廣澤 優(日大三)|ドラフト・レポート

廣澤 優(日大三)

ここでは、「廣澤 優(日大三)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



廣澤 優(日大三)

189cm78kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ
長身から投げ下ろす角度のある直球とスライダー、フォーク。2年夏の甲子園で最速148㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   18夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   龍谷平安 先   5  2  3  2  2 148㌔
   金足農業 先  3.2  6  2  2  1 144㌔ ●
           8.2  8  5  4  3 防3.12
       被安打率8.31 奪三振率5.19 四死球率4.15

  最新記事

 ■ 日大三・広沢 7回無失点で勝利 金足農・吉田から刺激(デイリースポーツ) 18/9/17

 日大三が七回コールドで快勝した。広沢優投手が先発し、7回無失点。新チームの初戦を好投で飾った。7回を一人で投げ抜き9奪三振。今夏の甲子園で2試合に先発し、自己最速を148キロに更新するなど飛躍した。準決勝では金足農・吉田と投げ合い、打席で甲子園準優勝投手となる右腕のボールも体感。「見たことのない球。目標にして超えられるような選手に」と刺激を受けた。新チームではエース番号を任された。「1をつけられたのはうれしい」と喜びつつ、同学年の最速150キロ右腕・井上広輝投手とWエースとして共闘していく意識が強い。

 ■ 日大三にまたスーパー2年生広沢148キロデビュー(日刊スポーツ) 18/8/17

 来秋ドラフト候補の日大三・広沢優投手(2年)が、甲子園初登板初先発で衝撃のデビューを飾った。1回、先頭打者は自己最速を1キロ更新する147キロで空振り三振。3番打者への3球目に148キロをマークした。2回戦の奈良大付戦では、同じ2年生の井上広輝投手が自己最速を3キロ更新する150キロをマーク。「自分も結果を出して、いい投球をしたいと思った課題はありますが、試合を作れて良かったです」と話した。

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:杉並高校     3  4  7  0  1
   4回戦:豊多摩高     5  5  8  2  1
   準々決:片倉高校     3  3  3  4  3
   準決勝:東海菅生 先   2  6  0  4  5 144㌔
               13  18  18  10  10 防6.92(失点から計算)
          被安打率12.46 奪三振率12.46 四死球率6.92

 ■ 日大三・井上、横浜・及川ら2年生投手に注目(日刊スポーツ) 18/5/19

 春季関東大会が19日、千葉県で開幕する。今大会は捕手とともに2年生投手にも好投手が集まった。右投手の筆頭が、日大三の井上広輝投手。チームメートの最速142キロ右腕の広沢優投手は、189センチの長身から角度のあるボールを投げ込む。

   18春           回数 被安 奪三 四死 失点
   東京3回戦:日体荏原 先   4  4  3  2  2
     決勝戦:国士舘高 先   5  4  4  2  0 142㌔
   関東1回戦:桐光学園     2  3  3  0  1 145㌔
     2回戦:山梨学院 先   4  6  4  2  4
     準決勝:常総学院 先  3.2  8  3  2  5 140㌔
                18.2  25  17  8  12 防4.82
            被安打率12.05 奪三振率8.20 四死球率3.86

  プロフィール

 東京都世田谷区出身。
 廣澤 優(ひろさわ・ゆう)投手。
 玉堤小時代に大田リトルで野球を始め、尾山台中では世田谷西シニアに所属。

 日大三高では1年秋から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年春の都大会から主力の一角として登板し、5戦18.2回で17K、防御率4.82の実績を残す。
 完封リレーで勝利した決勝・国士舘戦(6対0)で5回4安打0封の粘投を披露。
 関東大会3戦14.2回に起用され、計10失点を喫しながらも、最速更新の145㌔をマークした。
 同年夏の甲子園5戦中2戦の先発を担い、計8.2回で5K、8安打3失点を記録。
 全国デビュー戦の3回戦・平安戦(5回3K2失点)で自己最速2㌔更新の148㌔を計測している。
 1学年上に日置航河村唯人、同学年に井上広輝ら。

 189cm78kg、190センチ近い長身を誇る最速148㌔右腕。
 ノーワインドからゆっくりと足を上げ、重心を下げてインステップし、開き早めに柔らかい腕の振りから
 投げ下ろす最速148㌔、常時140㌔前後から140㌔台前半の角度ある直球と、
 120㌔台から130㌔前後の縦横スラ、120㌔台フォーク、120㌔前後のチェンジ、100㌔台カーブ。
 長い腕から投じる最速148㌔の真っ直ぐが武器。コントロールにバラツキが残る。
 2年春の都大会から主力の一角として活躍。同年夏の甲子園3回戦で最速148㌔を計測した。
 2年夏の被安打率10.80、奪三振率9.55、四死球率5.82。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-09-18(火)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑