河村 唯人(日大三)|ドラフト・レポート

河村 唯人(日大三)

ここでは、「河村 唯人(日大三)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【18候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



河村 唯人(日大三)

175cm74kg 左左 MAX144km スライダー・カーブ・フォーク
最速144㌔の直球とスライダー、フォーク。甲子園6戦26.2回で37K。出所の見づらいフォームから投じる。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   18春: 1    1  2  3  0  2 138㌔ 三重高校
   18夏: 5  25.2  17  34  14  9
           5  2  8  1  2 139㌔ 折尾愛真 ○
           6  6  11  2  4 140㌔ 奈良大附 ○
           4  2  3  5  1 141㌔ 龍谷平安 ○
           7  4  10  2  1 141㌔ 下関国際 ○
          3.2  3  2  4  1 141㌔ 金足農業
   通算: 6  26.2  19  37  14  11 防3.71
      被安打率6.41 奪三振率12.49 四死球率4.73

  最新記事

 ■ 白球譜「マウンドに立てばエース」 日大三(3年)河村唯人投手(毎日新聞) 18/8/16

 昨秋の新チーム発足時、初めてエースナンバーを背負ったその責任に「自分がつけていいのか」と心に不安と迷いを秘めてマウンドに立った。今春の選抜からエースの座を譲った課題は精神面の弱さ。ブルペンから緊張感を高めて投球することを習慣づけた。成果は春の都大会で表れた。肘の痛みを訴えた仲間に代わり、緊急登板してピンチを乗り切った。自信をつけて臨んだ西東京大会は先発、リリーフとフル稼働し、全試合に登板。最速144キロの直球とスライダー、フォークなどの変化球を丁寧に投げ分け、投手陣を引っ張った。

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点 
   3回戦:杉並高校    1.2  1  2  2  0
   4回戦:豊多摩高 先   4  4  6  0  2
   5回戦:駒大高校     3  2  6  2  0
   準々決:都立片倉 先   4  2  3  5  3
   準決勝:東海菅生     7  3  3  5  1 143㌔
   決勝戦:日大鶴丘    6.2  4  7  3  1 142㌔
              26.1  16  27  17  7 防2.39
           被安打率5.47 奪三振率9.23 四死球率5.81

 ■ 日大三・河村は「招き猫」成瀬に似てる/サブロー氏(日刊スポーツ) 18/8/11

 プロで大化けする可能性がある“隠し玉”候補だ。100回大会の日刊スポーツ「編成部長」を務める前ロッテのサブロー氏が、日大三の2番手で好投した背番号「10」の左腕、河村唯人投手の「招き猫投法」に着目した。身長175センチの河村の直球は130キロ台中盤がほとんど。ただ、その直球に打者は振り遅れ、差し込まれるボールの出どころが見えにくいフォームは「招き猫投法」と言われたヤクルト成瀬にそっくりだ。タイミングを取りたくても取るポイントがないから、振り遅れる。河村はコントロールも良く、切れのある直球がコーナーに決まっていた。木製バットになれば、さらに詰まったゴロや凡フライも増えるだろう。中継ぎより、打たせて取ってゲームをつくる先発タイプの魅力を感じる。

 ■ 河村唯人投手(2年) 特訓で制球力磨く(毎日新聞) 18//3/1

 投手陣の一翼を担う貴重なサウスポー。最速141キロの直球を最大の武器にしている。特に自信を持つのは、左腕特有の、打者に向かって対角線に投げ込むストレート。「良いボールを持っている。自信を持って投げてほしい」。小倉全由監督も期待を込める。

  プロフィール

 埼玉県所沢市出身。
 河村 唯人(かわむら・ゆいと)投手。
 東所沢小6年でライオンズJr.入りを果たし、柳瀬中学校では所沢中央シニアに所属。
 シニア代表として中3夏の全米選手権に出場した。

 日大三では2年夏から控え投手としてベンチ入り。
 同年秋の予選に背番号1(実質控え)として臨み、2試合4回で4K、6安打3失点の実績を残す。
 翌3年春の選抜(背番号10)2回戦・三重戦で1回2失点の全国大会デビュー。
 同年7月の西大会にエース格として出場し、26.1回27K7失点の力投で5年ぶりVを達成した。
 7回1失点の好救援を演じた準決・東海大菅生戦(9-6)で最速143㌔を計測。
 勝又温史と投げ合った決勝・日鶴戦でサヨナラを呼ぶ6.2回7K1失点の力投を披露している。
 続く本戦(4強)全5戦に救援で登板し、25.2回34K9失点の奮闘で4勝を記録。
 折尾愛真戦で1イニング4Kを達成し、奈良付戦で6回11K、下関国際戦で7回10Kをマークした。
 同学年に日置航、1学年下に井上広輝廣澤優ら。

 175cm74kg、ボールの出所が見づらい144㌔左腕。
 セットからやや捻って重心を下げ、テイクバック小さくインステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速143㌔、常時130㌔台前半から140㌔弱のキレの良いストレートと、
 100㌔台から110㌔前後のスライダー、その他120㌔前後から120㌔台で落とすフォークボール。
 球の出所を隠したフォームから投じるストレートで打者を振り遅れさせる好左腕。
 内を突く強気の投球も持ち味の一つ。スライダー、フォークを交え、まずまずの制球で投げ分ける。
 甲子園での奪三振率12.49。遠投100m、50m6秒2。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2018年プロマーク状況



最終更新日:2018-08-20(月)|2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2018年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑