寺西 成騎(星稜)|ドラフト・レポート

寺西 成騎(星稜)

ここでは、「寺西 成騎(星稜)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



寺西 成騎(星稜)

186cm84kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・フォーク
伸びのある直球とスライダー、フォーク。甲子園で143㌔計測。バランスの取れたフォームから投げ込む。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   18夏: 2   1.2  2  0  0  2 
           1  0  0  0  0 143㌔ 藤蔭高校
          0.2  2  0  0  2 142㌔ 済美高校
   19夏: 1   0.2  2  0  2  3 142㌔ 立命宇治
   通算: 3   2.1  4  0  2  5 防19.29
      被安打率15.43 奪三振率0.00 四死球率7.71

投手成績詳細

   18春            回数 被安 奪三 四死 自責 
   北信越2回戦:関根学園 先   5  2  6  1  0
      決勝戦:佐久長聖     2  3  0  1  2
                  7  5  6  2  2 防2.57
              被安打率6.43 奪三振率7.71 四死球率2.57

   18夏            回数 被安 奪三 四死 失点 
   石 川3回戦:小松市立     2  1  3  0  0
                  2  1  3  0  0 防0.00
             被安打率4.50 奪三振率13.50 四死球率0.00

  最新記事

 ■ 寺西&荻原、1年生右腕コンビは最高の親友で最大のライバル(スポーツ報知) 19/2/10

 寺西は昨夏の甲子園に背番号18で出場。藤蔭との1回戦で自己最速の143キロを記録したが、秋はフォームを崩し公式戦登板は6回だけ。明治神宮大会での登板はなかった。

   18秋            回数 被安 奪三 四死 失点 
   石 川2回戦:金沢錦丘     2  1       0
      3回戦:野市明倫     1  1       0
      準決勝:鵬学園高     2  1  3  0  0
   北信越1回戦:関根学園     1  1  0  0  0
                  6  4  5  1  0 防0.00
              被安打率6.00 奪三振率7.50 四死球率1.50

 ■ 星稜、1年生右腕・寺西が衝撃デビュー(スポーツ報知) 18/8/6

 186センチの長身右腕・寺西が、鮮やかに甲子園デビューを飾った。9回から登板し「緊張したけど、奥川さんから『5点差だからバッターに集中していけ』と言われた。思い切って投げました」。先頭打者には自己最速を4キロも上回る143キロをマーク。直球で一邪飛に仕留めると、2人目はカーブで二飛。3人目は遊ゴロに抑えて試合を締めくくった。

 ■ センバツ8強の星稜にU15侍戦士トリオ(日刊スポーツ) 18/7/5

 今春センバツで8強入りした星稜では、昨年U15日本代表としてアジア選手権制覇を経験した内山壮真内野手、荻原吟哉投手、寺西成騎投手の「中学侍ジャパントリオ」が大活躍の予感だ。軟式で最速141キロだった大型右腕の寺西は、阪神福留から奪三振の経験がある。テレビの企画で3打席対戦。「オーラがすごかったです。最初はどこに投げればいいか分からなかった」と1本ヒットを許したが、三振とゴロにも仕留めた。OBの松井秀喜氏と同じ小中学校、野球クラブ出身で、3つ上の兄建さんは星稜時代に「ゴジラ2世」と呼ばれた大型打者。偉大な先輩の背中を追っている。

  プロフィール

 石川県能美市生まれ。
 寺西 成騎(てらにし・なるき)投手。
 能美市立浜小3年時から軟式野球を始め、根上中3年夏に軟式野球部で全国出場。
 U-15日本代表でアジア選手権優勝を達成した。

 星稜高校では1年春から背番号18でベンチ入り。
 北信越2回戦・関根学園戦に先発として登板し、5回6三振無失点の好投でデビュー戦を飾る。
 同年夏の予選を救援1試合のみで終え、甲子園初戦・藤蔭戦で全国初登板。
 9対4の9回表から2番手としてマウンドに上がり、143㌔直球で1回を無安打無失点に抑えた。
 済美高との打撃戦を延長13回TB11-13(0.2回2失点)で落とし2回戦で敗退。
 7-4の8回裏1死満塁から5番手で起用されたが、3ラン弾などで7-9とされてリリーフ失敗となった。
 3学年上に兄・寺西建、1学年上に奥川恭伸、同学年に内山壮真ら。

 186cm84kg、最速144㌔直球を持つ1年生右腕。
 セットから溜めて重心を下げながらインステップし、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ下ろす
 最速144㌔、常時130㌔台中盤から140㌔強(救援)の伸びのあるストレートと、
 120㌔前後のスライダー、100㌔台から110㌔前後のカーブ、130㌔強で落ちるフォークボール。
 強豪校で1年春からメンバー入り。バランスの取れたフォームから投げ込んでいく。
 軟式球を使用していた中学時代から141㌔をマーク。高1夏の甲子園初戦で143㌔を計測した。
 U-15侍日本代表でクローザーを務めた実績を持つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019年02月12日(火)|2020年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今年のドラフト会議は下位指名でしょう。
まだ球団の声が聞こえてきませんが、後々、聞こえて来るでしょう。
今年の夏の甲子園、初戦突破目指して頑張って下さい。
| ゆうと | 2019年06月23日(Sun) 15:10 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑