椋木 蓮(東北福祉大)|ドラフト・レポート

椋木 蓮(東北福祉大)

ここでは、「椋木 蓮(東北福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm66kg 右右 MAX147km スライダー・フォーク 高川学園
サイド気味から繰り出す147㌔直球が持ち味。1年春から3勝、16.2回1死球、自責0の実績を残した。

  動 画


※ 高2夏の甲子園練習(当時は168cm53kg)

  投手成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18春: 9 3勝0敗  16.2  8  14  1  0  0.00
   18秋: 6 4勝0敗  19.2  14  19  2  2  0.92
   通算: 15 7勝0敗  36.1  22  33  3  2  0.50
          被安打率5.45 奪三振率8.17 四死球率0.74

 【 全国大会 】
   18選    回数 被安 奪三 四死 自責
   広島大    1  3  0  0  1 143㌔(東ド)
   武道大   1.2  3  1  0  0 145㌔(神宮)
         2.2  6  1  0  1 防3.38
     被安打率20.25 奪三振率3.38 四死球率0.00

投手成績詳細

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東工大    0.1  0  1  0  0
           1  0  2  0  0 144㌔
   宮教大     1  0  1  0  0
           1  1  2  0  0
           1  1  1  0  0
   東北大     3  2  2  0  0 ○
   仙台大 先  5.1  2  3  1  0 ○
   学院大     3  0  1  0  0 ○
           1  2  1  0  0
          16.2  8  14  1  0 防0.00
       被安打率4.32 奪三振率7.56 四死球率0.54

  最新記事

 ■ 甲子園V綱脇ら東北福祉大1年投手カルテット活躍中(日刊スポーツ) 18/5/3

 仙台6大学で2季ぶりの覇権奪還を目指す東北福祉大では、綱脇慧(花咲徳栄)、三浦瑞樹(盛岡大付)、佐川光明(仙台育英)、椋木蓮(高川学園)の「1年生投手カルテット」が活躍中だ。東北工大戦では右スリークオーター椋木も、完全に抑えて試合を締めた。ストッパーとして全7戦中6試合に登板。計7回1/3で4安打9奪三振で無失点。「とにかく1人1人を抑える積み重ね。最速は147キロまで上がっています。まだ短いイニングですが、先発も任されるような信頼を勝ち取りたいです」。オープンを戦通じても、失点がなく優秀新人賞の候補にも挙がっている。
 持ち味は、スリークオーターから常時140キロ台中盤を記録する直球と抜群の制球力だ。ここまで13イニングで死球が1つ。大塚監督は「ムック(椋木の愛称)の四球はみたことがない力は津森が入ってきたときより上」と絶賛する。器用さも大きな魅力。初先発の試合では、登板5日前から練習したフォークの握りで投げるチェンジアップ「ムーク」が威力を発揮した。(SANSPO)

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東北大 先   5  3  5  0  1 ○
   宮教大 先   5  5  4  0  0 ○
   東北学     2  0  2  0  0
           2  2  1  0  0
   東工大     3  2  4  0  0 ○
   仙台大    2.2  2  3  2  1 ○
          19.2  14  19  2  2 防0.92
       被安打率6.41 奪三振率8.69 四死球率0.92

 ■ 東北福祉大・山野、椋木「高川学園リレー」で勝利(日刊スポーツ) 18/4/15

 東北福祉大が山野太一(2年)、椋木蓮(1年)の「高川学園投手リレー」で4-1と東北工大を退けた。椋木が144キロの直球で2奪三振など3人締め。山野が「緊張しているのに結果を出すなんてすごいなあと思う。一緒に福祉大を引っ張りたい」とたたえると、椋木も「高校時代にも公式戦ではなかったリレー。憧れの先輩の後ろで投げられてうれしい」と笑顔を見せた。

   17夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:岩国総合 先   8  7  6  1  2 
   2回戦:南陽工業 先   7  3  6  0  0封
   3回戦:徳山高校 先   7  4  3  2  0封
   準々決:下関国際 先   9  12  4  2  4
               31  26  19  5  6 防1.74(失点から計算)
           被安打率7.55 奪三振率5.52 四死球率1.45

  プロフィール

 山口県山陽小野田市出身。
 椋木 蓮(むくのき・れん)投手。
 本山小学校1年から軟式野球を始め、高川学園中では硬式野球部に所属。

 高川学園では2年夏に甲子園(登板なし)を経験。
 翌3年夏の県大会に主戦投手として出場し、全4戦完投、31回5四死球6失点の活躍を見せた。
 下関国際・鶴田克樹(2年)との投げ合いに12安打0対4完投で敗れ8強敗退。
 2回戦・南陽工業&3回戦・徳山高校戦で2試合連続となる7回コールド0封勝利を収めている。
 1学年上のチームメイトに山野太一(現東北福祉大)ら。

 東北福祉大では1年春からリーグ戦に出場。
 1年生ながら開幕から抑え投手の大役を担い、計16.2回で14K、1死球1失点の好結果を残す。
 11試合中9試合(リリーフ8)に登板するフル回転で2シーズンぶりの優勝に貢献。
 第4節・東北2回戦でリーグ戦初勝利を収め、第5節・仙台大2回戦で先発白星を記録した。
 全国大会には1年春の大学選手権(2004年以来14年ぶりの日本一)に出場。
 いずれも救援として2試合、計2.2回に登板し、決勝戦・武道大戦で1.2回0封の粘投を見せた。
 リーグ通算15試合、7勝0敗、36.1回、防御率0.50。

 180cm66kg、147㌔直球を持つ細身の右サイドハンド。
 ノーワインドアップから上体を傾けて重心を下げ、インステップして肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速147㌔の真っすぐと、120㌔前後のスライダー、120㌔台のフォーク。
 140㌔前後から140㌔台前半を計時する救援右腕。体をやや捻ってサイドより上から投じる。
 体格向上に伴ってストレートの球威がアップ。進学後に最速147㌔をマークした。
 高川学園高では山野太一が抜けた2年秋から主戦としてチームを牽引。同投手に憧れを持つ。
 直球主体の投球が持ち味。1年時の与四死球率0.74。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-15(木)|2021年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑