伊藤 裕季也(立正大)

伊藤 裕季也(立正大)

ここでは、「伊藤 裕季也(立正大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  松井裕樹 大瀬良大地 吉田一将
    【球団別】 千葉 東京 日ハム 中日 オリ 巨人 楽天 横浜 西武 阪神 福岡 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm90kg 右右 一塁・二塁 遠投100m 50m6秒2 日大三
通算6発、長打力のある右の強打者。上茶谷から右越え2ランを記録。3年春に2部MVPを受賞した。

  動 画

  打撃成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 1   –  0  0 0 0 0 0 0 1 0 1.000   -二部
   15秋:          出場無し             二部
   16春: 11 .282  39 11 3 1 0 2 4 3 1  .326  .410二部
   16秋: 13 .273  55 15 2 0 1 4 12 3 4  .310  .364二部
   17春: 10 .343  35 12 1 2 1 9 3 7 1  .452  .571二部(4位)
   17秋: 12 .268  41 11 3 1 2 5 14 4 0  .333  .537
   18春: 11 .310  42 13 1 0 2 5 6 6 2  .396  .476
   一部: 23 .289  83 24 4 1 4 10 20 10 2  .366  .506
   二部: 35 .295 129 38 6 3 2 15 19 14 6  .364  .434 
    ※ 17春:2部MVP

 【 国際大会 】
      試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   18日米: 5 .333 18  6 1 0 0 3 3 1 1  .368  .389
   通 算: 5 .333 18  6 1 0 0 3 3 1 1  .368  .389

  最新記事

 ■ ドラフト1位候補の東洋大・上茶谷 5回途中7失点でリーグ戦初黒星(スポニチ) 18/5/15

 ドラフト1位候補の東洋大・上茶谷大河投手が4回2/3を7失点でリーグ戦初黒星を喫した。初回に伊藤裕季也内野手に先制の右越え2ランを被弾。144キロの外角直球を逆方向に放り込まれ「相手打者が一枚上かなと思う。外角のいい球を持って行かれた」と脱帽した。

    1号:佐田 涼介(拓殖大)  16/10/12  左越えソロ弾
    2号:前田  剛(東農大)  17/ 5/ 1  左中間ソロ弾
    3号:山岡 就也(国学大)  17/ 9/ 8  左中間ソロ弾
    4号:植谷 翔磨(日本大)  17/10/20  左越えソロ弾
    5号:辻本 宙夢(駒澤大)  18/ 4/ 9  右中間2ラン
    6号:上茶谷大河(東洋大)  18/ 5/15  先制右2ラン(外144㌔直球)

 ■ 立正大・伊藤“東洋大三本柱”撃ちだ プロ注目右の大砲が闘志(スポニチ) 18/3/6

 東都大学野球連盟は5日、春季リーグ戦の日程を発表した。今季は梅津、上茶谷、甲斐野と150キロ台を出す本格派右腕擁する東洋大に注目が集まる一方で、バットに期待がかかるのが立正大の4番で主将の伊藤裕季也だ。昨年から4番を務めるプロ注目の右の強打者。昨秋15季ぶりに復帰した1部の最終戦で左翼へ決勝ソロを放つなど勝ち点3の2位タイでのフィニッシュに貢献した。武器は2年秋から取り組む自作のデータ。カウント別の結果などを自らエクセルに打ち込んで分析する。「自分で作ることで勉強になる。配球を読んで、しっかり捉えられるようになった」。1メートル80、95キロの体格とプロのスカウトからも高い評価を受ける力強いスイングで、各校の実力派投手を撃破する。

 ■ 立正大 4時間23分の激闘制す(スポニチ) 17/4/18

 立正大が延長13回、4時間23分の激闘を制し開幕3連勝を飾った。13回、今春から4番を務める伊藤裕季也内野手が三塁線を破る決勝の適時二塁打。昨年は5番に座り、不振の時期もあったが坂田精二郎監督から「振り切れるのがお前の良さ」と励まされた。フルスイングを心がけて復調し「(9回途中から救援した)福井さんが頑張って投げていたので、助けられて良かった」と笑顔だった。

  プロフィール

 三重県四日市市出身。
 伊藤 裕季也(いとう・ゆきや)一塁手。
 四日市市立港中学校時代は硬式野球チーム・四日市ボーイズでプレー。

 日大三高では2年秋から控えとしてベンチ入り。
 3年夏の予選に主にレフトとして出場し、15打数で8安打、打率.533本1点5の好結果を残した。
 同学年のチームメイトに釘宮光希三輪昂平ら。

 立正大では2年春から一塁手でレギュラー。
 6番打者を経てリーグ中盤から5番に打順を上げ、計39打数で11安打、打率.282の実績を残す。
 3年春から4番としてチームを引っ張り、通算62安打、打率.292本6点25を記録。
 鈴木小畑らを擁して3年春のリーグ戦を制し、打率.343(4位)の活躍で2部MVPを獲得した。
 右の強打者としてプロからも注目され、翌4年春から主将・二塁手としてプレー。
 1部に所属した3年秋以降の2季で、23戦24安打9長打、打率.289本4点10をマークしている。
 3年秋の国学大3回戦で左中間ソロ、同最終戦・日大2回戦で決勝の左ソロ。
 4年春の開幕・駒大戦で右中間2ランを記録し、上茶谷が相手の東洋1回戦で右2ランを放った。
 通算58試合、打率.292、62安打、6本塁打、25打点。

 181cm90kg、ガッチリした体格の一塁手。
 力強く振り切るスイングから強い打球を弾き返す右の強打者。東都通算6発の長打力を備える。
 4年春の東洋大1回戦で上茶谷大河から右越え2ラン(外144㌔直球)を記録。
 2年春から5番・一塁手としてレギュラーを担い、翌3年春のリーグ戦で4番打者の座を掴んだ。
 一塁手を経て4年春から二塁手としてプレー。主将としてもチームをけん引する。
 プロからも注目される打力が魅力。日大三高時代3年夏(背番号15)はレフトとして起用された。
 リーグ通算58試合で39三振、24四死球。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-05-31(木)|2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年大学生野手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑