杉尾 剛史(宮崎産業経営大)|ドラフト・レポート

杉尾 剛史(宮崎産業経営大)

ここでは、「杉尾 剛史(宮崎産業経営大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



172cm80kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・チェンジ・ワンシーム 宮崎日大
最速147㌔直球とスライダー、チェンジアップ。大学選手権で創価大を撃破、8回を10K2失点に抑えた。

  投手成績

 【 全国大会 】
   18選    回数 被安 奪三 四死 自責
   創価大 先   8  4  10  3  1 145㌔(東ド) ○
   九産大 先   8  7  5  0  2 143㌔(神宮) ●
          16  11  15  3  3 防1.69
      被安打率6.19 奪三振率8.44 四死球率1.69

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   15夏: 1 先  3.1  7  1  3  2 142㌔ 上田西 ●
   通算: 1    3.1  7  1  3  2 防5.40
       被安打率18.90 奪三振率2.70 四死球率8.10

  最新記事

 ■ 宮崎産業経営大・杉尾10K 大金星!創価大6―2撃破(スポニチ) 18/6/13

 初出場の宮崎産業経営大が6―2で創価大を撃破。エースの杉尾剛史投手(3年)が8回2失点、10奪三振と好投した。宮崎日大3年夏に甲子園出場も初戦敗退。「期待に応えられず申し訳ない気持ちでいっぱいだった」。強豪校からの勧誘もあったが、地元を最優先に全国的には無名の宮崎産業経営大に進学した。当初は「週3日は休みで自主練もしない。かなりびっくりした」。それでも「このままじゃダメ」と先輩を説得しながらチームの意識を高めた。専用球場はなく授業とアルバイトを両立しながら全員が自主練でカバーする。杉尾はプロ野球のキャンプ見学や動画で投球を研究。冬は週5日、150球以上投げ込んで球速を147キロまで上げた。この日は3種のスライダー巨人・菅野を参考にしたワンシームチェンジアップ、スライダーも操り、創価大をほんろうした。
 5回まで内野安打1本のみ。真っすぐを低めに集め、縦横のスライダー、チェンジアップなど多彩な変化球を織り交ぜた2失点した8回に右ふくらはぎがつり、この回限りで降板したが、快勝の立役者となった。福岡ソフトバンクの岩井スカウトは「もう一段階上がればプロ、さらにレベルアップすれば桑田(真澄、元巨人)のようなタイプになる可能性を秘めている」と評価した。(西日本スポーツ)

  プロフィール

 宮崎県宮崎市出身。
 杉尾 剛史(すぎお・つよし)投手。
 小学校1年の時から野球を始め、久峰中では宮崎シニアに所属。

 宮崎日大高校では1年秋からベンチ入り。
 旧チーム時代からエースとしてチームを引っ張り、3年夏に18年ぶり2度目の県大会Vを達成した。
 宮崎学園・横山楓と投げ合った決勝(13-0)で計8回1安打0封の好投を披露。
 主に先発として全5戦(完投無し)に登板し、計33回22安打、25K3失点の好成績を残した。
 続く甲子園1回戦の先発を務めるも、計3.1回で3失点と振るわず0対3で敗退。
 立ち上がりが悪く0.1回2失点でノックアウトとなり、打線も草海をとらえ切れず完封負けを喫した。
 同学年のチームメイトとして前田禎史(上武大)ら。

 宮崎産業経営大では1年春からベンチ入り。
 いずれも先発として10試合中3試合に起用され、宮崎大2回戦で初完投初完封勝利を収める。
 同年秋からエースとしてチームを支え、2年春に4戦4勝でMVPのタイトルを受賞。
 大学で真っ直ぐの最速を147㌔まで伸ばし、創部32年目の3年春に全国初進出を達成した。
 全国大会には3年春の第67回大学野球選手権(初出場で8強進出)に出場。
 3試合中2試合に先発投手として登板し、合計16回で15K5失点、防1.69の好成績を残した。
 強豪・創価大を相手に8回4安打10三振2失点(6-2)の好投で1回戦を突破。
 準々決勝で九産大と接戦を演じたが、援護に恵まれず、7安打0対3完投負けで敗退となった。
 全国大会2試合、1勝1敗、16回、防御率1.69。

 172cm80kg、プロ注目の最速147㌔右腕。
 ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地し、テイクバック大きめに右肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(先発時)の直球と、
 120㌔前後から120㌔台の縦横スライダー、120㌔台のチェンジアップ、130㌔台のワンシーム。
 進学後の体作りで自己最速を147㌔までアップ。1年秋に主戦の座を獲得した。
 伸びのあるストレートにスライダー、チェンジアップなどを交え、内外に投げ分ける投球で翻弄する。
 創価大相手に8回10K2失点の好投を見せた。

  スカウトコメント

福岡ソフトバンク・岩井スカウト|18/6/13
 「もう一段階上がればプロ、さらにレベルアップすれば桑田(真澄、元巨人)のようなタイプになる可能性を秘めている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-06-29(金)|2019年大学生投手 | 九州地区大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 九州地区大学 コメント(0) Page Top↑