木下 幹也(横浜)|ドラフト・レポート

木下 幹也(横浜)

ここでは、「木下 幹也(横浜)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



木下 幹也(横浜)

185cm85kg 右右 MAX144km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ
恵まれた体格の右オーバースロー。1年時からリリーフで活躍、桐蔭学園戦で4.2回7K0封を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   19春: 1    2.2  2  3  2  3 140㌔ 明豊高校
   通算: 1    2.2  2  3  2  3 防10.13
       被安打率6.75 奪三振率10.13 四死球率6.75

投手成績詳細

   18夏(0完0封)        回数 被安 奪三 四死 自責
   神奈川2回戦:逗子高校    0.1  0  0  0  0
      3回戦:逗子開成     2  2  2  1  0
                 2.1  2  2  1  0 防0.00
              被安打率7.71 奪三振率7.71 四死球率3.86

   18秋(0完0封)        回数 被安 奪三 四死 自責
   神奈川2回戦:三浦学苑     1  0  2  0  0
      3回戦:鶴嶺高校     1  1  2  0  0 138㌔
      決勝戦:桐蔭学園    4.2  4  7  3  0
   関 東1回戦:甲府工業     1  0  0  0  0 137㌔
      準々決:春日共栄    3.1  6  5  1  4
                  11  11  16  4  4 防3.27
             被安打率9.00 奪三振率13.09 四死球率3.27

  最新記事

 ■ 横浜「背番号1」木下12回完投 及川は「10」(日刊スポーツ) 19/4/13

 横浜の「背番号1」が一皮むけた。プロ注目左腕・及川雅貴投手ではない。最速144キロ右腕・木下幹也投手(2年)だ。武器のスプリットもさえ、自身初の12回完投。三振も15個奪った。ベンチからは「モトヤ(幹也)、足ついてから!」との声が何度もあった。「ボールが先行すると、投げ急いでリリースが早くなってしまうことがあるので」と木下。内野陣も内海貴斗主将(3年)の判断で、効果的にマウンドへ足を運び、2年生右腕を支えた。

   19春(1完0封)        回数 被安 奪三 四死 自責
   神奈川3回戦:星槎湘南 先  12   6  15  3  1
      4回戦:藤沢翔陵 先   4  0  4  2  0
                  16  6  19  5  1 防0.56
             被安打率3.38 奪三振率10.69 四死球率2.81

 ■ 横浜が対外試合終了、1年生の木下&松本が好投で春に期待(SANSPO) 18/11/25

 横浜が24日、横浜市金沢区の同校グラウンドで今年の対外試合最終となる国学院栃木との練習試合2試合を12-3、7-2と連勝で終えた。この連戦で収穫は、第1試合に先発した右腕・木下幹也投手と第2試合に先発した左腕・松本龍之介投手の1年生の好投だった。最速144キロの木下は、6回5安打1死球9三振1失点で終えて「コントロールには自信があったが、失点したところはストライクを取りにいきすぎて打たれてしまった。この冬は徹底的に走り込んで、もっと安定した投球ができるようにしたいし、真っすぐも148キロぐらいまで出したい」と課題を口にした。

  プロフィール

 東京都練馬区出身。
 木下 幹也(きのした・もとや)投手。
 開進第四小学校時代に軟式野球を始め、開進第三中では世田谷西シニアで主戦。
 4年ぶりVを飾った中3夏の全国大会でMVPを受賞した。

 横浜高校では1年夏から背番号19でベンチ入り。
 いずれもリリーフとして南大会2試合に登板し、合計2.1回で2奪三振、2安打0封の実績を残す。
 続く甲子園(16強)をベンチ外で過ごし、1年秋に背番号10で3年ぶりVを達成。
 救援として8試合中5試合のマウンドに上がり、県決勝戦・桐蔭戦で4.2回7K0封と好投した。
 翌2年春の選抜1回戦・明豊戦(5対13)で、2.2回3失点のホロ苦全国デビュー。
 140㌔直球にフォークを交えて6・7回を無安打3K(フォーク2)無失点に抑える力投を演じている。
 1学年上のチームメイトに及川雅貴、同学年に松本隆之介ら。

 185cm85kg、恵まれた体格の右オーバースロー。
 ワインドアップから溜めてやや捻って重心を下げ、インステップしてヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速144㌔、常時135㌔前後から130㌔台後半(救援時)の直球と、
 120㌔前後の縦横2種類のスライダー、130㌔前後のフォーク、その他にカーブ、チェンジアップ。
 最速144㌔の直球に一通りの変化球を交える本格派。フォークで空振りを誘う。
 1年秋の神奈川大会・桐蔭学園戦で4.2回7K、2年春の選抜・明豊戦で2.2回3Kをマークした。
 1年秋の奪三振率13.09、四死球率3.27。遠投107m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-04-13(土)|2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑