山田 将義(二松学舎大付)|ドラフト・レポート

山田 将義(二松学舎大付)

ここでは、「山田 将義(二松学舎大付)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm75kg 右左 捕手 50m6秒0
二塁送球タイム1.9秒強の強肩捕手。度胸の良さも魅力。1年夏から正捕手としてチームを牽引する。

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏: 2 .000  4  0 0 0 0 0 1 1 0  .200  .000
   通算: 2 .000  4  0 0 0 0 0 1 1 0  .200  .000

  最新記事

 ■ 二松学舎大付・山田 浦学の機動力強肩で封じた(スポーツ報知) 18/8/17

 あふれ出る感情に、二松学舎大付の1年生捕手・山田将義の顔がぬれた。同校初の8強進出を狙ったが、浦和学院に完封負け。3大会連続で3回戦敗退となった。聖地では2試合で4打数無安打。それでも二塁送球1・9秒の肩で、存在感を示した。同点の3回無死一塁。目の前に転がった犠打を素早い送球で二塁封殺すると、4回無死一塁でも、二盗を阻止した。南埼玉大会6試合で30盗塁をマークした浦和学院の機動力を封じた背番号12は「肩が通用するというところは感じました

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏予: 6 .381  21  8 2 0 1 10 3 1 0  .409  .619

   【二塁送球タイム】 1年夏甲子園 2回戦1回:1秒93、3回戦4回:1秒94

 ■ 1年生捕手山田 攻守で勝利導く(スポニチ) 18/8/15

 1年生捕手の山田が先輩の2投手を好リードし、勝利に貢献した。「試合中、学年は関係ない。“しっかり投げてください”とか“走者は気にしないで”とか気付いたことは言います。もちろん気は使ってますよ」。U-12、U-15日本代表。捕球してから二塁までの送球タイムがプロレベルの1・9秒で、初回2死一塁では二盗を刺した。8番打者としても2犠打1四球でつなぎ役を務めた。
 芝草宇宙氏による注目捕手 二松学舎・山田将義 日南学園・蓑尾海斗

 ■ 二松学舎大付が連覇スーパー1年山田がV打(日刊スポーツ) 18/7/30

 二松学舎大付が小山台に6-3で逆転勝ちし、2年連続3度目の甲子園出場を決めた。1点を追う5回、同点としなおも2死満塁で、1年生の山田将義捕手が泥臭い内野安打を放って勝ち越した。「絶対に1点を返そうと思った」。たたきつけた打球は遊撃へ転がった。50メートル走6秒0の足が勝って内野安打に。この日2打点目が勝ち越しとなった。高校デビュー戦となった3回戦から6試合で10打点。「恐怖の8番」として2連覇に貢献した。二塁送球1・9秒台を誇る捕手として、先輩2投手をリードし3失点に抑えた。制球の良い大庭颯仁投手(2年)はテンポ良く、2番手で最速146キロの岸川投手は真っすぐで押し、気持ちを乗せた。変化を感じれば臆することなく注意する。山田は「マウンドへ行く時は夢中で、タメ口で話してるかも」と苦笑いする。市原勝人監督も「将来のうちの野球部を背負う選手」と期待を寄せるルーキーだ。

  プロフィール

 東京都墨田区出身。
 山田 将義(やまだ・まさよし)捕手。
 押上小6年時にジャイアンツJr.入りを果たし、駿台学園中では野球部で主将・1番・捕手。
 U12及びU15代表(主将)として国際大会を経験した。

 二松学舎大付では1年夏から正捕手としてプレー。
 背番号12ながら下位で全6戦に出場し、21打数で8安打、打率.381本1点10の好結果を残す。
 継投が持ち味のピッチャー陣を落ち着いたリードと売り物である強肩でサポート。
 4回戦・成立学園戦でライトへのソロをマークし、決勝・小山台戦で勝ち越しの遊安を放った。
 続く甲子園初戦2回戦で広陵と対戦し、前年の準優勝校を5対2で見事撃破。
 初回2死から仕掛けられた二塁盗塁で到達タイム1秒93の正確な送球(アウト)を披露している。
 2学年上のチームメイトとして岸川海、平間陸斗ら。

 176cm75kg、スローイングを売り物とする1年生正捕手。
 二塁到達1.9強を計時する正確な送球が武器。1年夏の甲子園で1秒93の好タイムマークした。
 小1で野球を始めて以来捕手ひと筋。落ち着いたリードで投手陣をけん引する。
 上級生投手と臆せずコミュニケーションをとる度胸も持ち味。U15代表の主将として活躍した。
 同チームで正捕手(自身は1B、またはRF)を務めた内山壮真に対抗心を持つ。
 左右に打ち分ける左打者。下位に座った1年夏の予選で計10打点の勝負強い打撃を見せた。
 捕手ながら50m6秒0、一塁到達4.2秒台の脚力を備える。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-08-17(金)|2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑