糸川 亮太(立正大)|ドラフト・レポート

糸川 亮太(立正大)

ここでは、「糸川 亮太(立正大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



糸川 亮太(立正大)

170cm71kg 右右 MAX145km スライダー・シンカー・チェンジ 川之江高
130㌔強のシンカーを武器とする145㌔右腕。2年秋に神宮Vを達成。2年生で代表候補に選ばれた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:         登板無し           二部
   17秋:         登板無し
   18春: 5  1勝1敗  12.2  23  12  4  10  7.11
   18秋: 6  2勝1敗   41  32  31  17  9  1.98( 7位)
   19春: 8  1勝3敗  39.1  39  31  21  24  5.49(10位)
   通算: 19  4勝5敗   93  94  74  42  43  4.16
          被安打率9.10 奪三振率7.16 四死球率4.06

 【 全国大会 】
   18神    回数 被安 奪三 四死 自責
   九共大 先   8  6  6  1  0 143㌔ ○
   関国大 先   4  2  2  0  1 139㌔
   IPU     1  1  1  0  0 142㌔
          13  9  9  1  1 防0.69
      被安打率6.23 奪三振率6.23 四死球率0.69

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大     1  2  1  0  0
   亜 大     1  3  2  2  2
   中央大    1.2  5  1  0  2
   東洋大 先   7  4  5  1  2 ○
   国学大 先   2  9  3  1  4 ●
          12.2  23  12  4  10 防7.11
      被安打率16.34 奪三振率8.53 四死球率2.84

   18秋(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東洋大 先   6  4  1  2  1
   国学大 先  6.1  6  4  3  1 ●
   駒澤大 先  6.2  5  9  4  3
   亜 大 先   5  7  1  2  1
       先   9  3  11  3  0 ○封
   中央大 先   8  7  5  3  3 ○
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   駒澤大 先   8  4  4  2  0 ○…優勝決定戦
           49  36  35  19  9 防1.65
       被安打率6.61 奪三振率6.43 四死球率3.49

  最新記事

 ■ 立正大がヤクルトとの交流戦敗れる(SANSPO) 19/3/7

 立正大は6日、ヤクルト2軍と特別ルールの7イニング制で交流戦を行い、0-1で敗れた。昨秋主戦の右腕・糸川亮太投手(2年)が先発し2回5安打1失点。その後は5投手が無失点に抑えたが、打線が計4安打で、無得点に終わった。

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大 先   5  7  3  3  5 ●
   亜 大    0.2  2  1  1  2   138㌔
       先   6  3  4  2  3 ● 141㌔
   中央大 先  4.2  7  3  5  8   141㌔
   東洋大 先   8  7  8  1  2
       先  8.1  8  5  2  2 ●
   駒澤大 先  5.2  4  6  4  1 ○ 145㌔
           1  1  1  3  1
          39.1  39  31  21  24 防5.49
       被安打率8.92 奪三振率7.09 四死球率4.81

 ■ 立正大の2年生右腕・糸川リーグ戦初完投初完封勝利!(スポーツ報知) 18/10/12

 立正大の2年生右腕・糸川亮太が、3安打11奪三振でリーグ戦初完投初完封勝利。負ければV逸の崖っぷちから勝ち点を挙げ、2位タイに浮上した。今冬に習得したシンカーで、3試合連続本塁打を放っていた頓宮から2三振を奪った。低めを突く丁寧な投球で三塁を踏ませず「(捕手の)木下(朗、4年=戸塚)さんとビデオを見て『こう攻めよう』と話していた。準備は万全でした」と笑顔を見せた。

  プロフィール

 愛媛県四国中央市出身。
 糸川 亮太(いとがわ・りょうた)投手。
 妻鳥小1年時から軟式チームで野球を始め、川之江北中では川之江ボーイズに所属。

 川之江では1年夏から控えとしてベンチ入り。
 翌2年秋の新チームで主戦投手の座を獲得し、同12月に愛媛県選抜で台湾遠征を経験した。
 3年春に防御率1.65の活躍で11年以来5年ぶり2度目となる県大会Vを達成。
 続く四国大会(準V)全3戦を右肘痛で欠場し、同年夏の県大会を初戦2回戦敗退で終えた。
 当時の最速は138㌔。甲子園出場実績は無し。

 立正大では2年春からリーグ戦に出場。
 リリーフ起用を経て終盤2カードで先発を担い、初先発の東洋2回戦でリーグ戦初勝利を収める。
 同年秋に先発6試合(1回戦3試合)防1.98(7位)の活躍でリーグ優勝を達成。
 亜大3回戦で3安打11K初完封勝ちを記録し、駒大とのプレーオフで8回0封の好投を見せた。
 全国大会には2年秋の神宮大会(2009年以来9年ぶり2度目の優勝)に出場。
 先発リリーフで全3戦、計13イニングに登板し、初戦・九共大戦で8回6K0封の粘投を披露した。
 通算19勝、4勝5敗、93回、74奪三振、防御率4.16。

 170cm71kg、シンカーを武器とする145㌔右腕。
 セットからタメを作って前傾しながら重心を下げ、インステップして肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速145㌔、常時130㌔台中盤から140㌔強(先発登板時)ほどのストレートと、
 120㌔台の縦横のスライダー、120㌔台から130㌔前後のシンカー、120㌔強のチェンジアップ。
 シンカー、チェンジアップが持ち味。まずまずの制球で変化球を主体に投げ込む。
 2年生で大学代表候補メンバー入りを達成。外国人選手対策として落ちる球を高く評価された。
 奪三振率7.16、遠投110m。大卒プロ入りを目指す。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月01日(土)|2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑