沢田 龍太(富山商)

沢田 龍太(富山商)

ここでは、「沢田 龍太(富山商)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



沢田 龍太(富山商)

183cm81kg 右右 MAX143km スライダー・カーブ・フォーク
最速143㌔の伸びのある直球とスライダー。県準決で高岡商を撃破。山田龍聖との投げ合いを制した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   18春: 1 先   9  8  7  7  2 143㌔ 智弁和歌 ●
   通算: 1     9  8  7  7  2 防2.00
       被安打率8.00 奪三振率7.00 四死球率7.00

  最新記事

 ■ 富山商・沢田、県内公式戦17イニング連続0封(スポーツ報知) 18/5/6

 富山商は最速143キロ右腕・沢田龍太が完封し、5―0で高岡第一に快勝した。県内の公式戦では、昨秋から17イニング連続無失点をマーク。「内容は良くないが、コースに行けば、きっちり抑えられる。ゼロで抑えようと思いました」と沢田。序盤から強気の投球を見せつけ、最速141キロをマーク。得意のスライダーを“封印”し、ほとんど直球とカーブで勝負した。「ストレートとカーブがテーマ。コントロールの精度を上げてきた」。緩急と抜群の制球力で打たせて取った。ネット裏ではDeNA中日、日本ハム、阪神の4球団が視察。日本ハムの熊崎スカウトは「安定感があって、高校生として完成度が高い。今後もずっと見ていきたい」と期待を寄せた。

   18春            回数 被安 奪三 四死 失点
   富 山準々決:新湊高校     4  2       0
      準決勝:高岡第一 先   9  8  6  3  0封141㌔
                  13  10       0 防0.00

 ■ 富山商・沢田8回の失投反省「勝てるゲームだった」(日刊スポーツ) 18/3/25

 14年夏以来の甲子園白星を狙った富山商は、強豪、智弁和歌山の前に2-4で敗れた。絶対的エース沢田龍太投手が先発。「すごく緊張した」と話した沢田だったが、初回から自己最速を3キロも更新する143キロを記録。ノビのある直球右打者にはスライダー、左打者にはフォークを武器に強打の智弁和歌山打線を7回まで2失点にまとめた。しかし2-2で迎えた8回。「7回から疲れが出て、ボールが多くなった」と話すように2死から失策と四球で一塁、二塁のピンチ。智弁和歌山9番池田に中前打を許し、中堅手の失策も絡んで2点を失った。161球の熱投後、開口一番に「勝てるゲームだったかな」と唇をかんだ沢田。「体力的なものと相手打線を意識した分が後半、疲れに出た」と投球内容を振り返った。それでも「コースにいけば抑えられる」と直球には手応えを感じていた。
 DeNAの吉田孝司編成部長は「しっかりと腕が振れているまだまだ投げ込みが足りないだろうが、夏に向けて楽しみ」と期待すれば、日本ハムの熊崎誠也スカウトは「フォークが良かった中学の頃から見ているが、これくらいはできると思っていた」と評価した。(スポーツ報知)

   17秋            回数 被安 奪三 四死 失点
   富 山2回戦:不二越工 先   9          2
      3回戦:高岡第一 先   8          0封 
      準々決:新湊高校 先   8  3  9  0  0
      準決勝:高岡商業 先   9  3  9  4  0封
      決勝戦:国際大附 先   9  7  11  3  2
   北信越1回戦:金沢学院 先   9  4  8  6  3
      2回戦:坂井高校 先   9  8  7  2  1
      準決勝:航空石川 先   8  10  6  4  7
                  69  44  64  19  13 防1.70
              被安打率5.74 奪三振率8.35 四死球率2.48

 ■ 富山商、沢田に託した!V候補・智弁和歌山に投手力で勝負(スポーツ報知) 18/3/17

 富山商の初戦は、優勝候補の一角、智弁和歌山に決まった。初戦突破の条件は、エースでプロ注目140キロ右腕・沢田龍太が、強打の相手を最少失点に抑えること。前崎監督は「打ち合いに分はない。投手中心のゲームになればありがたい」と、エースを軸に接戦勝負をイメージする。

過去記事

 ■ 富山商・沢田、公式戦初先発8回2失点(スポーツ報知) 17/7/18

 富山商は最速140キロのエース右腕・沢田龍太(2年)が好投。力強い速球を武器に8回2失点に抑え、6―2で高岡を下した。183センチ、77キロの体格から投げ下ろすストレートは威力満点。内角も強気に攻め、シード校の高岡を8回7安打、2失点に抑えた。ランナーを出す場面も多かったものの「自分の持ち味は、コースに投げ込んで、ピンチでは三振を狙うこと」と強気の投球を披露。尊敬する選手は、巨人の右腕・菅野智之だ。中学3年の時には東京ドームに行き、内野席で観戦。目の前で投球する姿を見て「真っすぐは速いし、ピンチになった時にギアが上がるのがすごい」と感激した。

  プロフィール

 富山県富山市出身。
 沢田 龍太(さわだ・りゅうた)投手。
 呉羽小2年時に軟式野球を始め、呉羽中では富山ボーイズに所属。

 富山商では1年夏から背番号18で公式戦に出場。
 1年秋の新チームから背番号1でリリーフを務め、2年夏の県大会初戦2回戦で初先発を果たす。
 同年秋に8戦7完投2完封のフル回転で、県大会優勝、北信越4強入りを達成。
 計69回で64K15失点、防1.70の好成績を残し、完成度の高さをプロスカウトから注目された。
 県大会初戦2回戦5回ウラから同決勝2回ウラまで32イニング連続0封をマーク。
 山田龍聖と投げ合った準決勝・高岡商戦で3安打3対0(自ら3ラン)完封勝利を収めている。
 北信越大会全3試合を1人でこなし、金沢学院、坂井相手に完投勝ちを記録。
 準決勝でV校・航空石川と対戦し、前半接戦を演じたが、中盤に計7失点を喫して敗退した。
 翌3年春の選抜で143㌔を計測するも、和智弁に161球2-4で敗れ初戦敗退。
 8回に勝ち越され敗れはしたものの、をノーヒット2Kに封じ、7回まで2失点と強豪校を苦しめた。
 同学年のチームメイトに通算22発・石橋航太外野手ら。

 183cm81kg、プロ注目の最速143㌔右腕。
 セットポジションから溜めて重心を下げ、早めに着地し、開き早めに右肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時130㌔台後半から140㌔前後の伸びのある直球と、
 120㌔台から130㌔前後の2種類のスライダー、130㌔前後のフォーク。その他カーブを操る。
 前崎監督から球質を評価されるストレートと、スライダー、フォークボールが武器。
 3年春の選抜で最速143㌔を計測。智弁和歌山から7三振(フォーク4、スライダー2)を奪った。
 遠投100m。今後の球速アップに期待がかかる。

  スカウトコメント

日本ハム・熊崎スカウト|18/5/6
 「安定感があって、高校生として完成度が高い。今後もずっと見ていきたい」
DeNA・吉田孝司編成部長|18/3/26
 「しっかりと腕が振れている。まだまだ投げ込みが足りないだろうが、夏に向けて楽しみ」
日本ハム・熊崎誠也スカウト|18/3/26
 「フォークが良かった。中学の頃から見ているが、これくらいはできると思っていた」
プロスカウト|18/2/6
 「現時点での完成度は高く特長が加われば今後の可能性がさらに広がる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-05-06(日)|2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑