内海 貴斗(横浜)|ドラフト・レポート

内海 貴斗(横浜)

ここでは、「内海 貴斗(横浜)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



内海 貴斗(横浜)

182cm77kg 右左 一塁手・二塁手 遠投95m 50m6秒4
飛距離120m級の打球を放つ左の強打者。2年春の関東大会で左中間への9回逆転弾をマークした。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏: 3 .417 12  5 1 0 1 1 4 2 0  .500  .750(5番・一)
   19春: 1 .500  4  2 0 0 0 1 1 1 0  .600  .500(1番・二)
   通算: 4 .438 16  7 1 0 1 2 5 3 0  .526  .688

  最新記事

 ■ 佐々木朗希の163キロ体感横浜・内海が復調5安打(日刊スポーツ) 19/6/23

 横浜の主軸・内海貴斗主将が、ようやく調子を取り戻した。日大三との練習試合。第1試合で井上広輝投手から二塁打を2本、広沢優投手からも安打を放ち、猛打賞の活躍を見せた。好調のまま、第2試合では右翼へ高校通算20号となる本塁打を放った。

        試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春神奈川: 4 .429  7  3 1 0 0 1 2 1 0  .500  .571
   17春関 東: 2 .667  3  2 0 0 0 1 1 1 0  .750  .667
   17夏神奈川: 5 .000  10  0 0 0 0 1 2 0 0  .000  .000
   17秋神奈川: 4 .417  12  5 0 1 0 3 1 5 2  .588  .583(  2番/一塁)
   18春神奈川: 9 .379  29 11 2 2 1 14 4 8 0  .514  .690(5・4・6番/一塁)
   18春関 東: 2 .429  7  3 2 0 1 3 0 1 1  .500 1.143( 5・4番/一塁)
   18夏南予選: 5 .111  18  2 1 0 0 3 3 2 0  .200  .167(  5番/一塁)
   18夏甲子園: 3 .417  12  5 1 0 1 1 4 2 0  .500  .667(  5番/一塁)
   18秋神奈川: 6 .458  24 11 4 0 1 8 2 2 3  .500  .750(  4番/一塁)
   18秋関 東: 2 .167  6  1 1 0 0 1 2 2 0  .375  .333(  4番/一塁)
   19春甲子園: 1 .500   4  2 0 0 0 1 1 1 0  .600  .500(  1番/二塁)
   19春神奈川: 4 .176  17  3 0 0 0 1 3 1 2  .222  .176(1・2・4番/二塁)
   19夏神奈川: 5 .333  15  5 0 0 1 3 0 8 5  .565  .533(  3番/一二)
   通   算: 52 .323 164 53 12 3 5 41 25 34 13  .439  .524

 ■ 松坂から安打の掛川西・大石監督、横浜に大敗も励み(日刊スポーツ) 19/5/26

 掛川西の招待試合が同校グラウンドで行われた。今春センバツ出場の横浜が招待された。打撃不振に苦しんでいたU18高校日本代表1次候補・内海貴斗主将がダブルヘッダーの2試合連続で流し打ちの本塁打高校通算16、17号に「ようやくつかめてきました」と笑顔が戻った。

 ■ 打者四天王の東邦・石川、横浜・内海ら名勝負の予感(日刊スポーツ) 19/1/25

 横浜・内海貴斗内野手を4人目に推す。左腕及川の陰に隠れるも、パワーは強烈。24日もロングティー打撃で120メートル超の大飛球を連発し、平田徹監督も「あんなに飛ばす高校生、なかなかいません」とあぜん。4選手とも強力打線の中軸を担い、好投手たちも苦慮しそうだ。

過去記事

 ■ 横浜・内海はランニング本塁打(中日スポーツ) 18/8/10

 横浜は5回1死で内海が右方向へランニングホームラン。打球がフェンス上部にはね返って転がる間に、本塁まで突っ込んだ。「入ったかと思ったんですけど、甲子園は簡単には入らないですね」と目を細めた。南神奈川大会準決勝で右もものつけ根を肉離れし一時は戦線離脱。「監督さんが、お前の力は甲子園で必要だから焦らず治せと言ってくれて救われました」と話した。

  プロフィール

 神奈川県横浜市出身。
 内海 貴斗(うつみ・たかと)一塁手兼二塁手。
 末吉小時代から軟式野球を始め、末吉中では世田谷シニアに所属。
 
 横浜高校では1年春から背番号23としてベンチ入り。
 入学早々から一塁手のレギュラー争いに加わり、県2回戦・藤沢西戦で3番初スタメンを果たす。
 1年夏の甲子園を出場機会なく終え、同年秋から正一塁手(2番)としてプレー。
 翌2年春の大会でクリーンアップ5番の座を掴み、関東初戦でセンター左への2ランを記録した。
 2年夏県大会での打撃不振を克服し、同甲子園で3試合5安打2長打と活躍。
 初戦・愛三河戦で甘めチェンジをすくい上げて右フェンスに直撃させる10号走本を放っている。
 2回戦・徳栄戦で左安(外137㌔直球)&左中間二(外寄り甘め直球)を記録。
 続く3回戦で右前打(低め143㌔)を放ったが、吉田を捉え切れず4対5逆転負けで敗退した。
 2年秋の新チームから主将・4番を担い、打率4割の活躍で関東準々まで進出。
 11-2の大勝を飾った県決勝・桐蔭戦で高め変化球をライトに叩き込む2ランをマークしている。
 翌3年春の選抜に関東6枠目として臨むも明豊に5-13で大敗し1回戦で敗退。
 調整遅れの度会に代わって二塁(1番)に入り、1回裏の頭部死球にも負けず2単打を放った。
 3年時夏の県大会は県相に6-8(4打数2安打)で敗れ7年ぶりとなる8強敗退。
 3番・一塁手スタメンで1回表に2ランを放ったが、投手陣が終盤に8失点と崩れて逆転を許した。
 2学年上に増田珠、1学年上に万波中正、同期に小泉龍之介ら。

 182cm77kg、強打の3番・一塁手兼二塁手。
 通算21発、振り切るスイングではじき返す左の強打者。甘い球が来れば120m級の打球を放つ。
 内角球に詰まらされる場面もあるが、センターからレフト方向にも長打をマーク。
 千葉県野球場(C120m、LR92m)開催の2年春関東大会でセンター左への本塁打を記録した。
 1年秋から正一塁手、2年秋から主将を務める。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-08-16(金)|2019年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑