西原 健太(札幌大谷)|ドラフト・レポート

西原 健太(札幌大谷)

ここでは、「西原 健太(札幌大谷)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm90kg 右右 MAX142km スライダー・チェンジ・カーブ
威力ある142㌔直球とスライダー、チェンジアップ。4番・エースの大黒柱。2年秋に神宮初Vを達成した。

  動 画

  最新記事

 ■ 昨秋Vの札幌大谷エース、春は投げられず「戻ってくる」(asahi.com) 19/3/29

 札幌大谷の背番号「1」は、一度もマウンドに立つことなく、甲子園を去った。一塁手として出場した西原健太は試合を終えると、開口一番言った。「悔しいです」。大会直前の練習試合で、急に肩に力が入らなくなった大事にはいたらなかったが、甲子園で登板するには調整が間に合わなかった。

   18秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   地区3回戦:北科大高 先   9  5  11  4  1
   全道2回戦:滝川西高 先  7.1  4  9  6  2
     準決勝:駒  苫 先  1.2  2  0  4  4
     決勝戦:札幌第一 先   2  6  1  2  4
   神宮1回戦:龍谷平安 先   7  6  3  3  5 139㌔…5回まで無失点
     決勝戦:星稜高校 先   9  1  8  4  1 140㌔
                 36  24  32  23  17 防1.75
             被安打率6.00 奪三振率8.00 四死球率5.75

 ■ 札幌大谷・西原の快投で初星(西日本スポーツ) 18/11/10

 札幌大谷は、プロ注目の184センチ右腕、西原が5回まで龍谷大平安を無失点で抑え、全国大会初勝利を呼び込んだ。「真っすぐで押す自分の持ち味は出せた。変化球で空振りを取れた」。最速は130キロ台後半だったが、スライダー、チェンジアップが良かった。

  プロフィール

 北海道札幌市出身。
 西原 健太(にしはら・けんた)投手。
 豊里小6年で日ハムJr.チーム入りを果たし、札幌大谷中では札幌大谷シニアに所属。
 中学3年夏に全国大会(初戦敗退)を経験した。

 札幌大谷では1年春からベンチ入り。
 中学時代のメンバーと共に早くから場数を積み、2年秋の新チームから4番・エースの柱を務める。
 全12戦中6試合の先発投手を担い、創部10年目での全道・神宮初Vを達成。
 不振に終わった全道大会後にフォームを直し、強豪相手の神宮で防0.56の好結果を残した。
 龍谷大平安と対戦した1回戦(6-5)で、5回まで0封、7回5失点の粘投を披露。
 1点差の投手戦を制した決勝戦・星稜戦で1安打(5回に左安)2対1完投勝ちを収めている。
 登板時以外はファーストとして出場し、打率.372本1、チーム2位12打点を記録。
 全道2回戦・滝川西戦で左越えソロをマークし、神宮準決・筑陽戦で適安含む3単打を放った。
 1学年上のチームメイトとして144㌔右腕・菊地吏玖ら。

 183cm90kg、恵まれた体格の142㌔右腕。
 セットからタメて前傾しながら重心を下げ、インステップし、右肘を使った球持ちの良い腕の振りから
 投げ込む最速142㌔、常時130㌔台前半から130㌔台後半の威力ある直球と、
 110㌔台から120㌔前後のスライダー、110㌔台で逃げて沈むチェンジアップ、100㌔台のカーブ。
 直球を武器とする本格派右腕。スライダー、チェンジアップ、カーブを織り交ぜる。
 2年秋の新チームから主戦として活躍。星稜高戦で1安打1失点(自責0)完投の好投を見せた。
 持ち前の打撃力を生かして4番打者を担う。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-03-29(金)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑