河浦 圭佑(小倉)

河浦 圭佑(小倉)

ここでは、「河浦 圭佑(小倉)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



河浦 圭佑(小倉)

175cm82kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・カット・チェンジ・ツーシーム・スプリット
最速147㌔直球を武器とする本格派右腕。2年秋に県4強進出。4番打者としてもチームを牽引する。

  動 画

  最新記事

 ■ 夏連覇福嶋一雄からプロ93勝安田猛へ(中日スポーツ) 18/2/6

 小倉は福嶋、安田以外にも全国区の好投手を輩出している。準優勝した1954年春から4季連続で甲子園に出場した畑隆幸だ。右腕ながらその再来と期待されるのが、最速147キロの快速球を誇る現エースの河浦圭佑だ。安田は「自分の高校時代より上」と評し、牧村は「本校では畑さん以来の速球派」と話す。

   17秋       回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:育徳館 先  8  2       0封
   4回戦:光陵高 先  9          1
   5回戦:真颯館 先  8  12  10  3  7
   準々決:春日高 先  9  4  9  4  0封
   準決勝:東筑高 先  10  13  6  5  6
             
44         14(不明分除く)

  プロフィール

 福岡県北九州市生まれ。
 河浦 圭佑(かわうら・けいすけ)投手。
 足原小1年からソフトボールを始め、霧丘中時代は軟式野球に所属。

 小倉高校では1年秋から控えとしてベンチ入り。
 翌4月の市内大会で8者連続Kの好結果を残し、同5月の定期大会・東筑戦で1号3ランを放つ。
 2年夏の県3回戦・真颯館戦に4番・投手として出場するも5失点完投で敗戦。
 8月の練試・東海福岡戦で8連続Kを記録し、同年秋の新チームで主戦(4番)の座を掴んだ。
 打撃戦を制した5回戦・真颯館戦(8回10K7失点)で左越えの2ラン弾を記録。
 3回戦・育徳戦で8回コールド2安打完封勝ち、準々決・春日戦で9K完封勝ちを収めている。
 準決で石田旭昇擁する東筑と対戦し、粘投およばず延長サヨナラ負けで敗退。
 終盤まで140㌔台を計測したが、11回ウラ無死から走本を浴び、13安打5対6完投で惜敗した。
 県大会4強が現在の最高成績。甲子園経験は無し。

 175cm82kg、最速147㌔直球を持つ本格派右腕。
 セットポジションから重心を落とし、着地早めにインステップし、肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速147㌔の真っすぐと、スライダー、カーブ、カット、チェンジアップなどの変化球。
 真っすぐで打者を押す投球が持ち味。遠投105m、50m6秒7。2年秋に最速147㌔を計測した。
 打撃力を生かして4番打者としてもチームを牽引する。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-02-10(土)|2018年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
有数の進学校ですが、良い投手がいるんですね
最近はスポーツ推薦も盛んと聞きますが、その方ですかね
| 栃木 | 2018年02月11日(Sun) 19:50 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑