益子 京右(青藍泰斗)|ドラフト・レポート

益子 京右(青藍泰斗)

ここでは、「益子 京右(青藍泰斗)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm75kg 右右 捕手 遠投100m 50m6秒5
強肩強打のプロ注目捕手。3年春の県大会で2戦連続弾を記録。主将・4番・捕手の大黒柱を担う。
2018年DeNA5位(契約金3000万円、年俸500万円)

  最新記事

 ■ DeNA5位・益子が仮契約 強肩アピール(スポニチ) 18/11/11

 DeNAからドラフト5位で指名された青藍泰斗・益子京右捕手が10日、栃木県宇都宮市内で入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸500万円で仮契約を結んだ。益子の最大の武器は、プロ顔負けの強肩だ。夏の大会前の練習試合では二塁送球が自己最速の1秒72をマーク。夏の栃木大会でも1秒8台の送球でプロのスカウトをうならせた

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏予: 5 .158  19  3 1 0 0 4          .211

 ■ プロ注目の青藍泰斗・益子捕手がプロ志望表明(日刊スポーツ) 18/7/21

 プロ注目の青藍泰斗・益子京右捕手がプロ志望表明した。この日も4番捕手として出場。3打席無安打に終わった。「悔しい。今大会は自分の仕事ができなかった。作新を倒したかった」と唇をかんだ。通算23本塁打の長打力二塁への自己最速送球タイム1・72秒を誇る鉄砲肩がセールスポイント。今年の高校生捕手ナンバーワンの呼び声も高く、初戦からスカウトが熱視線を送った。今後の進路について「(プロ志望届を)出します」とキッパリと答えた。

 ■ 青藍泰斗・益子、スカウト9人に見せた片りん(日刊スポーツ) 18/7/11

 青藍泰斗(栃木)益子京右捕手が、初戦の宇都宮短大付戦でプロ注目の能力の片りんを見せた。5回の守備。ワンバウンド投球を体を張って止めると一塁走者が飛び出した。すかさず二塁へ低くうなるような送球。慌てて戻る一塁走者を遊撃手の送球でタッチアウトとし、スタンドをどよめかせた。通算23本塁打の長打力と二塁への自己最速送球タイム1秒72を誇る鉄砲肩がセールスポイント。今年の高校生捕手NO・1の呼び声も高く、スタンドには9球団のスカウトが集結した。某球団スカウトは「地肩があって、打力もある。タイプで言えば広島の会沢かな」と評価した。ただ試合は猛省。初回の1打席目は四球で出塁したが、その後の4打席は凡退盗塁を許す場面もあり「全部最悪でした」と悔しさをにじませた。目標はプロ。まずは仲間たちと聖地甲子園を目指す。
 プロ10球団が視察。中日・正津英志スカウトは「送球の速さを評価している」と話した。(スポニチ)
 守備では、視察したプロ8球団のスカウトに強肩を披露。DeNAの吉田スカウト部長は「評判通り。捕手としてのセンスがある」と評価した。(SANSPO)
 DeNA・吉田編成部長は「肩は魅力打撃も雰囲気を持っている」。ソフトバンク・宮田スカウトも「肩は安定している」と評価。(スポーツ報知)

過去記事

 ■ プロ注目青藍泰斗・益子「打った瞬間」通算23号(日刊スポーツ) 18/6/17

 プロ注目の青藍泰斗・益子京右捕手が初回に2ランを放った。2点を追う1回1死一塁3球目の速球に快音を響かせた。きれいな放物線を描き、左翼フェンスを越えていった。これが高校通算23号。今春の栃木大会では準決、決勝で1発を放つなど、勝負どころで力を発揮する。

 ■ プロ注目の青藍泰斗・益子、強肩披露も無安打で敗退(日刊スポーツ) 18/5/19

 強肩強打でプロ注目の青藍泰斗・益子京右捕手が1回戦で姿を消した。「4番捕手」で出場するも、2打数無安打2四死球に終わった。3回の守備では1死一、二塁で、二塁走者を矢のような送球で刺し強肩をアピールするも、勝利には結びつかなかった。

 ■ 明日19日から高校野球春季関東大会(日刊スポーツ) 18/5/18

  春季高校野球関東大会が19日、千葉県で開幕する。センバツ4強で推薦出場の東海大相模など19校が参加。プロ注目の益子京右捕手(3年)が攻守の要の青藍泰斗(栃木2位)は、元横浜(現DeNA)のスカウト部長だった荒井信久監督率いる千葉黎明(千葉4位)と対戦する。
 複数のスカウトがリストアップするのが、青藍泰斗の益子京右。二塁への送球タイム1・8秒台の強肩長打力を秘めた強打で注目される。(日刊スポーツ)

  プロフィール

 栃木県宇都宮市出身。
 益子 京右(ましこ・きょうすけ)捕手。
 明保学童野球部で軟式野球を始め、宝木中学校を経て青藍泰斗に進学。

 青藍泰斗では1年秋から公式戦に出場。
 メンバー入りすると同時に正捕手の座を獲得し、石川翔らとのバッテリーで県4強の実績を残す。
 翌2年夏の予選でサード(8・4番)を担い、同年秋から再び正捕手としてプレー。
 主将・4番の大黒柱としてチームを引っ張り、県準決・国栃戦(2対4)で意地の一発を放った。
 強肩強打の資質でプロから注目され、3年春に本2点7の活躍で県準Vを達成。
 準決・国学院栃木戦で逆転の左越え3ラン、決勝・作新戦で追撃の左2ランをマークしている。
 3年夏の県大会は白鴎大足利に7回0対7(3打数ノーヒット)で敗れ準決敗退。
 5試合19打数で3安打、打率.158に留まったが、送球の良さでプロ複数球団から評価を受けた。
 1学年上のチームメイトとして石川翔(中日17年2位)ら。

 175cm75kg、強肩強打のプロ注目キャッチャー。
 通算23発、振り切るスイングで強い打球を放つ右の強打者。長打力を秘めた打撃で4番を担う。
 1年秋から正捕手(その他にサード)としてプレー。新チームから主将を任された。
 二塁到達2.0秒前後(最速1秒72)の強肩も持ち味のひとつ。安定した送球で補殺を記録する。
 3年春の県大会打率.333(21打数7安打)本2点7。

  スカウトコメント

DeNAスカウト|18/10/25
 「強肩・強打の捕手。地肩が強く、ボールを捕ってからの速さと送球スピードが素晴らしい。捕手としての雰囲気を持っており、将来レギュラーを狙える逸材」
ソフトバンク・宮田スカウト|18/7/11
 「肩は安定している」
DeNA・吉田スカウト部長|18/7/11
 「評判通り。捕手としてのセンスがある」
 「肩は魅力。打撃も雰囲気を持っている」
中日・正津英志スカウト|18/7/11
 「送球の速さを評価している」
プロスカウト|18/7/11
 「地肩があって、打力もある。タイプで言えば広島の会沢かな」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-11-11(日)|2018年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ホークス獲ってほしい
| 匿名 | 2018年09月10日(Mon) 10:41 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑