北海道日本ハムファイターズ/ドラフト2019|ドラフト・レポート

北海道日本ハムファイターズ/ドラフト2019

ここでは、「北海道日本ハムファイターズ/ドラフト2019」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは日本ハム2019年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2018年指名選手

 【1位】吉田(金足農)投 【2位】野村(花咲徳)内 【3位】生田目(日通)
 【4位】万波(横浜高)外 【5位】柿木(大阪桐)投 【6位】田宮(成田高)
 【7位】福田(道都大)左 【育1】海老原(富山)
  過去記事:2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
       2010年 2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2018年
  2019年プロスカウト陣/パ・リーグ編

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 佐々木(大船)
     奥川(星稜高)投 及川(横浜高)投 西 (創志学)
 【上位】 
 【候補】 

-- コメント ---------------------------- 
 【右】 森下(明治大)  村西(近畿大) | 根本(木更総)  上田(大商大)
     立野(東理化)         | 藤本(社高校)  岩本(石岡一)
 【左】                | 
 【捕】 海野(東海大)         | 
 【内】                | 森 (桐蔭学)  韮沢(花咲徳)
 【外】 柳町(慶応大)  高部(国士大) | 野村(山梨学)
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】 谷川(近畿大)  太田(JR東) | 西舘(筑陽学)  栗田(知徳高)
     渕上(道都大)  米田(大谷大) | 遠藤(京翔英)  酒井(京国際)
     宮川(東 芝)         | 岡林(菰野高)  鈴木(霞ヶ浦)
                    | 堀田(青山田)
 【左】 河野(JFE 西)  松田(名 大) | 
 【捕】 郡司(慶応大)         | 
 【内】                | 
 【外】                | 山本(京翔英)

  最新記事

 ■ 日本ハム、ドラフト外れ1位候補12人リストアップ(日刊スポーツ) 19/6/9

 日本ハムは9日、都内のホテルでスカウト会議を行い、外れ1位候補12人リストアップした。すでに吉村浩GMが大船渡・佐々木朗希投手の1位入札を明言しており、星稜・奥川恭伸投手(3年)横浜・及川雅貴投手(3年)創志学園・西純矢投手(3年)ら高校生を中心として外れ1位候補を検討した。全体の指名対象候補は約80人に絞り込み、北海道関連では高校生1人がリストに残った。

 ■ 大船渡・佐々木が最速153キロ 日本ハムGMが1位指名明言(スポーツ報知) 19/6/2

 大船渡・佐々木朗希投手は2日、岩手県内で行われた佐久長聖との練習試合に先発した。9回149球を投げ、9安打4失点(自責3)、毎回の13奪三振。フィリーズのスピードガンで、この日の最速153キロをマークした。試合後には日本ハムの吉村浩GM(54)が「間違いなく1位で指名します。志望届を出す前提だけど、評価としては比較検討にならない。他の候補へのリスペクトはあるけど、圧倒的すぎる。来週のスカウト会議ではっきり決めます。その方がスカウトも動きやすい」と早くも1位指名を明言。怪物争奪戦は、さらに加熱していきそうだ。

 ■ 日本ハム1位候補に大船渡・佐々木ら12人 第2回スカウト会議(スポニチ) 19/2/18

 日本ハムは18日、沖縄県名護市内のホテルで第2回スカウト会議を行い、約120人をリストアップした。1位候補には最有力としている大船渡・佐々木朗希投手ら12人を挙げた。大渕隆スカウト部長は「全体像を把握するのが今日の目的。どんな選手がいるか、各担当に出してもらった」と説明した。北海道関連選手は10人がリストに入った。
 大渕スカウト部長は「今年は目立った選手は少ない」と話した。(SANSPO)

過去記事

 ■ 来秋ドラ1有力候補は大船渡・佐々木 くじ引き役・稲葉SCO(デイリースポーツ) 18/12/31

 日本ハムは来秋ドラフトの1位指名最有力候補として、大船渡・佐々木朗希投手をリストアップしていることが30日、分かった。栗山監督も獲得を熱望する最速157キロ右腕。吉村GMは個人名こそ挙げなかったが「ほぼ決まってる。投手だよ」と明言した。189センチの長身から繰り出される快速球は、エンゼルス・大谷をほうふつとさせる。同じ岩手県出身ということもあり、運命の赤い糸を感じている指揮官。「ヨシ(吉村GM)は何か言ってた?佐々木?」。本気度の表れか、意中の“恋人”の実名を公表した。競合した場合のくじ引き役として、野球日本代表「侍ジャパン」の監督も務める稲葉SCOの可能性が浮上。「球団に属しているし、今年も選択肢の中にあった」と吉村GM。木田投手チーフコーチは、既にその役を退いている。
 日本ハムが来秋ドラフトで大船渡の佐々木朗希1位入札の筆頭候補としていることが30日、分かった。(日刊スポーツ)

 ■ 日本ハム、早くも清宮の弟・福太郎くんをマーク!(SANSPO) 18/12/28

 日本ハムが、清宮幸太郎内野手(19)の弟で来年4月から早実高に進学する福太郎選手(15)=早実中=を早くも“リストアップ”したことが27日、分かった。少年野球から高校まで兄と同じ道を進む福太郎について、吉村GMは「能力が高い。気になっている」と明かした。東京北砂リトルでは2015年の小6時にリトルリーグ世界選手権に出場し、兄に続いて世界一に輝いた。調布シニアでは、右投げ右打ちの投手兼内野手でシニア関係者によるとすでに1メートル84、102キロの兄と遜色ない体格に成長しているという。投手としては、最速120キロ程度の直球を主体にスライダー、カーブ、フォークボールを操り、打席では広角に打ち分ける右の強打者高校では投手として勝負するつもりというが、一、三塁の守備もできる。日本ハムは入学時からスカウトを派遣して、“密着マーク”する方針。栗山監督も、思いは一緒で9月下旬に観戦のために札幌ドームで対面した際は、「(プロで)待っているよ」と声を掛けた。

 ■ スカウトにプロ未経験者をまた登用 桐蔭学園元コーチ坂本氏(スポーツ報知) 18/12/18

 日本ハムのスカウトに、桐蔭学園高の硬式野球部の元コーチで、現在は同校職員の坂本晃一氏(51)が就任することが17日、分かった。プロ出身ではないが、高校時代のロッテ・鈴木や楽天・茂木を育てた確かな目で、未来のチームを支える金の卵の発掘を担う。坂本氏は桐蔭学園高から専大を経て、1989年に株式会社ヤナセに入社。98年に退社後、99年に母校の硬式野球部顧問兼コーチに就任し、2013年7月まで務めた。球団側は夏の優勝1度を含む、春夏通算11度の甲子園出場の名門で指導した経験などを評価し、オファーしたもようだ。日本ハムはプロ経験のない異例の人材を抜てきし、チーム強化へ動いている。現スカウト部長の大渕隆氏(48)は、日本IBMから新潟の県立高校教諭を経て06年からスカウトに就任。来季からファーム総合コーチに就任する原田豊氏(60)は東海大から社会人野球・協和発酵に進み、選手、監督として活躍後、母校・柳井高の監督を経てスカウトに。その後、今年11月にコーチへと異例の転身を遂げた。このような起用の理由に、「スカウティングと育成」という基本方針がある。今年のドラフトは8人中、高校生を5人指名。既成概念にとらわれない人材起用で、より将来性のある選手のスカウティングを可能とし、自ら育てていく。

 ■ 日本ハム・栗山監督、今季ドラ1候補・佐々木にラブコール(デイリースポーツ) 18/11/4

 日本ハム・栗山英樹監督が3日、来季ドラフト1位候補の大船渡・佐々木朗希投手にラブコールを送った。何度か映像で確認したことを明かし「投げる姿がすてきじゃん」と絶賛。秋季キャンプ第1クールを終え、栗山監督は早くも来年のドラフト候補について言及。「やっぱりすごいな、というのが分かるよね」。今夏の岩手大会1回戦・盛岡三戦で、自己最速157キロを計測した佐々木に、同じ岩手県出身のエンゼルス・大谷を重ねる。「俺が決めるんじゃないけど」と前置きした上で「佐々木、佐々木とずっと言ってるもん。いい投手になるのは間違いない」と来年の1位指名を示唆した。

  スカウトコメント

佐々木朗希(大船渡)|吉村浩GM|19/6/2
 「間違いなく1位で指名します。志望届を出す前提だけど、評価としては比較検討にならない。他の候補へのリスペクトはあるけど、圧倒的すぎる。来週のスカウト会議ではっきり決めます。その方がスカウトも動きやすい」
清宮福太郎(早実中)|吉村GM|18/12/28
 「能力が高い。気になっている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-06-10(月)|球団別情報 | コメント(44) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今季は育成ドラフトで投手用意しておいたほうがいいですね。
高校生ではなく、独立か大学生のハマればすぐ支配下即一軍で行けそうな投手。
| フラワー | 2019年06月20日(Thu) 07:05 | URL #- [ 編集]
1位佐々木公表しましたね。12球団競合と仮定した場合外れの優先順位は奥川→森下→西→佐藤都→立野→杉山→及川→太田→河野→宮川が個人的な希望です。

育成を今年も指名するかはわかりませんが、鎌ヶ谷含めて層が薄いんで今年は投手も指名してほしいなぁと思います。
| もるもる | 2019年06月08日(Sat) 19:12 | URL #- [ 編集]
平沼が1軍に定着しつつあるので、鎌ヶ谷の育成対象として高卒遊撃手の指名はありそうですね。
森(桐蔭学園)、武岡(八戸学院光星)、紅林(駿河総合)、韮沢(花咲徳栄)、遠藤(東海大相模)など、去年の根尾や小園ほどではないにしてもなかなか粒揃いなのではないでしょうか。
個人的には遠藤の動向に注目しています。
| kyo | 2019年06月01日(Sat) 22:15 | URL #- [ 編集]
1位佐々木→外れ佐藤都は私も賛成ですね。2位指名の順番次第では1位佐々木2位海野、外れ1位佐藤都を指名できたケースでも個人的には下位大社捕手の指名はありかなと思います。

投手は勝ちパの宮西秋吉投手の年齢考えるとここらで速球派のリリーフを当てたいところです。SUBARU高橋、TDK小木田、ヤマハ緒形らをうまいこと4-5位あたりで狙えればなと。

高卒内野は上位なら桐蔭森、中位以降駿河紅林、花咲韮澤らが候補でしょうか。東海大菅生小山は内野手としてもおもしろいかなぁと思います。
| もるもる | 2019年06月01日(Sat) 19:02 | URL #- [ 編集]
藤野、郡司は実力的には3位以下になってくるかと。守備面では佐藤を含めても海野が一番良いと思う。
ただ、現状では清水、石川に鶴岡がいて、二軍では郡と田宮がいる。実力はまだ物足りないけど、清水と石川の成長に期待しつつ、郡と田宮を競わせる今まで通りの方法でも良いかなと思う。
取るのなら1位で佐藤か海野、それ以外なら下位で高卒かな。
小山は外野の適性も高いと思っているので中位指名でも納得ですが。
| ゆき | 2019年06月01日(Sat) 08:16 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
高卒捕手なら 東妻か小山がほしいけど、できるだけ即戦力になる捕手が欲しい。 
佐藤が二位以下に残ってる可能性が低いから、東海大・海野、立教大・藤野、慶大・郡司のどれかにいってほしい。 
個人的には藤野いってほしいけど。
| テフテフ | 2019年05月31日(Fri) 22:48 | URL #YqzQT8Bs [ 編集]
投手はどうにかなると思うんですよね
北浦や田中瑛斗が先発として順調に育ってます
やはり問題は捕手と遊撃手もしくは西川がFAした場合のセンターなのかなと
佐々木を指名すると思うのですが、外れたら東洋大の佐藤都志也に行ってほしいですね
捕手ができない可能性があるとしても強肩外野手として使える
まぁ佐藤都志也は初回指名で消える可能性も高いんですが
| ナックル | 2019年05月30日(Thu) 10:19 | URL #9L.cY0cg [ 編集]
1位で佐々木を外し、奥川、森下、佐藤が既に指名されていると仮定。

1位 河野 投手 JFE西
2位 森 内野 桐蔭学園
3位 井上 投手 日大三
4位 小山 捕手 東海大菅生
5位 栗田 投手 智徳
6位 金子 外野 白鴎大
7位 村西 投手 近大
| ゆき | 2019年05月29日(Wed) 20:35 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
智徳の栗田
桐蔭学園の森
東海大菅生の小山

この三人は是が非でも獲得したいですな
| ゆき | 2019年05月21日(Tue) 13:24 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
度々、話題にしている桐蔭学園の森はプロ入り後は外野の方が似合っていそうな感じはありますね。ショートとして獲得後、外野コンバートでも1年以内に外野手の基礎はできると思います。
あとはJR西の佐藤は打撃も含めて面白いと思いますよ。
| ゆき | 2019年05月20日(Mon) 21:19 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
平沼や渡邉(と石井)が一軍の内野で落ち着きそうなのであれば、大学生内野手は獲得する必要がなさそうですね。
いろいろ調べてみたんですがやはり西川や近藤、大田泰示らのおそらく成績下降するタイミングで全盛期年齢に差し掛かっている選手は姫野、岸里、森山、王柏融、(淺間)。
正直このメンツに不安ありで、やはりセンター守れる選手は足りない..

船曳、宇草、金子莉あたりですかね?
ほかに大学生外野手、もしくは早期育成が可能な高校生外野手はいるのでしょうか?
| フラワー | 2019年05月14日(Tue) 19:21 | URL #- [ 編集]
前田じゃない、町田やった..
| フラワー | 2019年05月01日(Wed) 06:35 | URL #- [ 編集]
<投手>
佐々木朗希(大船渡)、及川雅貴(横浜)、奥川恭伸(星稜)
栗田和斗(智徳)、森下暢仁(明治大)、田中誠也(立教大)
<捕手>
小山翔輝(東海大菅生)、佐藤都志也(東洋大)、海野隆司(東海大)
<内野手>
森敬人(桐蔭学園)、勝俣翔貴(国際武道大)

今現在、獲得を熱望する選手です。
| ゆき | 2019年04月30日(Tue) 22:25 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
社会人野手の指名が許されるのであれば伊藤ヴィットルが気になります。
社会人に完成度を求めるより、遅咲きの身体能力タイプの方がファイターズは好むかもしれません。
東芝堀米なんかはハムの誰よりも遊撃守備は上手いでしょう。前田友潤がプロに行けない(行かない)くらいですから指名に至るのは難しいでしょうか。
東京ガス中山は今季がラストチャレンジ濃厚。もう遊撃としての線は薄いんですかね。
| フラワー | 2019年04月30日(Tue) 22:15 | URL #- [ 編集]
>フラワーさん、もるもるさん
ご丁寧にお答えいただきありがとうございます。
お二方の意見とも「打てる捕手」というところはやはりポイントとなっているようですね。
清水には期待感はあれど絶対的ではありませんし、二人とも打力がある分指名打者や他のポジションでの出場も視野に入れながら……という感じでしょう。それこそ有原-石川亮のような専属捕手が出てくることもありますから。
思い返せば鶴岡もはじめはダルビッシュの専属捕手みたいなものでしたしね。
後は外野手論など諸々踏まえても佐藤は2位以内に指名されそうですから、そこをどう読むか……。


大学生のショートといえば早大の檜村、法政大の福田、東海大の杉崎あたりが有名どころでしょうか。正直、どの選手もいまいちピンとは来ていないのですが……。
| ゆき | 2019年04月30日(Tue) 17:50 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
去年の指名内容、チーム事情、近年の傾向を考えても今年は投手野手ともに大学生主体になりそうかと思います。
ただし、遊撃手に関しては大学生で候補が今季はどうなのか?という点があります。
| フラワー | 2019年04月27日(Sat) 22:10 | URL #- [ 編集]
東洋佐藤はいわゆる「打てる捕手」になる可能性を秘めた選手でドラ1~2の24人に入ってくると思います。

もし彼をハムが指名するなら、秋までにどれだけ捕手として完成しているかが大事なのかなと。

現状のハムの育成体制は選手個々人のセンス次第、近藤選手の例をみても捕手として基礎から鍛えるというのは期待できそうにないので、ブロッキングやスローイングが秋までによくなれば是非上位で指名してほしいなと個人的には思います。
| もるもる | 2019年04月27日(Sat) 15:13 | URL #- [ 編集]
チーム事情を言うと、清水を正捕手として起用する方針は変わらないと思いますが、併用制を敷き、なおかつヘルニアを患ったことも考えると佐藤クラスの捕手を獲得しておくことは有益だと考えます。
自作のBOSでは非常に高い数値を示しています。捕手として1位で指名するに値する選手です。あとはそれよりも優先すべき選手や補強ポイントがあるかどうかでしょう。
外野手でも大成出来る可能性は否定しませんが、これほどの捕手をこっちのチーム事情で外野手に作り変えて入団させるよりも、まずは捕手としてやらせたいです。あとは本人が捕手でプロ入りしたいかどうか。明治大に空きポジションが無く一塁を守っていた岡大海とは事情が少し違いますからね。
二軍事情をいえば、郡や田宮も俊足強肩の選手です。彼らも外野手のプランを立てられる選手ですし、指名順位的にも育成には時間がかかるはずです。佐藤と競った上でポジションを取ってもらえば良いかと思います。
あとは蛇足ですが、某野球漫画の捕手と同じ名前なので、話題性は十分でしょう。コラボグッズ商品化は間違いないですね(笑)
| フラワー | 2019年04月27日(Sat) 00:11 | URL #- [ 編集]
ここにいる皆さん的には東洋大の佐藤はどうお考えですか?
外野手として考えている方も多いようですが、やはり打てる捕手は魅力なんですよね。
代表でマスクを被らせてもらえていないという不安はありますが…
よければご意見交換できればと思います。
| ゆき | 2019年04月26日(Fri) 19:54 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
この傾向を見ると、高卒、特にドラフト中〜下位選手が一軍ショートレギュラーになる道はかなり厳しいといえるかと思います。

日本ハム 遊撃手育成
難波(日) 高卒 ドラフト4位
石井(日) 大卒 ドラフト2位
平沼(日) 高卒 ドラフト4位
高濱(日) 高卒 ドラフト7位 一三塁
太田(日) 高卒 ドラフト8位 移籍
渡邉(日) 高卒 ドラフト1位
森本(日) 高卒 ドラフト2位 育成落ち
松本(日) 高卒 ドラフト2位 外野コンバート
西川(日) 高卒 ドラフト2位 外野コンバート
加藤(日) 大卒 ドラフト3位 移籍
中島(日) 高卒 ドラフト5位 主力
杉谷(日) 高卒 ドラフト6位
今浪(日) 大卒 大社ドラフト7位 移籍
陽(日) 高卒 高ドラフト1位 外野コンバート 移籍
川島(日) 大卒 大社ドラフト3位 移籍

2019年12球団遊撃手
坂本(巨) 高卒 ドラフト1位
今宮(ソ) 高卒 ドラフト1位
北條(神) 高卒 ドラフト2位
大和(横) 高卒 高ドラフト4位(FA移籍)
中島(日) 高卒 ドラフト5位
鳥谷(神) 大卒 自由獲得枠
京田(中) 大卒 ドラフト1位
西浦(ヤ) 大卒 ドラフト2位
大城(オ) 大卒 ドラフト3位
茂木(楽) 大卒 ドラフト3位
藤岡(ロ) 社会人 ドラフト2位
源田(西) 社会人 ドラフト3位
田中(広) 社会人 ドラフト3位
木浪(神) 社会人 ドラフト3位

2009年12球団遊撃手
西岡(ロ) 高卒 ドラフト1位
金子(日) 高卒 ドラフト3位
川崎(ソ) 高卒 ドラフト4位
石川(横) 高卒 ドラフト4位
中島(西) 高卒 ドラフト5位
石井琢(広) 高卒 ドラフト外(移籍)
大引(オ) 大卒 ドラフト3位
川島(ヤ) 大卒 大社ドラフト3位(移籍)
井端(中) 大卒 ドラフト5位
渡辺(楽) 社会人 大社ドラフト5位

他 近年の遊撃手
荒木(中) 高卒 ドラフト1位
松井(楽) 高卒 ドラフト3位(復帰)
二岡(巨) 大卒 ドラフト2位(逆指名)
安達(オ) 社会人 ドラフト1位
宮本(ヤ) 社会人 ドラフト2位(逆指名)
片岡(西) 社会人 ドラフト3位
梵(広) 社会人 大社ドラフト3位
| フラワー | 2019年04月26日(Fri) 01:19 | URL #- [ 編集]
個人的には内野手もそうですけど捕手が気になりますね。
清水選手が軸になるとして石川亮選が年老いた鶴岡實松選手と同レベルかそれ以下の打撃、肩が現状ですので、来季一軍で清水選手と併用できそうな捕手の指名はありなのかなと。

具体的な候補は3位に残れば東海海野、低い順位なら早大小藤でしょうか。打つほうはともかく肩の強い選手がいいですね。
| もるもる | 2019年04月25日(Thu) 19:54 | URL #- [ 編集]
大学社会人の左腕を獲得しても戦力にならないことから高校生左腕を育成するように方針が変容し、高校生主体であったチーム作り(特に野手)も弱手を補うべく大学生の指名も増えています。下で育てられる投手のパターンも確立できてきています。
解決していないのは遊撃の育成です。これまで通りを続けるのではなく、何らかの手を打つべきです。同じことを10年続けても、最下位上等で無理して起用した中島卓也しか育成できていないのが現実。スカウティングと育成の見直しを図るべきですね。
| フラワー | 2019年04月25日(Thu) 12:48 | URL #- [ 編集]
>フラワーさん
今、今年の指名リスト作ってる中で船曳の動画も見ましたが、バッテイングは非常に楽しみですね!足も速く、左中間にライナーを打てる選手は札幌ドーム向きだと思います。
守備に関してはネット上の動画では確認できませんでした。1年の頃からセンターを任されているようですから下手ではないと思いますが。
今年は怪我も癒えて試合にも出ているようですし、秋頃には上位候補と呼ばれても不思議はないと思います。それほどバッティングは光ってます。
| ゆき | 2019年04月24日(Wed) 22:38 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
育成以前のドラフトの課題ですが、自分としては社会人野手の指名も解禁していいんじゃないかと思いますね。
西武の源田のような大成功例は稀だとしてもオリックスの福田や巨人の田中弟くらいのアタリは毎年1人はいます。
高卒選手の育成にこだわりがあるのはわかるのですが、高卒選手の育成に割り当てた時間・資源に対してのリターンがあまり得られていないのが現状かな、と。その結果がどうなるかというと選手層の空洞化ですね。中島・西川・近藤といった主力選手より下の層があまりに薄い。
内野に関して言えば、かつて鎌ヶ谷で優先的に打席を与えていた現在20代半ばの高卒内野手では松本は外野転向、森本は育成降格、宇佐美は戦力外、渡辺がようやく1軍戦力になったくらいで太田はトレードで放出してしまいました。
高卒選手は「ロマン」「育ったら大きい」を大義名分にされがちですが、あまりにも投資効率が悪くないかと。やはり適度に社会人も指名していって選手層の穴を埋めていくのは必要なんじゃないかと思うわけです。
| kyo | 2019年04月24日(Wed) 21:58 | URL #- [ 編集]
かずさんがおっしゃるように近年の先発、二遊の伸び悩みは育成体制の問題が大きいかなと感じます。現GMとスカウト部長は元選手ではないのでデータにこだわりすぎるのは仕方ないのかなと。練習の強度やフロント陣の変更含め見直して欲しいですね。

ドラフトについて二遊は平均以上守れるのが今年FAの中島選手くらいの中、育てることが出来ない現状では数を打つしかないので、高校生なら桐蔭森ら、大社なら日本生命伊藤大阪ガス小深田らの複数指名もありかなと思います。出来れば大社についてはより低い順位で狙いたいところですが……
| もるもる | 2019年04月24日(Wed) 21:15 | URL #- [ 編集]
ショートスターターを肯定する理由として、長いイニングを投げられる先発がいないことがよく挙げられるけど、そもそもそういう先発を育てられない育成体制に一番の問題があると思う。
オープン戦や二軍の試合で先発が6イニング以上投げる試合は1年に1度あるかないか。練習試合で長いイニングを投げてないピッチャーがぶっつけ本番で長いイニングを投げられる訳がなく、ここまで極端に先発育成選手のイニングが短いのは12球団でもうちだけです。
恐らく球団は、選手獲得時に算定したBOSによる年度ごとの出場機会数の消化が第一という視点で選手の出場機会を決めていると思うのですが、あまりにもそこにこだわりすぎて育成に支障が出ているのかなという印象です。
少し前には二軍の二遊間が大累と森本で固定されてるという時期もありました。誰の目から見ても今後一軍で二遊間として使われることはないであろう選手を二軍で使い続けてどうするつもりだったのか?先発と二遊間を育成できていない理由はまさにそういうところにあるのではないでしょうか。
データのみにこだわり現場の目や感覚を軽視するようでは、イチローの言う頭の悪い野球そのものではないかと思います。
| かず | 2019年04月24日(Wed) 08:29 | URL #mQop/nM. [ 編集]
ところで船曳ってどうなんですかね?
| フラワー | 2019年04月22日(Mon) 21:55 | URL #- [ 編集]
センター候補だと、東洋大の佐藤は強肩俊足でモノにできそうですね。個人的には、捕手佐藤を諦めてはいませんが外野手候補として獲得したとしても何も不思議ではないです。ただ、そうなると指名順位が難しいですが…
他では白鴎大の金子はプロでセンターを守れる能力はあると思います。肩の強さはわかりませんが、飛球に対する追い方が非常に良い。バットを短く持ちますが小力はあるタイプでしっかりライナーを打つヒットが多いのも好印象です。「右投げ左打ちの外野手」に加え「低身長」というスカウトがマイナス評価を下す要素を持っていますが、4位ないし5位で指名する価値のある野手かと。

あとは今年の指名候補を見ていると、捕手や遊撃手をセンターにコンバートさせた方が良さそうな選手が多いかなという見立てです。
| ゆき | 2019年04月22日(Mon) 16:49 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
ショートスターターは長期的に見て新人の早期一軍定着、ローコストでの投手陣運営の可能性を秘めた戦略で、今季一年はその確立のために使っても良いでしょう。
7,8千万するHQS先発を何人も揃えるより、1500万3回1失点クラスをたくさん集める方が費用対効果がいいはず。新球場にダルビッシュを高額で迎え入れるためにも必要なことでしょう。これは「先発がゲームを作る」という既成概念とそれに伴う批判との闘いです。
さて、野手ではセンター候補が以前手薄です。遊撃からの派遣組ではなく、俊足強肩の外野守備のできるセンターが必要かと思います。
平沼もいずれセンターになってしまいそうですが...
| フラワー | 2019年04月12日(Fri) 22:12 | URL #- [ 編集]
明日からのロッテ3連戦で、一先ず今年の一巡目が終わりますね。
試合内容を見ていて、最下位でないのが不思議です。

ショートスターターの是非はまだ判断する時期ではないと思っています。新しいことへの挑戦は慎重に評価すべきで、今はまだ「1回目の結果」が出たあたり。これから改善・修正していくのでしょうかね?
しかし、新しくやろうとしたことが裏目に出て、結果、負けが続いているのも事実。その事実はチームそのものの状態を悪くしているようには感じますな。
策士策に溺れると揶揄されないためにも、結果を出すしかありませんね。

さりとて、問題は打線ですな。4番の中田は開幕カード以外はずっと低調。まぁ、彼は春先はいつも打てないので…。それを差し引いても2割くらいはあってほしいものですが。
問題は"新戦力が全く台頭してこない"ところ。横尾くらいのものでしょう。合格点をつけれるのは。王は、元々やってもらわなくてはいけない戦力なので除外。
セカンドを期待された石井、谷内は、結局、渡邊が復帰したら簡単にスタメンを譲ってしまう。
石川亮も有原を好リードしたのは良しとして、あまりに打てない。現状、清水が帰ってきたら、セカンド同様、清水起用の流れに落ち着きそうです。
浅間は開幕の頃のギラついた感じが完全に薄れてしまった印象。スタメン落ちにビクビクプレーしているように感じました。不慣れなサードとはいえ、個人的には今年は浅間にサードを任せるくらいの開幕の勢いでしたが…もっとも残念なところです。
とはいえ、まだ開幕して間もないですから、今後に期待します。

それから、1軍もさることながら2軍も全く打てていません。近藤、西川、中島、杉谷と高卒4年目あたりから1軍に定着しだした現レギュラーたちの鎌ヶ谷ファイターズとは雲泥の差ですな。
平沼の状態は悪くないですが、1軍ですぐに結果を残せるかといえばまだ難しいでしょう。かといって、現状、彼以外に1軍から声がかかる野手もいないでしょうが…
岸里、森山、難波、高濱……このあたりはもう少し頑張って欲しいところですね。特に森山は一塁の中田が不調なら「俺がレギュラー奪う!」くらいの気概は欲しいのですが、清宮が復帰したらあっさりとその座を明け渡しそう。
ドラフト的には、このあたりの年代を補強したいところです。田中瑛、吉田輝星、柿木、北浦など若い投手はいるので、野手に重きを置きたいところだが…
| ゆき | 2019年04月12日(Fri) 03:32 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
私も二遊の指名は高卒+大社がいいと思いますね。
やはり現状チームの穴かつ中島選手のFAもありますし。

1位 佐々木 大船渡
2位 森   桐蔭学園
3位 海野  東海大学
4位 小木田 TDK
5位 伊藤  日本生命
6位 伊藤 日本生命

野手はセンターライン、投手は速球に威力がありそうな投手の指名がいいかなぁと思います。
| もるもる | 2019年04月03日(Wed) 21:25 | URL #- [ 編集]
1位 佐々木 投手 大船渡
2位 森敬斗 内野 桐蔭学園
3位 岡野祐 投手 東芝
4位 伊藤ヴ 内野 日本生命
5位 小山翔 外野 東海大菅生
6位 前佑囲 投手 津田学園

今のところは今年のイチオシを並べたような指名です。
森は今のところ、特にイチオシ。軸回転のスイングで、インサイドアウトもできているので、木製バットにも早いうちから対応すると思います。高校時代の西川もこういう打撃をしていました。足の速さ、肩の強さの身体能力がかなり高く、まさに西川二世としても期待したいところです。

4位の伊藤は大卒社会人なのでうちの指名はなさそうですが、源田、福田と指名してほしかった内野手がことごとく活躍しているので、今度こそはと(笑)
平沼、難波が思いのほか苦労しており、二遊間はやはり手薄。守備のうまい社会人遊撃手を指名して、新しい風を吹かせたいところです。

小山は映像は数少ないですが、ホームランの映像を見てプロでも通じる打撃ができるように思いました。あとは守備面でどこが最適か…。足も速いようなので、外野をやらせるのか?

前はオーソドックスなフォームで、身体の成長とともに球速も増していきそうです。制球力もよく「まとまった投手」という印象ですが、ちゃんとトレーニングを欠かさず真面目に取り組む性格なら怪物級になれる投手と思っています。
| ゆき | 2019年04月03日(Wed) 00:51 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
森は打撃よかったですね。足と肩も目立っていました。プロ志望なら日ハムは狙いそうだと思います。

武岡は守備はいいプレーがありましたが打撃はやや淡白に見えました。じっくり待つよりは振っていくタイプで選球が粗い気がしました。
| 京極 | 2019年03月28日(Thu) 21:24 | URL #- [ 編集]
奥川は前評判以上の投球でした。前々から凄い投手という触れ込みもありましたし、私も間違いなく1位という評価でしたが、選抜での投球を見て、さらにワンランク上がった感じがありますね。まあ、佐々木にお熱のうちとは縁がないでしょうが……。少なくとも「外れ1位はありえない。競合でないと獲得できない」レベルの評価にはなったでしょうね。

前々から注目していた桐蔭学園の森。スイングスピードが速く、逆方向にも鋭く打球が飛んでいきます。そして、ともかく足が速い。将来的には、外野手として糸井のような選手になりそうな雰囲気をぷんぷんと感じます。遊撃手としては粗さが残りますが、どうでしょうね。桐蔭学園の場合、進学が基本線ですからね。現時点では高校生野手として1番の評価は変わりません。

及川は、昨年はまさに剛速球左腕という触れ込み通りの威力抜群の直球を披露していましたが、今回は以前の姿とは違いました。ときおりいい直球を投じるものの、確率が非常に悪くなっていました。そして直球に頼れないからスライダー多投の組み立てになる……。さすがに、甲子園レベルとなるとそれでは打ち込まれてしまいますね。現状、期待も含めて2位の前半で指名される投手かと。再生に自信があるならば1位も、という評価でしょうか。


あと、八戸学院光星の武岡は守備がうまいと評判でしたが、個人的には打撃(ミート)の方がセンスを感じました。しかし、上位で指名される選手としては物足りないかな、という評価です。
| ゆき | 2019年03月27日(Wed) 18:15 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
選抜は八戸学院光星の武岡に注目しています。足のある選手を指名してほしいです。
| 京極 | 2019年03月24日(Sun) 16:22 | URL #- [ 編集]
今年は高校生の野手に目ぼしい選手が見当たららませんでしたが、桐蔭学園の森は上位指名の価値がありそうですね。足と肩、打撃などは糸井や柳田になれる逸材です。一冬越えてショートの守備がどう成長しているか楽しみです。
| ゆき | 2019年03月02日(Sat) 19:17 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
原田スカウトがコーチとなったため空席だった九州沖縄地区担当スカウトは、福岡ダイエーでプレーしていた経験のある林孝哉スカウトが、昨年までの近畿担当エリアを大阪府に限定する形で九州大阪の併任。
手薄になった近畿地区は中国四国を担当していた加藤竜人スカウト、東海北信越を担当していた熊崎スカウトが近畿エリアに担当が拡大することでカバーする模様。
| フラワー | 2019年01月22日(Tue) 22:43 | URL #- [ 編集]
①佐々木(右投.大船渡):予想通りの流れ(第2の大谷:背番号11)
②津森(右投.東北福祉大):即戦力右腕(リリーフ/建山2世?)
③武岡(遊.右左.八戸光星):将来のショート
④林(左投.報徳):左腕育成
⑤東妻(捕.右右.智弁和歌山):将来の正捕手候補!?
⑥川野(遊.右両.九州学院):内外野両刀のスイッチバッター
| 上州の鉄人ランナー | 2019年01月19日(Sat) 20:49 | URL #- [ 編集]
エース候補
センター候補
ショート候補
この3点は不安なまま。特にセンター候補は実力者が欲しい。近年中にFAする人材と一時的な外国人を除くと、浅間がこけないことを願うことに。
あとは中継ぎの補充を。
| フラワー | 2019年01月02日(Wed) 18:43 | URL #- [ 編集]
1位佐々木投大船渡 杉山投創価大
2位小孫投創価大
3位韮崎内花咲徳栄
4位田中投立大
5位山瀬捕星稜
6位北山投日体大
| ガルベス | 2018年12月28日(Fri) 20:12 | URL #- [ 編集]
王柏融外野手 中堅、右翼の守備も良くてDH専門は勿体無い。
動画見て中田×近藤 かけ合わせた様な選手で活躍に期待がもてる
レアードより本塁打は10本減るかもしれないが打率が良いので
打点王狙えそうな選手ですね。変化球の対応に慣れれば◎。
日本でも3割20本100打点足も速いので10盗塁以上してくれそう。
ただ、そうなると3塁手と2塁手が誰がやるのかが課題ですね。
勝負強い打撃が魅力でレアードよりも活躍しそうですね。
| 紅蓮の流星 | 2018年11月22日(Thu) 01:23 | URL #- [ 編集]
来年は獅子(西武の意)の様に打ち勝つ野球にどうやらシフト
チェンジする方向性の様だ。軒並み撤退報道が出ていた
台湾の3冠王 王柏融(ワン・ボーロン)外野手の獲得交渉権を
得て、レアード三塁手との交渉が上手く言ってないとの事。
多分、今期限りでリリースだろう。守備はある程度で打を追及する選手を取る方針のようだ。戦力整ってきたし来期は投手中心になりそう。まだ、交渉段階だが上手くいく事を摂に望む。
| 紅蓮の流星 | 2018年11月21日(Wed) 14:09 | URL #- [ 編集]
高校生投手は佐々木=奥川>西>及川の評価。佐々木が大谷翔平なら、奥川は前田健太といったイメージを持っています。西は甲子園でもいい投球を披露していましたから上位候補は間違いないでしょう。及川は少し壁にぶつかっている印象です。

うちは清宮、吉田、野村と高校生を中心にドラフトを展開しているように、新球場を見据えた戦略をとっているのは栗山監督も公言するところです。
来季も引き続き高校生の実力者・スターを獲得に動くのではと思われます。

ただ、それも清水と石川次第、と思っています。清水と石川が新球場完成後の主力と見込めるのなら、投手の獲得に動くでしょうが、ここでこの二人がこけるようなことがあれば、有力な捕手も獲得したいところであります。
特に来年は佐藤という久しぶりの怪物捕手がいるので、非常に楽しみです。
| ゆき | 2018年11月11日(Sun) 17:58 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
栗山監督だけでなく、GM以下フロント全員で、その思いを共有していただきたい。あとは、1故障しないこと、2フォームを崩さないこと、3プロ志望届を提出すること、4いきなりアメリカ挑戦を表明しないこと、であれば、是が非でも指名して欲しい。背番号11は、この選手が相応しいと思う。
| ひで | 2018年11月04日(Sun) 17:56 | URL #55M3xJ8. [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(44) Page Top↑