翁長 佳辰(日本文理大付)|ドラフト・レポート

翁長 佳辰(日本文理大付)

ここでは、「翁長 佳辰(日本文理大付)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm73kg 右左 MAX147km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク
最速147㌔直球と4種類の変化球。3年5月の練習試合で147㌔計測。主軸としてもチームを支える。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:大分鶴崎 先   7  4  7  2  0封
   2回戦:佐伯鶴城 先   9  8  5  8  6
               16  12  12  10  6 防3.38(失点から算出)
           被安打率6.75 奪三振率6.75 四死球率5.63

  最新記事

 ■ 日本文理大付・翁長は涙見せず「一番良かった」(西日本スポーツ) 19/7/19

 日本文理大付のエース、翁長の甲子園の夢は3回戦で終わった。「今日の投球が今までで一番良かった」と毅然とした表情で前を見つめた。5回までで8奪三振。だが7回に味方の守備の乱れで1死一、三塁として犠飛で失点。さらに9回には本盗を許し計2失点。伊志嶺監督を慕って石垣島から入学。「教えてもらったことは発揮できたと思う」と恩師への感謝を忘れなかった。

   19夏予        回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:国際情報 先   9  9  7  1  1 139㌔
   3回戦:大分商業 先   9  5  9  1  2 144㌔
               18  14  16  2  3 防1.50(失点から算出)
           被安打率7.00 奪三振率8.00 四死球率1.00

 ■ 日本文理大付・翁長、初の聖地へ導く(西日本スポーツ) 19/6/20

 エース翁長佳辰は最速147キロを誇るプロ注目右腕。今年5月の練習試合で自己最速の147キロをマークした。5月下旬に開催された大分県選手権では、4試合中3試合に登板。決勝では強打の大分打線を抑えて優勝を決めた。「自分のストレートが通用すると感じた」と手応えをつかんだ。打っても4番としてチームをけん引する翁長。投げて打って、ライバルを破り、自身最後の夏に聖地を目指す。

 ■ 文理大付、隙なし 零封&13安打7得点(大分合同新聞) 18/7/11

 文理大付が快勝発進を決めた。エース翁長佳辰(2年)が7回を零封(被安打4)し、打線も毎回の13安打で7得点。3年ぶりに夏の初戦を突破し、伊志嶺吉盛監督も「序盤は厳しいかとも思ったが、翁長が踏ん張って試合をつくってくれた」と安堵の表情をのぞかせた。
 エースで主軸打つ2年生大黒柱 評価(日刊による全国ピカイチ投手56人)

  プロフィール

 沖縄県石垣市出身。
 翁長 佳辰(おなが・けいたつ)投手。
 石垣小1年時から軟式野球を始め、石垣中では軟式野球部でエース。
 中学3年春に全国大会出場を果たした。

 日本文理大付では1年時からベンチ入り。
 2番ライトを担った夏の大会を初戦敗退で終え、主戦となった1年秋に県4強入りの実績を残す。
 同11月の1年生大会で11年ぶりVをはたし、翌5月の四国遠征で143㌔を計測。
 2年時夏の予選初戦で7回0封をマークしたが、佐伯鶴城に2-6で敗れ2回戦で敗退となった。
 主軸として打撃でもチームを引っ張り、同年秋に2年連続の県3位進出を達成。
 初戦2回戦・杵築高校戦で1対0完封勝ち、準決・大分戦で5安打1-2完投を記録している。
 その後のオフトレで下半身強化を進め、3年時5月の練習試合で147㌔を計測。
 同月下旬の県選手権4戦中3試合に登板し、大分を決勝で破って11季ぶりの優勝を飾った。
 第1シードとして挑んだ3年時夏の県大会は大分商に0-2で敗れ3回戦で敗退。
 5安打9三振2失点で完投したが、4番としては1単打と振わず、相手主戦・川瀬に完封を許した。
 同学年のチームメイトとして東門寿哉外野手ら。

 178cm73kg、147㌔直球を持つ右オーバースロー。
 セットポジションから始動をして軽く重心を下げ、着地早めに右ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔、常時130㌔台前半から140㌔台前半(高3夏)の直球と、
 120㌔前後の縦スラ、90㌔台のカーブ、120㌔前後で沈むチェンジアップ、120㌔台のフォーク。
 スカウトからも注目される好右腕。真っすぐで内角を突き、変化球を織り交ぜる。
 1年秋から主戦投手としてプレー。3年5月に行われた練習試合で自己最速147㌔を計測した。
 柔らかいバッティングをいかしてクリーンアップを務める。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年07月19日(金)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑