門馬 亮(立正大)|ドラフト・レポート

門馬 亮(立正大)

ここでは、「門馬 亮(立正大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



門馬 亮(立正大)

177cm82kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・ツーシーム 藤岡中央
伸びのある直球とスライダー。高2秋48.1回で66K、前橋育英戦で14回11K1失点完投勝利を挙げた。

  最新記事

 ■ 群馬のドクターK・藤岡中央の門馬散る(スポーツ報知) 18/7/21

 3戦24イニングで35Kをマークしていた藤岡中央の門馬亮投手が、関東学園大付に敗れて4強入りを逃した。両チーム無得点の3回無死一、二塁から、1番・岡本京志郎中堅手に左越え3ランを浴びるなど、8安打5失点8奪三振で完投負けを喫した。8回に自己最速の146キロをマークするなど意地を見せた右腕は「やってきたことは出来た」と充実した表情で振り返った。

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:桐生南高 先   9  4  8  3  1
   2回戦:安中総合 先   6  4  13  1  0 145㌔ ※ 5者連続奪三振
   3回戦:東農大二 先   9  13  14  3  5
   準々決:関東学付 先   8  8  8  1  5 146㌔
               32  29  43  8  11 防3.09(失点から計算)
          被安打率8.16 奪三振率12.09 四死球率2.25

 ■ 藤岡中央・門馬13K4打点(日刊スポーツ) 18/7/15

 門馬亮投手が、投打でチームを引っ張った。投げては自己最速となる145キロの直球を軸に6回13奪三振無失点。打ってはスライダーを捉えた初回の先制3ランなど3安打4打点。春は21世紀枠の最終候補まで残るも落選。夏こそ自らの右腕で甲子園をつかむ。

 ■ 21世紀落選も藤岡中央・門馬、実力夏切符だ(日刊スポーツ) 18/6/16

 藤岡中央は、センバツ21世紀枠の候補となった注目の公立校。初戦の相手は桐生南に決定した。プロ注目のエース門馬亮投手は、実力での甲子園行きを誓った。オフは、空振りの取れる3球種を手中にする目標を掲げた。スライダー、カットボール、スプリット投球練習で握り方などを研究してきた数球団のスカウトが注目する右腕。憧れのマウンドを目指して躍動する。

過去記事

 ■ 藤岡中央、21世紀枠で春夏初出場へ…20K右腕門馬「楽しみ」(スポーツ報知) 18/1/26

 21世紀枠候補の藤岡中央は25日、藤岡市内の同校で調整を行った。143キロ右腕・門馬亮は、春夏通じて初の甲子園出場となる吉報が届くことに大きな期待を寄せた。昨秋群馬大会で創部初の4強入り。立役者がエースの門馬だ。前橋育英との準々決勝では、延長14回を1失点11奪三振完投準決勝の関東学園大付戦では延長11回サヨナラ負けも20奪三振の快投を見せ、5試合48回1/3で66三振を奪った。部員は女子マネジャー3人を含めて24人。少人数でも工夫した練習で好成績を挙げたことが、推薦の理由の1つとなった。
 最速143キロエース右腕・門馬はプロからも注目される存在。(スポニチ)

   17秋         回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:高崎工業 先   9    12     1
   2回戦:桐生西高 先   6  4  8     0
   3回戦:沼田高校 先   9    15     3
   準々決:前橋育英 先  14  6  11  1  1
   準決勝:関東学附 先 10.1  10  20  1  5
              48.1  31  66  9  10 防0.93
          被安打率5.77 奪三振率12.29 四死球率1.68

  プロフィール

 群馬県藤岡市出身。
 門馬 亮(もんま・りょう)投手。
 小学校2年生の時から野球を始め、藤岡北中では前橋シニアに所属。
 当時の最速は128㌔。主にサードとしてプレーした。

 藤岡中央では1年春からベンチ入り。
 同年夏の予選で6番サードとして定位置を掴み、1年秋(群馬2回戦で敗退)から主戦を務める。
 翌2年夏の県大会を初戦敗退で終え、同年秋に5戦4完投の奮闘で4強進出。
 合計48.1回で66奪三振(率12.29)を積み上げ、31安打10失点、防0.93の好成績を残した。
 準々決勝・前橋育英戦で、延長14回6安打1死球、11K2対1完投勝ちを記録。
 準決・関東学園大附戦(11回4対5サヨナラ完投負け)で10.1回20三振の力投を演じている。
 翌3年夏の群馬大会は同校に8回8安打8三振0対5完投負けでベスト8敗退。
 4戦32回で43三振(11失点)をマークし、2回戦で145㌔、準々決勝で146㌔と最速を更新した。
 県大会ベスト4が最高成績。甲子園経験は無し。

 177cm82kg、ガッチリとした体格の右オーバースロー。
 ノーワインドから捻って重心を下げ、インステップ気味に着地し、ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速146㌔の真っすぐと、スライダー、カーブ、ツーシームなどの変化球。
 球持ちに良さのある腕の振りから投じる伸びのある直球が武器。両サイドへと投げ込んでいく。
 切れの良いスライダーを交えて投球回数を上回る三振を奪取。カーブとの緩急。
 高校で自己最速18㌔アップ(体重13kg増)の急成長を遂げた。3年夏に146㌔を計測している。
 2年秋の奪三振率12.29、四死球率1.68。太腿回り63cm。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2018-12-20(木)|2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑