績をマークした。
 3年春選抜はメンタル・スタミナに課題を残し、開星を5安打に抑えながら1対4で逆転負け。
 伸びのある143㌔直球で5回を2安打7K無失点に封じ、敗戦の中で好資質の一端を披露している。
 3年夏の大会には日米13球団が集結したが、桐蔭学園に1対3で敗れ県大会3回戦敗退。
 プロと進学とで五分五分としながらも、最終的には慶大進学を選択した。

 慶大進学後1年春は右肩を痛め、リーグ戦での登板機会は無し。
 新人戦・法大戦で大学初登板を果たし、抑えとして最速5㌔更新の153㌔を記録。
 1年秋の開幕戦・東大1回戦に2番手として起用され、2回5奪三振の完全救援でデビューを飾る。
 2年春は主にセットアッパーとして2勝を挙げ、防御率1.21の好成績で優勝に貢献。
 大学選手権では東農大生産学部戦に先発し、4回4安打3四球2失点の粘投を披露した。
 その後秩序を乱す行動により、2年秋途中に監督から休部勧告を受け、3年7月末まで戦列を離れる。
 復帰を認められた3年秋にチーム最多47.2回を投げ、自己最多4勝、リーグ最多51Kをマーク。
 明大4回戦で連盟記録にあと1と迫る8者連続三振を奪い、7回2安打13K無失点の快投を披露した。
 飛躍を期した4年春は制球の甘さが解消されず、44.1回24四死球で4点台の防御率に低迷。
 東大1回戦で10奪三振2失点初完投勝利、続く明大1回戦で8安打3失点完投勝利を挙げている。
 救援中心に起用された4年秋も資質開化とはならず、防御率2.73、勝ち点3での4位に終わった。
 リーグ通算39試合、12勝(2完投0完封)11敗、160回1/3、146奪三振、防御率2.92。

 187cm84kg、長身細身の本格派右腕。
 ワインドアップから重心を下げ、開き早めに肘を柔らかく使い、遅れ気味に出て来る腕の振りから
 繰り出す最速153㌔、常時140㌔台前半から後半の角度の付いた伸びのあるストレートと
 120㌔台の鋭い縦のスライダー、130㌔台から140㌔前後で落ちるツーシーム、110㌔台の縦のカーブ。
 福谷浩司(中日12年1位)から握りを教わり、大学進学後にツーシームを修得した。
 球速以上の切れを誇る直球が武器。しっかりと胸を張り、球持ち良い鋭い腕の振りから投げ込む。
 リーグ通算160.1回で74四死球。ストライク、ボールのバラツキがあり、甘いボールもやや多い。
 遠投120mの強肩、50m6秒1の瞬発力、高い身体能力を備える。
 潜在能力はトップクラス、負けん気の強さも魅力。

  スカウトコメント

日本ハム・大渕スカウトディレクター|13/11/16
 「能力のある子。でも自分に甘くて勝負の世界の人間としては未熟。あとは精神面」
 「彼のように力を生かし切れていない子を花開かせるのがわれわれの仕事」
日本ハム・大渕スカウトディレクター|13/11/9
 「彼は授かった身体能力を生かしていない。次のステージでやり切ってほしい」
中日・中田スカウト部長|13/9/29
 「ストレートで空振りのとれる数少ない投手。あとは先発できるようになってくるかだね」
広島・苑田聡彦スカウト統括部長|13/9/18
 「何とか自分の感覚をつかみたいという向上心があるのはいいこと」
巨人・山下スカウト部長|13/2/3
 「順調なら1位に入ってくる」
DeNA・河原隆一スカウト|13/2/3
 「上背があって、注目度は高い。期待しています」
巨人・山下哲治スカウト部長|12/12/5
 「ボールのキレ、角度、球持ちも良い。150キロも出しているし、来年の目玉です」
広島・苑田聡彦スカウト部長|12/12/5
 「高めの真っすぐで空振りが取れるのは、プロでもいない。低め、低めと言われるが、実は高めの方が打ちにくい。2012年候補と並べても、NO.1」
巨人・藤本スカウト|09/7/21
 「立ち上がりで神経質になりすぎたが、ストレートは角度があるし、キレもある。高校生ではトップクラス」
ロッテ・松本スカウティングバイザー|09/7/21
 「上位(指名候補)に入る」
日本ハム・山田GM|09/7/21
 「初回は力んでたけど、今後が楽しみ」
ブレーブス・大屋国際スカウト|09/7/21
 「上原(オリオールズ)のような、天性のバネの強さがある」
 「ストレートにスピンがかかってるから振ってしまう」
 「(3回以降の)テンポの良さは、若いときの上原(現オリオールズ)に似ている。スピンのかかった真っすぐだね」
巨人・中村スカウト|09/6/29
 「夏でさらに評価を上げれば(今秋ドラフトで)上位24人(2巡目)に入る」
巨人・山下部長|09年春
 「直球は140キロを超え、ブレーキの効いたカーブもある。線が細く、独特の腕の振りで欠点もあるが、成長が楽しみ」
 
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況





 Comments
この記事へのコメント
世代最強を目指せ
| 7年来のファン | 2013年10月30日(Wed) 14:37 | URL #- [ 編集]
日本ハムが交渉権!!!
| ozu | 2013年10月24日(Thu) 19:30 | URL #- [ 編集]
あまり軽率なことは言えませんが、順位は兎も角指名自体は十分あり得ると思いますよ。
少なくとも記事のように悲観する必要はあまりないんじゃないかなと。

能力自体も申し分ないと思いますし、何らかの技術的な問題だとは思いますが、強い球が放れるうちは変わりようもありますからね
彼自身希望球団もあるみたいですから、望み通り指名されたらいいですね

まぁ、覚悟することも勿論必要ですが。諦めずに
| nyal | 2013年10月22日(Tue) 15:46 | URL #itk08Ggc [ 編集]
阪神タイガース取るべき
| 輝 | 2013年10月17日(Thu) 18:50 | URL #- [ 編集]
4年生になって球速が出ずコントロールも悪いので即戦力とは言い難い。現状では1位指名球団は無いかもしれない。
| なごやん | 2013年09月30日(Mon) 09:45 | URL #- [ 編集]
フォームに関しては、無理やりテークバックを小さくして、それがまだしっくりきていない印象。前のフォームの方が荒々しさや躍動案はあったけど、肩への負担を考えればフォーム改造自体は悪いことではない。
ピッチングの組み立てさえ覚えれば、劇的に変わるんじゃないかな。ストレートは浮き上がるようにホップするし、縦スラは鋭く落ちるし、何より140km前後の小さく沈むカットボールがいい。
なんだかんだ言っても、やっぱり1位で取るべきピッチャーだと思う。
| 東京漢(とんちんかん) | 2013年08月25日(Sun) 03:17 | URL #mQop/nM. [ 編集]
今春東大戦のV見ました。軸足を曲げ過ぎて、何か窮屈な投球フォームに。明らかに昨秋と比べ、躍動感なく劣化した印象。元プロの江藤監督が見ていて、どうしてこうなるのか?素人でもわかるフォームの変化を指摘できない?指摘しても、本人が修正できない?今秋までに修正できなければ、ドライチどころか指名漏れもあるかも。それぐらい酷いフォームに見えますが、、、
| KO FUN | 2013年06月11日(Tue) 08:08 | URL #- [ 編集]
巨人の1位外れ指名候補選手かな??
| 名無しジャイアンツ | 2012年12月14日(Fri) 00:02 | URL #- [ 編集]
復帰登板で150キロ台連発!
| 匿名 | 2012年09月09日(Sun) 16:06 | URL #- [ 編集]
竹内大を上回る素質を持っていると思うが、立教戦先発の失敗は痛かった。以来、ベンチ入りさえ、かなえられていない
| ガメラ | 2010年11月01日(Mon) 22:50 | URL #- [ 編集]
白村くんは、甲子園でも注目投手でしたが、2年の竹内、福谷、1年の山形なと、慶應はそれほど高校で目立たなかった投手が台頭してますね。やはり江藤監督のプロ仕込みの育成手腕ですかね。それとも偶々?田村は、登板情報が少しはあったかと思いますが、故障もあって只野くんは全然でませんね。甲子園の燃え尽き症候群かな?
| 匿名 | 2010年09月16日(Thu) 15:29 | URL #- [ 編集]
速い球を投げられるのはそれだけで魅力的ですが、白村には「勝てる投手」になってほしいです。そして慶応の黄金時代を築いてほしい!
| 匿名 | 2010年09月12日(Sun) 18:13 | URL #- [ 編集]
やはり良いピッチャーですよ!球は速いし。これから注目の一人である!
| 野球小僧 | 2010年09月12日(Sun) 16:59 | URL #- [ 編集]
神宮のスピードガンがマイナス4でも、150キロの連発には驚きました。注目度が高い中、山形が先にデビューした形になったのでいいライバル関係競っていけるのでは?と思いました。楽しみですね。
| 匿名 | 2010年09月11日(Sat) 23:25 | URL #8/bi7mmM [ 編集]
| 海兵隊 | 2010年09月11日(Sat) 16:06 | URL #- [ 編集]
神宮については4、5キロ差し引いて考える癖がついてしまいましたね。
スピードガンというのは算出された数値に計測角度により定められた補正値を加えて表示しているんだそうで。

 算出した数値+補正4キロ=0度で計測した数値

上記が成立することを確認しているので正確な数字なんだと大学野球では説明されていましたがやはり速く感じます。
| gogo126 | 2010年06月03日(Thu) 22:17 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
ガンの甘い神宮であることを差し引いても自己最速近い球速ですかね。
| 綾人 | 2010年06月03日(Thu) 18:19 | URL #- [ 編集]
新人戦で153キロの衝撃的デビューを飾りました!!
(サンスポ)
http://www.sanspo.com/baseball/news/100602/bsn1006021922002-n1.htm
| 鴎 | 2010年06月02日(Wed) 19:43 | URL #- [ 編集]
慶大のメンバーには入ってないみたいですけど、あのフォームでMAX148キロですから、完成度の高いきれいなフォームになったといは155キロ突破できるんじゃないでしょうか?
(そういった意味では東浜よりも期待できますよ)
| スコット | 2010年04月18日(Sun) 11:19 | URL #GcSN.GFI [ 編集]
白村ってお笑い芸人のKさんに似てるよね




| 匿名 | 2009年10月23日(Fri) 21:10 | URL #- [ 編集]
同じ中学校だから、これからも野球を、
してほしいですね。
| 東中学校生徒 | 2009年08月28日(Fri) 14:28 | URL #- [ 編集]
自分もみなさんの意見に賛成です。
あの高めのストレートは超高校級ですけど、大学で完成度の高い投手を目指してほしいです。
それにせっかく頭がいいんだから…自分なんかからすれば、慶應高校ってだけで、脱帽ものですもんwうらやましい限りです。泣
| うな | 2009年07月27日(Mon) 23:00 | URL #G.5USEcw [ 編集]
本日のスポニチより

慶應義塾大学に進学だそうです。
| 鷹スラ | 2009年07月27日(Mon) 07:58 | URL #- [ 編集]
完成度って意味でも慶大進学がベストだと思いますね
| 匿名 | 2009年07月22日(Wed) 09:20 | URL #- [ 編集]
いや、本当に緊張感あるいい試合でした。
両校ともこの段階で消えてしまうにはあまりにももったいない。
白村投手も荒っぽいものの力強い球を投げていましたね。
力ある投手の投げ合いは見ごたえありました。
解説の方が再三癖を盗まれているのではないかと指摘、そのあたりが徐々に効きましたかね。
| gogo126 | 2009年07月20日(Mon) 22:32 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
神奈川県大会3回戦「慶応対桐蔭学園」!

白村投手は好投むなしく、桐蔭学園・能間投手との投げあいに敗れてしまいました。

たかが県大会3回戦で潰しあうには、あまりにももったいなさ過ぎる組み合わせでした。

「神奈川を制するものは全国を制する!」とよく言われますが、この試合を通して、その一端を垣間見た気がします。

おそらく、白村投手は、今後、規定路線どおり、慶応大学に進学されるのでしょうが、甲子園で果たせなかった夢を神宮で果たせるよう頑張ってください!

慶応には甲子園より早稲田同様、神宮のほうが似合います!
| 落球男「GG佐藤」 | 2009年07月20日(Mon) 18:32 | URL #- [ 編集]
本当に即プロありますかね?これまでの彼の言動から、腰痛不安のある今、プロ入りを真剣に考えているとは?
| こまち | 2009年06月30日(Tue) 08:32 | URL #- [ 編集]
白村右腕は専門家には受けの良い投手ですがね~?
| 広鯉! | 2009年04月21日(Tue) 13:20 | URL #- [ 編集]
神奈川県春季大会は既に開幕していますが、いよいよ4月18日土曜日から慶應高校(シード校)の試合が始まります。
白村君はピッチャーのままですが、その他は大変動するみたいです。
また日本一を目指して頑張って下さい。(いつかは世界一!)

| 努力→実力→自信→幸運→勝利 | 2009年04月15日(Wed) 16:56 | URL #7wuc9AmM [ 編集]
素材の良さは見せてもらいました。
1回戦を見た感じ彼と菊池(花巻東)は頭一つ抜けてますね。
あとは精神面での成長に期待です。
気持ちが入りすぎているようなので、先輩の只野を見本にしてほしいです。
| 匿名 | 2009年03月27日(Fri) 12:16 | URL #- [ 編集]
ストレートは五十嵐の握りと同じですね
| 696 | 2009年03月26日(Thu) 14:24 | URL #- [ 編集]
選抜1回戦落ちは明らかに実力不足。
大エースなら先取点取るまで0で抑える。
もっと大きくなって夏の甲子園で優勝してほしい。
そしていつの日かWBCのマウンドで投げてほしい。
| 匿名 | 2009年03月26日(Thu) 03:01 | URL #- [ 編集]
藤川同様に強いバックスピンがかかっているんだそうでもしかしたら何かしらオリジナルの工夫があるのかもしれないですね。
| gogo126 | 2009年03月25日(Wed) 21:24 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
スローモーションで見て思ったんですが
白村のストレート、握りが独特じゃないですか?
人差し指・中指・薬指の三本で上から抑える感じで。
高校野球じゃ見ない握りだと思うんですが。
何かあのエグイストレートと関係あるのでしょうかね。
| akr | 2009年03月25日(Wed) 15:17 | URL #4FFv6AVk [ 編集]
三年前位の岡山、玉野光南時代の川尻(旧姓影山)のフォームや球の角度に似ている。
| KENTA | 2009年03月24日(Tue) 20:30 | URL #- [ 編集]
ストレートのキレがすごいね。130kmだいでも三振の山
| 中学生 | 2009年03月15日(Sun) 15:16 | URL #aIcUnOeo [ 編集]
白村くんの後輩でーす(^^)
まじびっくり
| 後輩 | 2009年02月14日(Sat) 12:51 | URL #- [ 編集]
神宮では腰痛により本来の投球ではなかったようなので是非とも甲子園で本当の力を見せてもらいたいですね。
| gogo126 | 2008年12月20日(Sat) 22:15 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
ボールのキレ・球筋には高い将来性を感じます
細身ですがバネもありますし春が楽しみですね。
| 匿名 | 2008年12月19日(Fri) 23:45 | URL #- [ 編集]
この投手、課題は山積みだと思いますがストレートの球質が素晴らしい^^球児二世を思わせる圧巻の投球だったのではないでしょうか。正直、あのストレートだけでプロで飯を食っていけるのでは?というわけで
評価 ★★★★☆(大社も合わせてストレートはNO.1)
です。
| D-DATT | 2008年12月07日(Sun) 00:49 | URL #- [ 編集]
春夏連覇で1位間違いなし、進学orプロで揺れる、なんてのを期待してみますか。
| gogo126 | 2008年11月08日(Sat) 21:28 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
早実はともかく、慶應にいく子は、即プロはないでしょう。大学まではひたすら追い掛けるだけですね。
| こまち | 2008年11月08日(Sat) 13:32 | URL #- [ 編集]
慶応は確か最近推薦入試制を採り全国からいい選手が集まっているという話でしたね。
神奈川高校野球の勢力図が変わるのもそう遠くないのかもしれないですね。
| gogo126 | 2008年11月03日(Mon) 14:47 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
結局いまだ全国デビューは果たせず。早く甲子園で観たいですね。
まだまだ細身でこれからが楽しみです。
| gogo126 | 2008年11月03日(Mon) 14:41 | URL #q1Fr55OM [ 編集]
慶応・早実といい伝統校は各地から文武両道を極めたい
有力選手が集まるので脅威ですね。
横浜高の渡辺監督も同じ様な事を言ったようですが。
| ラッキーセブン | 2008年11月03日(Mon) 14:06 | URL #- [ 編集]
なんか異次元な成績ですね、特に奪三振と被安打。
今後の成長が楽しみです。
まずは選抜で見れる事を期待します。
| 綾人 | 2008年11月03日(Mon) 12:59 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する