稲毛田 渉(仙台大)|ドラフト・レポート

稲毛田 渉(仙台大)

ここでは、「稲毛田 渉(仙台大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



稲毛田 渉(仙台大)

183cm89kg 右右 MAX153km スライダー・カーブ・フォーク・チェンジ・ツーシーム 帝京高
小さいテイクバックから153㌔直球と一通りの変化球。1年秋の宮教大戦で15K完封勝利を記録した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 5  1勝2敗   16  14  10  2  5  2.81
   16秋: 5  4勝0敗  38.2  28  38  6  6  1.40(4位)
   17春: 4  1勝0敗   14  15  14  2  4  2.57
   17秋: 3  0勝0敗   2.2  6  5  3  4 13.50
   18春: 6  3勝1敗   42  35  39  15  11  2.36(4位)
   18秋: 1  0勝0敗    1  0  1  0  0  0.00
   19春: 5  3勝1敗  24.1  14  30  8  4  1.48(3位)
   19秋: 5  4勝0敗   25  17  25  8  6  2.16 
   通算: 34 16勝4敗  163.2 129 162  44  40  2.20
          被安打率7.09 奪三振率8.91 四死球率2.42 
    ※ 19秋:ベストナイン 16秋:優秀新人賞

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(1完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   宮教大 先   8  10  14  2  3 ○
       先   7  1  6  1  0 ○封
   東北大 先   7  3  6  2  0 ○
   東工大 先   7  8  6  4  1 
   福祉大 先   5  6  2  2  4 ●
   学院大 先   8  7  5  4  3
           42  35  39  15  11 防2.36
       被安打率7.50 奪三振率8.36 四死球率3.21

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東工大     1  0  1  0  0

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東工大 先   7  1  11  1  1 ○ 144㌔
   宮教大 先   5  1  6  2  0 ○
   東北大     1  0  3  0  0
   福祉大 先  6.1  6  6  1  2 ●
   学院大 先   5  6  4  4  1 ○
          24.1  14  30  8  4 防1.48
      被安打率5.18 奪三振率11.10 四死球率2.96

 ■ 高校時代成績

   13秋         回数 被安 奪三 四死 自責
   1回戦:日大二高    2.1  5  2  1  1

   14夏         回数 被安 奪三 四死 自責
   5回戦:日大一高     4  4  4  2  2

   14秋         回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:堀越高校 先   5  5  6  0  0封
   準々決:東海菅生 先   8  8  9  0  3
               13  13  15  0  3 防2.08
          被安打率9.00 奪三振率10.38 四死球率0.00

   15夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:足立西高 先   7  4  7  2  1
   4回戦:文京高校    2.2  2  5  0  0
   5回戦:雪谷高校    4.2  7  2  0  1
   準々決:小山台高     7  1  5  0  0
   準決勝:関東一高    8.2  8  1  6  6 139㌔…交代後6回まで1安打ピッチ
               30  22  20  8  8 防2.40(失点から算出)
           被安打率6.60 奪三振率6.00 四死球率2.40

  最新記事

 ■ 稲毛田、11Kの好投 新フォームで結果(河北新報) 19/4/22

 仙台大の稲毛田が好投を見せた。直球とカットボールを軸に、7回1安打11奪三振。二回にソロ本塁打と失策で2点を失うも、その後はフォークを織り交ぜて工大打線を封じた。昨秋は不調が続いて登板はわずか1試合雪辱を期すために身に付けた2段モーションで結果を出した。「次はより完璧な投球をしたい」と力を込めた。
 プロ6球団のスカウトが視察する前で1本塁打は浴びたが、2失点で勝ち点奪取に貢献。(日刊

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東北大 先   8  4  7  0  0 ○
   宮教大 先   7  4  6  1  1 ○
   学院大 先   5  4  6  3  4 ○
   東工大 先   5  4  6  2  0 ○
   福祉大     0  1  0  2  1
           25  17  25  8  6 防2.16
       被安打率6.12 奪三振率9.00 四死球率2.88

 ■ 仙台大ドラフト候補・稲毛田 最速更新153キロに「びっくり」(デイリースポーツ) 19/3/10

 仙台大・小林快、稲毛田渉、大関友久がヤクルトなど7球団の前で、プロ入りへ向けてアピールした。最も目立ったのは、2番手で1回無失点に抑えた稲毛田だ。連投の影響で「疲れがあった」と漏らしながら、2者連続の空振り三振に斬った。最速は一気に4キロ更新する153キロ。「びっくりした」と驚きつつ、大台突破にはにかんだ。視察したロッテ・柳沼スカウトは「球の力は持っている。また見に行きたいと思います」と4投手を評価。東北の強力投手陣が、全国区になる日も近い。

 ■ 仙台大が春季キャンプへ 神宮出場狙う創部50周年(日刊スポーツ) 19/2/10

 145キロ超の4投手が主戦の座を争う。右腕では最速149キロの稲毛田渉(3年)と同152キロの宇田川優希(2年)、左腕では同147キロの大関友久(3年)と同149キロの小林快(3年)だ。いずれもプロ志望で、3年生トリオは「実績を残してアピールしたい」と、進路を懸けて最後の1年に挑む。

過去記事

 ■ 仙台大、Vで阪神D1・馬場先輩に続くぞ! 仙六7日開幕(SANSPO) 18/4/6

 新エースの最右翼が、現チーム最多のリーグ戦6勝の稲毛田だ。この冬は筋力トレーニングや、効果的な栄養摂取などを独自に勉強。体重は89キロと7キロ増し「ムラがあった球質が変わってきた」。1年に春秋で計5勝を挙げたが昨春は1勝止まり、昨秋は全て救援で未勝利と低迷した。球速を意識したことで、制球で勝負する自分を見失ってしまった。しかし、この冬、岩佐の「直球に頼りすぎ。変化球を使いつつ直球を使えばいい」という助言を得た。先月30日、開幕前最後の先発となった東日本国際大との練習試合で7回1失点。調子はうなぎ上りだ

   【高3夏】 直球135㌔前後、スライダー120㌔前後、カーブ100㌔台、フォーク120㌔台、チェンジ110㌔台

  プロフィール

 東京都目黒区出身。
 稲毛田 渉(いなげた・わたる)投手。
 碑小4年時から目黒イーストで野球を始め、目黒七中時代は東京青山シニアに所属。
 小6時に全日本選抜でカル・リプケン世界大会を経験した。

 帝京高校では1年時夏から控えとしてベンチ入り。
 翌2年秋の新チームになって主戦の座を掴み取り、3年時夏に東東京大会4強入りを達成した。
 主にリリーフで全5戦、計30回に登板し、8四死球8失点にまとめる好投を披露。
 1回無死1、3塁から起用された準々・小山台戦で7回1安打無四球0封の好救援を演じている。
 1学年上に清水昇(ヤクルト18年1位)、同期に中道大波ら。

 仙台大学進学後は1年時春からベンチ入り。
 同年秋のリーグ戦で先発2番手の座を獲得し、4勝0敗、防1.40の好成績で優秀新人賞に輝く。
 宮城教育大を相手に3安打15奪三振6-0初完投初完封勝利の快投を披露。
 8季で34戦22先発(1回戦11、2回戦9)、163.2回に登板し、計16勝、防2.20の実績を残した。
 2年時、3年秋の不調を克服し、3年春(1回戦5)、4年春(同2)に各3勝を記録。
 1年時秋以来となる自己最多タイ4勝(1回戦4)を挙げた最終季にベスト9を初受賞している。
 入学後の体作りで直球の球速を上げ、スカウトからも注目される存在へと浮上。
 4年時春先の練試・日体大戦で153㌔を計測し、視察に訪れたロッテスカウトから評価を受けた。
 通算34試合、 16勝(3完投2完封)4敗、163.2回、防御率2.20。

 183cm89kg、一通りの変化球を操る153㌔腕。
 セットから重心を下げて小さいテイクバックを取り、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速153㌔直球と、縦横スラ、カーブ、フォーク、チェンジなどの変化球。
 真っすぐとスライダーを始めとする変化球とのコンビネーションが持ち味。低めを狙って打ち取る。
 3年時秋に陥った不振からの脱却をめざし、2段モーションのフォームに変更した。
 入学後の体作りで82kgだった体重を7kgアップ、4年時春先のOP戦で153㌔を叩き出している。
 被安打率7.09、奪三振率8.91、四死球率2.42。

  スカウトコメント

ロッテ・柳沼スカウト|19/3/10
 「球の力は持っている。また見に行きたいと思います」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月10日(木)|2019年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑