平山 快(JFE東日本)|ドラフト・レポート

平山 快(JFE東日本)

ここでは、「平山 快(JFE東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



平山 快(JFE東日本)

181cm88kg 右右 一塁・三塁 東海大相模→東海大 1年目
通算12発、強い打球を放つ右の強打者。右方向にも長打を飛ばす。4年秋に打撃3冠を獲得した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   15春:          出場無し
   15秋: 1 .000  2  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   16春: 9 .261  23  6 2 0 3 4 2 2 0  .320  .739
   16秋: 12 .452  42 19 4 0 2 14 7 7 1  .531  .690(1位)
   17春: 12 .273  44 12 0 0 3 13 7 8 0  .385  .477
   17秋: 11 .351  37 13 5 1 0 5 8 5 1  .429  .541(5位)
   18春: 12 .300  40 12 5 0 1 2 5 10 1  .440  .500(6位)
   18秋: 10 .432  37 16 3 1 3 12          .811(1位)
   通算: 67 .347 225 78 19 2 12 50          .609
    ※ 18秋:最高殊勲選手 16秋18秋:首位打者(18秋:連盟史上12人目の打撃3冠)
      16秋17春18秋:ベストナイン(一塁) 17秋:ベストナイン(三塁)

 【 全国大会 】
     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18選: 1 .667  3  2 0 0 0 0 0 0 0  .667  .667

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14夏: 1 .500  4  2 0 0 0 1 0 0 0  .500  .500

  最新記事

 ■ 東海大が2季連続71度目V、主将・平山が三冠王(デイリースポーツ) 18/10/14

 東海大が武蔵大に連勝し勝ち点を4とし、勝率で筑波大を逆転して2季連続71度目の優勝を飾った。三回1死満塁から、4番・平山快内野手のリーグ戦初となるグランドスラムで4点を先制した。平山はこの日、3安打4打点を記録しリーグ史上12人目となる三冠王を獲得した。
 ドラフト当落線上だが、最高の形で最後のリーグ戦を締めくくった。(スポーツ報知)

 ■ 東海大・平山6回逆転V打(日刊スポーツ) 18/9/2

 春季リーグの王者が、貫禄の逆転勝ちを見せた。1-1の同点で迎えた6回2死二塁、4番の平山快内野手が右中間へ適時三塁打を放ってガッツポーズ。プロ入りを目指しており秋季リーグで打って入れるか分からないが(打撃が)小さくなるのは嫌なので、自分のできることをやりたい」と笑顔だった。

 ■ 東海大が4番平山快の今季初本塁打で初勝利(日刊スポーツ) 18/4/2

 東海大が、4番の平山快内野手の今季初本塁打で初勝利を呼び込んだ。0-0の2回裏、先頭打者でバックスクリーン右に運んで先制。主将としての思いもあり「チームのみんなが、どこか一皮むけていなかったので、1打席目で空気を変えようと思っていた」と話した。

   【一塁到達タイム】4年春選手権4秒30(引っ掛けた遊ゴ)、高3夏県決勝4秒65(詰まった遊ゴ)

過去記事

 ■ プロ注目の東海大・平山快が始動「3冠王取りたい」(日刊スポーツ) 18/1/9

 首都大学リーグの東海大が9日、神奈川・平塚市内の同大グラウンドで始動した。不動の4番を任されるプロ注目の平山快内野手(3年=東海大相模)は、高校の1学年下のオリックス吉田凌、中日小笠原とのプロでの対戦を熱望。「大きな舞台で対戦したいです」と目を輝かせた。過去にロッテ佐々木千隼投手(桜美林大)から1発を放ったことがある大砲は「飛ばすに関しては、負けたくないというのはあります。個人的には3冠王を1回、取りたいです」と意気込んだ。

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   14夏予: 7 .500  28 14 5 0 1 5 3 1 2  .517  .786

  プロフィール

 京都府精華町出身。
 平山 快(ひらやま・かい)一塁手兼三塁手。
 精華町立精華西中学校時代はオール枚方ボーイズでプレー。

 東海大相模では2年秋から4番・一塁手でレギュラー。
 翌3年春から三塁手(4番)としてチームを牽引し、高校3年間で通算37本塁打の実績を残した。
 3年夏に青島凌也(3年)、吉田凌(2年)らを擁して4年ぶりの県大会Vを達成。
 4番サードで全7戦にスタメン出場し、28打数で14安打、打率.500本1点5の好成績を挙げた。
 準々決勝・橘学苑戦で外角高め直球を右翼ポール際中段に放り込むソロ弾。
 準決勝・横浜高校戦で内寄り高め直球をレフト線に弾き返す勝ち越し二塁打を放っている。
 続く甲子園初戦で盛岡大附と対戦し、150㌔腕・松本裕樹から2安打をマーク。
 1回ウラに遊撃内安(悪送球で2点先制)を放ち、6回ウラに左前安打(高め外スラ)を記録した。
 同期に青島凌也、1学年下に吉田凌小笠原慎之介ら。

 東海大では1年秋からリーグ戦に出場。
 翌2年春のリーグ戦7戦に一塁手として先発し、低打率(規定不足)ながらも3発の結果を残す。
 1対0の接戦を制した桜美林1回戦で、佐々木千隼から左越え1号ソロをマーク。
 同年秋から5番打者、3年春から4番を担い、一塁で3度、三塁で1度ベストナインを受賞した。
 計65戦(一37、三27)の先発を務め、通算78安打、打率.347本12点50を記録。
 2年秋に率.452(最多19安打)で首位打者、4年秋に打撃部門三冠でMVPを獲得している。
 全国大会には4年春の第67回大学野球選手権大会(1回戦で敗退)に出場。
 初戦・九産大戦(2-3)に4番・サードとして出場し、右安、中安と外直球を捉えて2安打を放った。
 通算67試合、打率.347、78安打、12本塁打、50打点。

 181cm88kg、強打の一塁手兼三塁手。
 通算12発、振り切るスイングから強い打球を弾き返す右の強打者。右方向にも長打を飛ばす。
 4年春の帝京大戦で外寄り高め真っ直ぐをバックスクリーン右に叩き込むソロ弾。
 3年春の筑波大戦、4年秋の帝京大戦で右中間弾、2年春の帝京大戦で右越え弾を放った。
 7季で計65試合(一塁37、三塁27)にスタメン出場。3年春から4番打者を担う。
 2年11月3年12月に代表候補合宿を経験。高校、大学とキャプテンとしてチームを引っ張った。
 一塁到達タイム4.65秒(高3夏の県決勝)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-02-09(土)|2020年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人野手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑