上間 永遠(徳島インディゴソックス)|ドラフト・レポート

上間 永遠(徳島インディゴソックス)

ここでは、「上間 永遠(徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



179cm78kg 右右 MAX148km スライダー・カット・カーブ・フォーク 柳ヶ浦 18歳
最速148㌔の真っすぐと、スライダー、カット、カーブ。しなやかな腕の振りが魅力。1年目から先発を担う。
2019年西武7位(契約金1000万円、年俸500万円)

  動 画

  投手成績

 ■ 独立リーグ時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19年: 15  4勝4敗  70.2  48  64  26  11  1.40(1位)
   通算: 15  4勝4敗  70.2  48  64  26  11  1.40
          被安打率6.11 奪三振率8.15 四死球率3.31
    ※ 19年:最優秀防御率

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:大分東高 先   6  6  8  0  1
   3回戦:日出総合     5  2  8  1  0
   準々決:情報科学 先   9  5  9  4  1
   準決勝:明豊高校 先   3  3  1  5  2
   決勝戦:藤蔭高校     4  3  6  2  1
               27  19  32  12  5 防1.67(失点から計算)
          被安打率6.33 奪三振率10.67 四死球率4.00

  最新記事

 ■ 西武、IL徳島コンビが意気込み(スポニチ) 19/11/12

 四国IL・徳島のドラフト7位・上間と8位・岸が徳島市内のホテルで入団交渉に臨み、いずれも契約金1000万円、年俸500万円で合意した。最速148キロを誇る右腕・上間は「先発として活躍し、最多勝を目標にして頑張りたい」と意気込んだ。
 西武の鈴木敬洋スカウトは「上間投手は潜在能力が高いので鍛え上げれば先発や中継ぎを目指せると思う」と期待感をにじませました。(徳島 NEWS WEB)

          回数 被安 奪三 四死 自責
   阪神2軍 先  0.1  2  0  1  3 140㌔…肘痛を押して登板

 ■ プロ注目右腕 徳島インディゴソックス・上間無念の降板(デイリースポーツ) 19/9/13

 阪神スカウトが6人体制で視察する中、最速148キロ右腕・上間永遠投手(18)が阪神2軍戦に先発。しかし右肘の違和感を訴え、初回途中で無念の降板となった。今月1日の試合後に痛みを感じ、1/3を2安打1四球で3失点。「腕が振れなくて、簡単に打たれてしまった」と悔やんでいた。
 NPB9球団が視察したが、当初予定していた1回を投げきれず、1/3回を3失点、直球の最速も140キロと精彩を欠いた。プロ志望で「スカウトさんも見てくれていた。いちかばちか全力で投げて打たれたら仕方ない」と本来の力とはほど遠い出来に唇をかんだ。(日刊スポーツ)

 ■ 藤蔭 1点守り抜く エース市川、無四球完封(大分合同新聞) 18/7/26

 虎の子の1点を守りきった藤蔭が柳ケ浦との息詰まる投手戦を制して頂点に立った。柳ケ浦は中園、上間の継投で失点を最小限に抑えた。だが打線が援護できなかった。

  プロフィール

 沖縄県那覇市出身。
 上間 永遠(うえま・とわ)投手。
 古蔵中時代は硬式野球チーム・沖縄ダイヤモンドベースボール倶楽部でプレー。
 控え投手として中2夏のジャイアンツカップに出場した。

 柳ヶ浦高では旧チーム時代から控え投手としてベンチ入り。
 2年時夏の大分大会で2試合の先発を経験し、田中瑛斗が抜けた同年秋からエースを務める。
 秋季大分大会前に行われた県選手権で19季ぶり19度目となる優勝を達成。
 翌3年夏の県大会全5戦に先発救援で登板し、27回30K5失点の力投で準優勝へと導いた。
 プロ注目スラッガー・濱田太貴を擁する明豊を10-4(3回2失点救援)で撃破。
 1点差の接戦となった準々決・情報科学で5安打9K2-1完投勝利(サヨナラ勝ち)を収めている。
 当時の最速は144㌔。1個上に田中瑛斗(日ハム17年3位)ら。

 徳島インディゴソックスでは1年目から公式戦に出場。
 高卒新人ながら先発陣の一角として起用され、4勝、防1.40で最優秀防御率のタイトルに輝く。
 8月下旬に行われた愛媛MP戦で、3安打5K、3-0初完投初完封勝利をマーク。
 148㌔右腕としてプロからも注目されたが、肘を痛め、9月1日の試合を最後に戦線離脱となった。
 通算15試合(先10)、4勝(1完1封)4敗、70.2回、防御率1.40。

 179cm78kg、148㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドから左足を軸足に絡めて重心を下げ、クロスして右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速148㌔、常時130㌔台後半から145㌔前後(先発)のストレートと、
 120㌔台のスライダー、130㌔強のカットボール、100㌔台のカーブ。その他フォークなどを操る。
 しなやかな腕の振りが魅力。高卒1年目から先発陣の一角として実績を残した。
 1年目15試合(先10)70.2回で64K26四死球24失点(自責11)。コントロールには甘さが残る。
 被安打率6.11、奪三振率8.15、四死球率3.31。

  スカウトコメント

西武・鈴木敬洋スカウト|19/11/12
 「上間投手は潜在能力が高いので鍛え上げれば先発や中継ぎを目指せると思う」
西武・鈴木敬洋スカウト|19/10/17
 「質の良いストレートを投げ込む伸びしろのある投手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月12日(火)|2019年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑