埼玉西武ライオンズ/ドラフト2019|ドラフト・レポート

埼玉西武ライオンズ/ドラフト2019

ここでは、「埼玉西武ライオンズ/ドラフト2019」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは西武2019年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2018年指名選手

 【1位】松本(日体大)投 【2位】渡邉(浦和学)投 【3位】山野辺(岡崎)
 【4位】粟津(東国際)投 【5位】牧野(遊学館)捕 【6位】森脇(セガサミ-)
 【7位】佐藤(富士大)内 【育1】東野(日経大)左 【育2】大窪(北海高)
 【育3】中熊(徳山大)
  過去記事:2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
       2010年 2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2018年
  2019年プロスカウト陣/パ・リーグ編

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 
 【上位】 
 【候補】 

-- コメント ---------------------------- 
 【右】 森下(明治大)         |   
 【左】                | 及川(横浜高)
 【捕】                | 
 【内】                | 
 【外】                |
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】 太田(JR東)         | 奥川(星稜高)
 【左】                | 
 【捕】 佐藤(東洋大)         | 
 【内】                | 
 【外】                | 

  最新記事

 ■ 前西武球団本部長・鈴木葉留彦氏、日本経済大コーチに就任(スポーツ報知) 19/2/13

 前西武球団本部長の鈴木葉留彦氏(67)が日本経大のコーチに就任したことが12日、分かった。鈴木氏は早大から1973年のドラフト3位で前身の太平洋に入団し、通算打率2割5分2厘、11本塁打、105打点。84年に現役引退後は打撃コーチ、編成部長など歴任2011年オフから球団本部長を務め、昨季のリーグ優勝を花道に退任。研修を経て、5日に学生野球資格回復が認定された。

 ■ 西武6部制に組織改正 潮崎氏編成ディレクター就任(日刊スポーツ) 18/12/25

 西武は25日、19年1月1日付の球団本部の組織改正を発表した。これまで、球団本部には業務部と編成部の2部しかなかった。そのため、チームの運営機能と強化機能が混在する結果となっていた。新組織では、球団本部の下にチーム統括部を設置。同統括部の下に、役割に応じた6グループを設置する。チーム統括部は、来月1月1日付で球団本部長となる飯田常務が統括部長を兼任する。6グループの詳細は次の通り。なお、今季まで2軍監督を務めた潮崎哲也氏が、編成グループトップのディレクターに就任する。
企画室:予算の作成・管理、各部門の課題整理・解決促進、ITインフラ ▽チーム運営グループ:チーム・選手の管理、用具・施設の管理、NPB関連、キャンプ、球団本部の管理・教育 ▽編成グループ:アマチュア、外国人、プロ選手の獲得 ▽チーム戦略グループ:スコアラー、打撃投手、ブルペン捕手に関する事項 ▽ファーム・育成グループ:ファーム、寮に関する事項 ▽メディカル・コンディショニンググループ:トレーニング、トレーナー、リハビリ、栄養管理に関する事項

過去記事

  スカウトコメント


 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-02-13(水)|球団別情報 | コメント(14) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ドラフト3位山野辺、ドラフト7位佐藤龍がタイムリーを放ったようです。佐藤龍はライン際のサードゴロを裁いて一塁へ力強い送球を見せました。山野辺は今後対外試合でどれぐらい打てるか、守れるかが一軍生き残りの鍵でしょう。山野辺、外崎でセカンド、中村、山田遥、佐藤龍でサードを回せれば、ドラフトでの補強ポイントはピッチャー、キャッチャー、外野手に絞られてきます。

同じ紅白戦で松本航が好投したものの、本田はバッティングピッチャー状態です。リリーフ左腕は去年活躍した野田、小川龍に加えベテラン武隈、小石がいますが、先発左腕は榎田、内海と移籍組のベテランに頼らなければいけない状況です。佐野もあまりいい話を聞きません。

やはり、私の中で横浜高・及川雅貴の1位指名希望は揺るぎません。秋季関東大会で見せた不安定さは心配ですが、高野連の忖度で六番目の東京・関東地区代表になったわけですから、怪物覚醒となる投球を見せて欲しいです。ポスト菊池雄星として、競合覚悟で1位指名して欲しいです。

キャッチャーは支配下選手が5名、育成選手が2名、そのうちドラフト5位の高卒・牧野なので実質4名しかもそのうち2名は中田祥多、駒月仁人と一軍経験が極めて少ない2人ですから、シーズン中のトレードによる獲得も考えられますが、それでも人材不足です。中田、駒月が今年頭角を表さなければ戦力外も考えられます。慶大・郡司、立大・藤野、東洋大・佐藤のうち1人は獲得して欲しいですね。高校生なら浦和学院・畑敦巳、星稜高・山崎が良いですね。ただ、2人とも大学進学しそうな気がしています。

外野手は秋山のメジャー移籍の可能性を考えると、良い選手が欲しいですが、基本は若手の成長待ちでしょう。ただし、愛斗、鈴木将、川越、戸川、高木渉の5人のうち、1人も台頭しない場合は3位辺りでの指名もあるかも知れません。法政大・船曳海を買っていますが、4位以下で獲得したいものです。
| YOSHIKI | 2019年02月16日(Sat) 21:09 | URL #yjoaKVAI [ 編集]
高校生BIG4投手のうちの2名、星稜高・奥川恭伸投手、横浜高・及川雅貴投手がスターとして伝説を作れるかに注目です。ただ2人とも松坂大輔のような1人エースではないですから、チーム全体の力で勝ち上がらないと登板が見られません。

特に及川は個人的な西武1位指名希望投手ですので注目したいです。横浜高には新2年で及川と同じ大型速球派左腕の松本隆之介、大型右腕の木下幹也がいます。西武は松坂大輔、後藤武敏、涌井秀章退団後は横浜高校とは疎遠になってしまいました。第一希望は今年の及川ですが、今年と来年の2年間で3人の投手から1名は獲得したいですね。その意味では横浜高出身の阿部真宏コーチにぜひスカウトに転身して欲しいです。

層の薄い内野手候補としては、智辯和歌山・黒川史陽内野手に注目です。一塁、三塁、外野も守れますが、やはり強打のセカンドとしてポスト浅村を意識して獲得したいです。個人的にはスイングが大回りしている林晃汰(2018年広島3位)よりも黒川を評価しています。また、センスあふれる横浜高の新2年・度会隆輝も魅力的です。去年は大阪桐蔭が人材豊富でしたが、今年、特に来年は横浜高がプロ垂涎の選手がそろっていますね。

ポスト源田としては、八戸学院光星高・武岡龍世、桐蔭学園・森敬斗に注目です。いずれも50m走5秒台、遠投110m超のセンスの塊です。昨年根尾昂を指名できなかったのは残念ですが、根尾に引けを取らない逸材です。西武二軍のショートには2年目の綱島龍生がいますが、層を厚くするためにどちらか1名を獲得したいところです。綱島も先に挙げた2人も左打ちなので、右打ちの星稜高新2年生・内山壮真にも注目です。

2017年の高校生BIG3長距離打者、清宮幸太郎、安田尚憲、村上宗隆、2018年の野村佑希のような身長185cm超の日本人大型長距離打者は今年は少ないですが、東邦高・石川昂弥、履正社・井上広大の2人に注目です。特に石川昂弥は東海大会レベルを卒業して、全国で活躍して欲しいです。

西武ファンとして注目している選手だけでなく、すごく楽しみです。
| YOSHIKI | 2019年01月26日(Sat) 22:01 | URL #yjoaKVAI [ 編集]
(私も今現在での予想を)
①及川(左投.横浜):菊池の抜けた新左のエース(内海に学びながら)
②草場(右投.日生):即戦力右腕(先発,リリーフ)
③船曳(外.右左.法大):(FA)秋山翔吾の穴埋め
④高橋佑(左投.慶大):即戦力左腕(中継ぎ)
⑤下地(捕.右右.富士大):控え捕手(恒例の富士大繋がり)
*あえて5名をとりあえず。出来れば左打ちの外野手もう一人欲しいかな!?
| 上州の鉄人ランナー | 2019年01月19日(Sat) 20:22 | URL #- [ 編集]
先発型左投手、大型右投手以外の補強ポイントは即戦力捕手だと考えています。といっても正捕手ではなく2番手、3番手捕手です。炭谷移籍により、森友哉が完全に1番手捕手になりました。(不動の正捕手ではないのであえて1番手捕手と言います。)西武は割と一軍捕手のレベルが高いと言われますが、森、岡田共にリードはまだまだ発展途上段階です。(特に岡田は構えてから落ち着き無く動くのであまり評価していません。)

岡田は弱肩である上に肘の故障もあります。炭谷がFA移籍し、3番手捕手が予想される二軍のキャッチャーは中田祥多、駒月仁人と一軍出場経験の無い二人で心許ないです。

ドラフト5位の牧野翔矢は強肩俊足で魅力的な人材ですが、3年は二軍で育成でしょうから、しばらくは計算できません。何より怪我の多いポジションですから、今オフは即戦力捕手の補強は欠かせません。

上位3人の指名は投手2名、野手1名が西武の基本線ですから、最有力は3位指名です。個人的には立教大・藤野隼大推しです。強肩強打の右のキャッチャーです。3年秋に打撃成績を落としたので、現状は3位くらいで指名できると見てますが4年次の成績次第では2位指名ぐらいの可能性は出てくると考えています。守備と打撃の両面と埼玉県ふじみ野市出身の地域性から藤野を最優先に考えています。

慶大・郡司は肩と打撃は藤野以上の強みがあるものの、キャッチングに難があるようです。東洋大・佐藤は獲るならポスト秋山翔吾となる俊足強打の外野手として獲得したいです。

1位、2位で先発型即戦力投手1名、高校生投手1名
3位で即戦力野手1名(ここで捕手を獲って欲しい。)
4位から6位でリリーフ型即戦力投手2名、野手1名
7位はリストアップした人材で指名漏れしている選手
育成枠は一芸型を2~3名
といった指名を想定しています。
| YOSHIKI | 2019年01月19日(Sat) 18:34 | URL #yjoaKVAI [ 編集]
今年のドラフトは先発型左投手を獲得する。その一言に尽きます。昨年春に阪神からトレードで榎田投手を、昨年末に巨人から人的補償で内海投手を獲得したのは、菊池雄星の次が育っていない、金の卵のような左投手がいないことを意味します。今オフには内海の巨人復帰の可能性もあり、先発型左投手をドラフトで獲得することは緊急課題です。

ポスト菊池雄星ということであれば、横浜高・及川雅貴しかいません。現時点で1位競合クラスです。本来競合は避けたいところですが、チームの左投手の柱としてだけでなく、日本野球の左のエースとなる逸材なら、入札するしかありません。獲れれば最高ですが、外した場合の事も考えておかないといけません。

2016年のように、絶対評価としては2位クラスの斎藤大将を1位で繰り上げ指名するようなことはしてはいけません。2位クラスの選手は2位、3位クラスの選手は3位で指名するのが原則です。

立教大・田中誠也が及川を外した時の指名候補だと考えています。球速不足が気になりますが、元来が技巧派投手なのでキレ重視で良い気がします。かつての帆足のような活躍を期待したいです。田中に対する不安は、3年春に痛めた左肘の回復状況です。そのせいで、3年秋は成績が低迷しました。昨年は富士大・鈴木翔天が上位候補だったのに、左肘故障の影響で、実際は楽天8位でした。

田中が春夏と故障の影響を感じさせない圧巻の投球を披露してくれる事を期待します。

また、他の先発型左腕投手にも注目していきたいです。
| YOSHIKI | 2019年01月16日(Wed) 23:55 | URL #yjoaKVAI [ 編集]
YOSHIKIさんにほぼ同意です。
あと及川は2段モーション指摘されてフォーム模索中らしいから余計に失点(というよりコントロールのばらつき)が目立つのかと思う。調子の波があるのは見て取れる(現に調子が良い時は5者、6者連続三振したり被安打も少ない)からこの冬で特に下半身強化はやってほしいな。
結論は高2秋の時点で153は歴代高校生左腕最速なはずだからやっぱりポテンシャルは別格だと。こんなにフォーム定まらずに球速出るなら完璧にハマったら手つけられなくなるのでは、と期待したい。久々にワクワクする左腕が出てきました。
| るる | 2019年01月13日(Sun) 14:44 | URL #- [ 編集]
ガルベス様のご提案も踏まえて先ほどの自分の希望を考えてみました。

明治大・森下投手は逸材ではありますが、東京六大学リーグでの成績が微妙です。松本航投手は首都大学リーグで圧巻の成績を残してきました。森下投手には4年生での大活躍を期待したいです。

東洋大・佐藤都志也捕手は強肩強打の外野手としては評価していますが、捕手としては微妙な気がします。ただ、外野手としてなら余程の打撃成績を残さない限り1位は難しい気がします。

やはり、高校投手ビッグ4を中心としたドラフトになると見ています。スケールで言えば、大船渡高・佐々木朗希投手ですが、究極の素材型投手で育成力が高い球団でないと難しい気がします。西武ファンとしては回避でいいと思います。早稲田大学で小宮山新監督に指導を受けるべきだと考えています。

素材と即戦力のバランスがいいのは、星稜高・奥川恭伸投手ですが、現時点で競合1位は確定的です。ただ、入札する価値のある投手です。

創志学園高・西純矢投手も好投手ですが、調子の浮き沈み(感情の浮き沈み)が激しく安定感に不安を感じます。

やはり、左腕である点とすでに球速が150km/h越えをしている点から横浜高・及川雅貴投手を推したいです。ただ、秋季関東大会でも勝負所で失点を重ねている点は不安です。コントロールのバラツキが目立ちますし。日刊ゲンダイの評価を借りると、菊地雄星になるか?辻内崇伸になるか?ですね。
ただ、及川も競合の可能性が極めて高いですね。
| YOSHIKI | 2019年01月05日(Sat) 16:51 | URL #yjoaKVAI [ 編集]
kyo様、我流様
すみません。鎌田投手の件、訂正させていただきます。
| YOSHIKI | 2019年01月05日(Sat) 16:05 | URL #yjoaKVAI [ 編集]
鎌田はロッテの育成なんですが…
| 我流 | 2019年01月05日(Sat) 15:56 | URL #SpwnCme2 [ 編集]
>YOSHIKI さん
育成2位に挙げてる鎌田は2018年のドラフトでロッテに指名されてますよ
| kyo | 2019年01月05日(Sat) 15:47 | URL #- [ 編集]
今年の補強ポイントは
[1]ポスト菊池雄星となりうる先発型左腕投手
[2]完投能力の高い(長い回数を投げられる)先発型右腕投手
[3]ポスト秋山翔吾となりうる好守強打の外野手
[4]正捕手・森友哉のバックアップとなる2番手、3番手捕手
と考えています。
[5]ポスト中村となる大型三塁手
も引き続き課題ですが、今年は昨年の日本ハム2位・野村佑希のような人材が乏しいので、優先順位を下げました。

以上を踏まえて、現時点での希望を述べます。7人本指名するとして、投手4名、捕手1名、内野手1名、外野手1名を想定しました。育成指名は2名です。
補強ポイント
1位 及川雅貴・投手・横浜高   [1]
2位 宮川 哲・投手・東芝    [2]
3位 田中誠也・投手・立教大   [1]
4位 藤野隼大・捕手・立教大   [4]
5位 高橋史典・投手・SUBARU[2] 
6位 和田康平・内野手・埼玉栄高 [5]
7位 船曳 海・外野手・法政大  [3]
育成1位 北南達矢・投手・金沢大
育成2位 河本光平・内野手・独立L富山
| YOSHIKI | 2019年01月05日(Sat) 15:31 | URL #yjoaKVAI [ 編集]
1位佐藤捕東洋大
2位宮川投東芝
3位小木田投TDK
4位笠松内ヤマハ
5位高橋投スバル
6位米山投昌平
7位下地捕富士大
| ガルベス | 2019年01月04日(Fri) 05:58 | URL #- [ 編集]
現場からすれば毎年勝負の年でしょうからね。現場の声がある程度強い以上今年もドラ1は即戦力投手だと思います。
| セラテリ | 2019年01月04日(Fri) 00:38 | URL #- [ 編集]
やはり投手層の薄さを考慮すると明治大の森下が筆頭になるのかな
| アサガオ | 2019年01月03日(Thu) 21:39 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(14) Page Top↑