巨人・読売ジャイアンツ/ドラフト2019|ドラフト・レポート

巨人・読売ジャイアンツ/ドラフト2019

ここでは、「巨人・読売ジャイアンツ/ドラフト2019」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは巨人2019年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2018年指名選手

 【1位】高橋(八学大)左 【2位】増田(明秀日)内 【3位】直江(松商学)
 【4位】横川(大阪桐)左 【5位】松井(折尾愛)内 【6位】戸郷(聖心ウ)
 【育1】山下(健高崎)外 【育2】平井(岐阜一)投 【育3】沼田(旭大高)
 【育4】黒田(敦賀気)
  過去記事:2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
       2010年 2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2018年
  2019年プロスカウト陣/セ・リーグ編

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 佐々木(大船)投 奥川(星稜高)投 森下(明治大)
 【上位】 
 【候補】 

-- コメント ---------------------------- 
 【右】 立野(東理化)  村西(近畿大) | 西 (創志学)  井上(日大三)
     吉村(国学大)  米田(大谷大) | 小峯(鹿城西)  岡林(菰野高)
                    | 河野(広陵高)  岩本(石岡一)
                    | 落合(和歌東)
 【左】 河野(JFE 西)  坂本(立命大) | 及川(横浜高)  玉村(丹生高)
     北南(金沢大)         | 宮城(興南高)
 【捕】 海野(東海大)         | 山瀬(星稜高)
 【内】                | 青木(浜松開)  石川(東邦高)
                    | 森 (桐蔭学)  菊田(常総学)
 【外】 高部(国士大)  宇草(法政大) | 野村(山梨学)  
-- 視察情報 ---------------------------- 
 【右】 坂本(明星大)  太田(JR東) | 廣澤(日大三)  西舘(筑陽学)
     大西(大商大)  津森(東福大) | 遠藤(京翔英)  酒井(京国際)
     渕上(道都大)  宮川(東 芝) | 重吉(航石川)  吉田(光泉高)
                    | 鈴木(霞ヶ浦)  栗田(知徳高)
                    | 谷岡(武田高)  堀田(青山田)
 【左】 菅田(奈学大)         | 中島(川口市)  照峰(姫路南)
                    | 尾崎(滋賀学)
 【捕】                | 
 【内】                | 紅林(駿河総)
 【外】                | 山本(京翔英)

  最新記事

 ■ 巨人 今秋ドラフト1位候補は大船渡・佐々木、明大・森下ら10人弱(スポニチ) 19/6/17

 巨人は17日、都内の球団事務所でスカウト会議を開いた。約160人だった候補を約100人に絞り込みランク付けを行った1位候補には大船渡・佐々木朗希投手、明大・森下暢仁投手、星稜・星稜の奥川恭伸投手ら10人弱が挙がったとみられる。長谷川国利スカウト部長は「1人でというより、全体でクロスチェックをしようと。1位候補じゃないにしても、下位候補の選手に関しても、みんな回るようになります」と今年から導入した「クロスチェック体勢」について説明した。全日本大学野球選手権でこの日、明大を38年ぶり6度目の優勝に導いた森下については「最初から、リストに出た時からAだった。当然ポテンシャルはある選手。今年のドラフトで大学社会人であれば、彼らがトップ」と評価した。高校生では大船渡・佐々木を評価し「いいところを見ているスカウトの評価は、ずば抜けている」と話した。日本ハムがすでに1位指名を公言しているが「楽しみな選手はいっぱいいるし、これからみんなで見合いながら最後は決める」とした。

 ■ リストアップ/12球団のドラフト1位状況(日刊スポーツ) 19/6/3

 5月10日にスカウト会議を行い、ドラフト1位候補は大船渡・佐々木、星稜・奥川約10人リストアップした。

 ■ スカウト会議で大船渡・佐々木らを1位候補に(スポーツ報知) 19/5/10

 巨人は10日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を行った。今秋のドラフト1位候補には、大船渡の佐々木朗希投手や、星稜のエース奥川恭伸投手ら、投手を中心に10人程度をリストアップ。長谷川スカウト部長は「(佐々木や奥川は)高校生としてだけじゃなく、いろいろな部分で『どれくらいのスパンで1軍のマウンドに上がれるのかな』という興味を持てる選手」と期待の高さを語った。

過去記事

 ■ “令和”の怪物・大船渡の佐々木朗希「ドラ1」マーク(スポーツ報知) 19/4/2

 巨人が1日、大船渡の佐々木朗希投手をリスト最上位の「特Sクラス」にランク付けした。長谷川スカウト部長は「Aランクとかじゃない。一人だけ飛び抜けている」と大絶賛し、これまでの有望選手の「A」や「特A」という枠を上回る高評価。新時代の宝を今後も密着マークすると明言した。「28年のスカウト生活で田中将大投手や大谷翔平投手も見てきたが、彼らの高校時代よりも上。1位“候補”でなく、1位じゃなきゃ獲得できない。Aランクとかじゃない。一人だけ飛び抜けている」。ドラフトイヤーの4月の時点で、これほどのランク付けは極めて異例だ。長谷川スカウト部長は、佐々木について「令和の怪物になれる逸材ですよ」と“怪物”の系譜継承に期待し、胸を膨らませる。「春の大会、夏の大会もあるので、これからも見ていきたい」と今秋の「令和」初ドラフトまで密着マークする方針だ。

 ■ 巨人スカウト部長が星稜・奥川を評価「高校生の中に一人プロ」(スポーツ報知) 19/3/29

 将来の有望株を巨人・長谷川スカウト部長に聞いた。星稜・奥川恭伸は思っていた以上。スピードだけじゃなく、変化球もどっちのコースにも投げ分けられる。(菅野)智之と投げ方は違うけど、同じように真っすぐの軌道で来て、曲がりが遅い。高校生の中に一人、プロのピッチャーが交ざってるぐらい衝撃的だった。横浜・及川雅貴も、ものはいい。スライダーのキレ、体の躍動感、バネがある。今回だけで(評価を)下げることはない。投手では他に広陵・河野佳と石岡一・岩本大地が似たタイプ。いろんなボールを操って、ストレートにキレがあった。野手では桐蔭学園の森敬斗。井口(ロッテ監督)とか田中広(広島)の高校時代よりポテンシャルは高い。東邦の石川昂弥は変化球に対応できるし打者として高評価。山梨学院・野村健太のパンチ力も魅力だ。
 ◆横浜及川雅貴投手
 「ものはいい。ブルペンでは、すごい球を投げていた。明豊戦の1回の投球練習で、8球中3球、すごいバウンドを投げていた。それで、おかしくなったのかな。でも、スライダーのキレ、走る姿、躍動感、体のバネはある。あれだけで評価を下げるわけにはいかない」
 ◆星稜奥川恭伸投手
 「今すぐ1軍で投げても、5つくらい勝つんじゃないか。引退したばかりの、うちの脇谷スカウトも「すぐプロで投げられる」と言っていた。変化球の精度もあり、投球の組み立てもできている。イン、アウト、どっちにもキッチリ投げられる。高校野球の大会に1人だけ、プロが交じっている感じ。28年間、スカウトをやっているが、何本かの指に入る。スピードガンは今の方が出るが、ストライクゾーンに来る球の威力がある。高校生では、なかなかいない。角度もあって、球がふけない。球質もいい。直球のスピンが効いていて、変化球の曲がりが遅い。投げ方はともかく(巨人菅野)智之も、そういう感じ」
 ◆広陵河野佳投手、石岡一岩本大地投手
 「2人とも高校生としては、いろんな球を操れて、直球にも力がある」
 ◆桐蔭学園森敬斗内野手
 「野手なら、森でしょう。体は大きくないけど、高校時代の井口(ロッテ監督)や(広島)田中広輔よりポテンシャルは高い。足が使えるし、スローイングもいい」
 ◆星稜山瀬慎之助捕手
 「キャッチャーは山瀬が断トツ。イニング間の二塁送球も、試合の時と同じように後ろで構えてから投げている。他の子は、試合ならバットが当たるんじゃないか、というぐらい前で構えているけど。それでも、山瀬は二塁送球が1秒8台を出していた。奥川のリードも考えてやっていた」
 ◆習志野角田勇斗内野手
 「2年生だけど、ショートの動きがよかった。三遊間、二塁ベース上、両方の動きがいい。スローイングの動きも小さい。楽しみ」
 【総論】今回は奥川君1人が何人分かを集約している。大学・社会人の1位候補と比べても、将来性という「げた」を履かせなくても、横並びで1位候補になる。毎年12人は1位に入るが、どの時代でも最初から競合する逸材だと思う。(日刊スポーツ)

 ■ 元巨人スカウト藤本茂喜氏、千葉工大コーチ就任(スポーツ報知) 19/2/8

 巨人の元スカウトで、昨年までジャイアンツアカデミーでコーチを務めていた藤本茂喜氏が、千葉県大学リーグ2部・千葉工大で非常勤コーチを務めることが7日、分かった。高知・明徳(現明徳義塾)高から82年ドラフト6位で巨人に内野手として入団。現役引退後はスカウトとして関東や東海地区などを担当し、矢野謙次、松本哲也、吉川尚輝らの獲得に尽力した。平日は会社員として都内の会社に勤務し、週末を中心に指導。「まずは2部で優勝して1部に上げたい」と意気込んだ。

 ■ 元巨人スカウト・益田氏、母校・愛知学院大監督に就任(スポーツ報知) 19/2/7

 前巨人スカウトの益田明典氏が、母校の愛知学院大の新監督に就任したことが6日、分かった。都城西高から同大を経て、1987年ドラフト5位で投手として巨人に入団。現役引退後の92年から昨年までスカウトとして近畿地区などを担当し、上原浩治らを獲得した。

 ■ 巨人 スカウト陣の大刷新 期待できる効果と狙い(デイリースポーツ) 19/1/19

 18日にスタッフ会議を開き、本格的にスタートを切った巨人。生まれ変わったのは現場だけではない。フロント陣も大幅に刷新。なかでもスカウト陣は、昨季から半数以上が入れ替わった。就任1年目となる長谷川国利スカウト部長がトップに立ち、昨季限りで引退した脇谷亮太氏、円谷英俊氏、小田嶋正邦氏、独立リーグ担当の枠が外された野間口貴彦氏ら6人が加入した。昨年スカウトを務めていた木佐貫洋氏、古城茂幸氏らがファームのコーチに就任したことも大刷新の一因だが、“狙い”もある。引退したばかりの脇谷氏だけでなく、円谷氏は昨季3軍コーチ、小田嶋氏はブルペン捕手として現場を支えていた。フレッシュな視点でスカウト活動ができるだけでなく、長谷川スカウト部長は「現場との距離が近いメンバーが増え、これまで以上に、風通しはよくなると思う」と、効果を期待する。

  スカウトコメント

森下暢仁(明大)|長谷川国利スカウト部長|19/6/17
 「最初から、リストに出た時からAだった。当然ポテンシャルはある選手。今年のドラフトで大学社会人であれば、彼らがトップ」
佐々木朗希(大船渡)|長谷川国利スカウト部長|19/6/17
 「いいところを見ているスカウトの評価は、ずば抜けている」
佐々木(大船渡)、奥川(星稜)|長谷川スカウト部長|19/5/10
 「高校生としてだけじゃなく、いろいろな部分で『どれくらいのスパンで1軍のマウンドに上がれるのかな』という興味を持てる選手」
佐々木朗希(大船渡)|長谷川国利スカウト部長|19/4/1
 「28年のスカウト生活で田中将大投手や大谷翔平投手も見てきたが、彼らの高校時代よりも上。1位“候補”でなく、1位じゃなきゃ獲得できない。Aランクとかじゃない。一人だけ飛び抜けている。令和の怪物になれる逸材ですよ。春の大会、夏の大会もあるので、これからも見ていきたい」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-06-17(月)|球団別情報 | トラックバック:0 | コメント(6) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
夏、甲子園で投げる佐々木くんを見たい。頑張って予選を勝ち抜いてください。
| 通りすがりのおじさん | 2019年04月02日(Tue) 22:23 | URL #- [ 編集]
やっぱり現時点だと奥川、佐々木が大人気だね。
佐々木は素材型だから、巨人的には勝手に育ってくれそうな奥川のほうがいいと思う。
結局くじ引きなんだけどいい加減あたり引いてくれ。
| あす | 2019年01月21日(Mon) 22:01 | URL #l7wUCyZ6 [ 編集]
去年あれだけ高校生ばかり指名して補強は既に実績のある他球団の選手やメジャーの選手を大量に獲得

ドラフトで大学生や社会人をそんなに指名するとは思えないな

| オメガ | 2019年01月20日(Sun) 16:17 | URL #- [ 編集]
1位 佐々木朗希 右投手(大船渡高)
2位 勝俣 翔貴 三塁手(国際武大)
3位 杉山 晃基 右投手(創価大学)
4位 廣澤 優  右投手(日大三高)
5位 宮城 大弥 左投手(興南高校)
6位 高部 瑛斗 外野手(国士舘大)
7位 原田 泰成 右投手(東海大学)
8位 西舘 昂汰 右投手(筑陽学園)
| @@@ | 2019年01月20日(Sun) 14:31 | URL #GCA3nAmE [ 編集]
①佐藤(捕.右左.東洋大):新正捕手育成(第2の阿部慎之助/打てる捕手/阿部,炭谷を手本に3年くらいかけて)
②河野(左投.JFE西日本):(山鉄の抜けた)セットアップ
③山口(左投.JR東日本):即戦力左腕
④原田(右投.東海大):中継ぎ補充
⑤廣澤(右投.日大三):リリーフ育成
⑥大城(外.左左.中大):即戦力左打ち外野手(亀井の後釜)
異議もあるかと思いますがご了承ください。
| 上州の鉄人ランナー | 2019年01月19日(Sat) 22:41 | URL #- [ 編集]
1位奥川投星稜
2位原田投東海大
3位柳町外慶応大
4位小泉外横浜
5位中川投jfe西日本
6位武岡内八戸学院光星

| ガルベス | 2019年01月19日(Sat) 22:29 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(6) Page Top↑
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://draftrepo.blog47.fc2.com/tb.php/4345-eb400d0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック