ラミレス・レンソ(白鴎大)|ドラフト・レポート

ラミレス・レンソ(白鴎大)

ここでは、「ラミレス・レンソ(白鴎大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm85kg 右右 三塁手 遠投130m 文星芸大附
ガッチリとした強肩強打のサード。3年秋に打点王を受賞。地肩と飛距離で大山悠輔以上と評される。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春: 3 .250  4  1 0 0 0 0 2 0 0  .250  .250
   16秋: 1 .000  0  0 0 0 0 0 0 0 0  .000  .000
   17春: 7 .417  12  5 0 0 1 2 4 4 0  .563  .667
   17秋: 11 .194  31  6 0 0 2 5 5 3 0  .265  .387
   18春: 6 .333  6  2 0 0 0 1 4 2 0  .500  .333
   18秋: 12 .324  37 12 1 1 2 10 9 6 0  .419  .568(10位)
   19春: 11 .267  30  8 1 0 2 9 6 11 2  .463  .500
   通算: 51 .283 120 34 2 1 7 27 30 26 2  .411  .492
    ※ 18秋:ベストナイン(三塁) 18秋:打点王

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18選: 2 .000  5  0 0 0 0 0 3 1 0  .167  .000(6・8番/指)
   通算: 2 .000  5  0 0 0 0 0 3 1 0  .167  .000

  最新記事

 ■ 白鵬大のラミレス・レンソ 無限の可能性秘めた三塁手(スポニチ) 19/10/15

 ラミレスはプロサッカー選手だったペルー人の父日本とペルーの血を引く母を持ち、栃木で育った。幼い頃はサッカーをしていたが「野球はより頭を使うし、難しい。でもそれが魅力」と、いつしか虜になった。父譲りの身体能力を生かし、ツボにハマった時の打球はプロの選手と遜色ない飛距離だ。今春のリーグ戦では両親の前でバックスクリーン直撃の特大弾を放ち、陽気な父を小躍りさせた。秋も開幕から2戦連発。2戦目は勝利に導く逆転サヨナラ本塁打を放ち、チームを勢いづけた。三塁守備も、黒宮寿幸監督が「在学中の大山(阪神)よりも格段に上」と話すようにグラブさばきも柔らかく送球も強く正確だ。メジャー屈指の名手であるハビエル・バエスに憧れ、動画を見て参考にしている。

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19秋: 7 .167  24  4 0 0 3 7 9 5 1  .310  .542

 ■ 白鴎大が白星発進、ロッテスカウトは金子の快足評価(日刊スポーツ) 19/9/14

 1-1の5回、プロ注目のラミレス・レンソ内野手がバックスクリーン右への推定125メートル弾で勝ち越しに成功。さらに2死二塁で、1番・金子莉久外野手が適時三塁打を放ち、一気に突き放した。プロ5球団が視察する中、快足を披露した金子は「4打席出塁できたのは役割を果たせたと思う」とチームの勝利に満足そう。ロッテ榎スカウトは「足はドラフト候補の中でもトップクラス」と評価していた。

 ■ ラミレスの活躍で白鴎大が先勝 関甲新学生野球(SANSPO) 19/5/12

 白鴎大は、ラミレス内野手が三回に走者一掃の右中間二塁打と、八回に中犠飛と4打点でけん引。3球団のスカウトが視察する中でラミレスは、「リーグ戦前半は打撃の調子がよくなかったが、少し上がってきた。二塁打は直球。犠飛はたぶん変化球だと思う」と、勝利にホッとした表情を見せた。

過去記事

 ■ 白鴎大・ラミレス攻守に輝き 夢はペルーで野球指導(日刊スポーツ) 19/4/25

 ラミレス・レンソ内野手は、底知れぬ潜在能力を感じさせる逸材だ。真骨頂は5-4-3の併殺処理だ。小さな動きで鋭い二塁送球が放たれる。礎は遠投130メートルの強肩。まるでメジャーリーガーの三塁守備を見るようだ。打撃フォームもメジャーばりの迫力だ。当たった時の飛距離はすごい。両親がペルー出身。ラミレスもペルー国籍だが、生まれも育ちも宇都宮だ。進路希望はプロ一本。遠い将来、もう1つの夢がある。「いつかペルーで子どもたちに野球を教えたいんです。野球の楽しさが広がってほしいなと思います」。純真な野球愛もまた、ラミレスの魅力の1つだ。

 ■ 白鴎大が関東出場決める 今季2位以上確定(下野新聞) 18/10/15

 白鴎大は8-3で上武大に逆転勝ちし対戦成績を1勝1敗とした。白鴎大は3点を追う三回、敵失と3番山田和哉の右前適時打で1点差に迫り、さらに2死満塁の好機で5番ラミレス・レンソが左越えに逆転満塁本塁打を放った。
 身体能力が高く、遠投は130メートル。この冬に主将に任命された。(日刊スポーツ)

  プロフィール

 栃木県宇都宮市生まれ。
 ラミレス・レンソ(Renzo Ramirez)三塁手。
 瑞穂台小学校3年から軟式野球を始め、瑞穂野中学校では軟式野球部に所属。
 ペルー人の父親と日秘ハーフの母親を持つ。

 文星芸大附では1年時秋から控えとしてベンチ入り。
 2年時春の大会で背番号4番の座を掴み取り、同秋のサードを経て3年時春から遊撃を務めた。
 3年時夏の予選は朝山広憲を擁する作新に延長10回5-8で敗れ8強で敗退。
 5番・遊撃として全4戦(12打数4安打)に先発し、高校最終打席で右フェン直の2塁打を放った。
 高校通算20本塁打。栃木大会ベスト8が最高成績。

 白鴎大では1年時春からベンチ入り。
 3年時秋になって5番サードで規定到達を果たし、本2点10(1位)でベストナインのタイトルに輝く。
 上武大2回戦で左越えの満塁本塁打、山学大2回戦で右越えの2ランを記録。
 4年間8シーズンで58戦に出場し、通算38安打13長打、打率.264本10点34の実績を残した。
 4年時春の平成国際大2回戦(白鴎大球場)でバックスクリーン直撃の7号ソロ。
 プロ5球団が訪れた秋の同カード1回戦でセンター右への推定125m特大ソロ弾を放っている。
 全国大会には3年春の第67回全日本大学野球選手権(8強に進出)に出場。
 全2戦に6.8番・DHとしてスタメン起用されたが、計5打数で3K、ノーヒット1死球と不発に終わった。
 通算58試合、打率.264、38安打、10本塁打、34打点。

 173cm85kg、ガッチリとした強肩強打の三塁手。
 リーグ通算10発、振り切るスイングから強い打球を弾き返す右の強打者。確実性に課題が残る。
 高校3年6月の練試・前橋商業戦で左中間への推定飛距離140m弾をマーク。
 守っては遠投130mの強肩が武器。白鴎大監督から地肩と飛距離で大山悠輔以上と評される。
 一塁到達4.7秒(3年春選手権)。4年春から主将を担う。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月15日(火)|2019年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生野手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑