小川 琳太郎(小松)|ドラフト・レポート

小川 琳太郎(小松)

ここでは、「小川 琳太郎(小松)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



小川 琳太郎(小松)

177cm69kg 右左 MAX140km スライダー・チェンジ
最速140㌔の直球と切れの良いスライダー。1年秋からエース格として活躍。巧みな投球で試合を作る。

  動 画

投手成績詳細

   17秋(背番号11)    回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:大聖寺実 先   9  3  8  0  0封
   準々決:羽咋高校 先   9  11       4
   準決勝:星稜高校 先   5  7  2  4  5
   3位決:金沢学院 先   9  7  11  2  2
               32  28       11 防3.09(失点から算出)

   18夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:北陸学院 先   9  7  5  2  1
   3回戦:羽咋高校     6  1  6  1  0
   準々決:金沢市工 先   9  10  5  2  2
   準決勝:金沢学院 先  10  11  8  3  4
               34  29  24  8  7 防1.85(失点から算出)
           被安打率7.68 奪三振率6.35 四死球率2.12

   18秋         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:飯田高校 先  8.2          1…0対1サヨナラ負け

  最新記事

 ■ 小松・エース小川 意地の再登板(北陸中日新聞) 19/7/22

 マウンドに戻ったエースは、意地の投球でピンチを断ち切った。6失点し、五回途中で降板した小松の先発、小川琳太郎投手。2点を勝ち越された八回、2死一塁から再登板し、九回まで無失点に抑えた夢はプロ野球選手。まずは東京六大学への進学に気持ちを切り替える。

   19夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:小松明峰 先   8  5  10  4  1
   3回戦:航空石川 先   4  7  1  2  6
              1.1  1  0  0  0(再登板)
              13.1  13  11  6  7 防4.73(失点から算出)
           被安打率8.78 奪三振率7.43 四死球率4.05

 ■ スカウトも唸った 小松・小川の強力打線抑える好投(日刊スポーツ) 19/3/10

 星稜が19年最初の練習試合に臨んだ。注目は150キロ右腕の奥川恭伸投手だったが、小松のエース小川琳太郎投手に強力打線が封じ込められた。最速140キロを誇る右腕の小川は5回1失点の好投。実は奥川とは小学校時代からのライバル。小川は「ずっと知っています。勝ったり負けたりでした」と振り返る。加賀市立錦城中でも活躍し、当時の奥川も「自分よりいい投手」と最大級の警戒を払っていたという。引退後の合同練習でも一緒になり、互いを意識する間柄だった。特別な思いを持って臨んだこの日。直球にスライダーなど変化球の制球もさえ、失点は初回に許した左越えソロだけ。3安打に抑え込んだ。奥川の視察に訪れた中日音重鎮スコアラーは「小川君もいい投手と聞いていたけど、やっぱりよかった。体をしっかり作れば面白い投手になる」と将来性を高く買っていた。
 130キロ中盤の直球と、スライダーのコンビネーションで緻密な配球を組み立てている。(asahi)

  プロフィール

 石川県加賀市出身。
 小川 琳太郎(おがわ・りんたろう)投手。
 加賀市立錦城中学校時代は軟式野球部で投手としてプレー。

 小松高校では1年時から控えとしてベンチ入り。
 救援を担った1年夏の予選を3回戦敗退で終え、主戦格となった同年秋に県4強の実績を残す。
 5戦中4試合、計32回に先発で登板し、3回戦・大聖寺戦で2-0初完封を記録。
 3位決・金沢学院戦で9回11Kをマークしたが、惜しくも1対2で競り負け北信越進出を逃した。
 翌2年夏の予選4試合34回を7点に抑え、6年ぶり8度目となる4強進出を達成。
 8対5逆転勝利を収めた3回戦・羽咋高戦で、6回1安打6奪三振0封の好救援を演じている。
 大会屈指の右腕として同秋の予選に臨むも8.2回0対1完投負けで初戦敗退。
 翌3年春先の練試・星稜戦で5回1失点と好投し、奥川めあてのスカウトから高評価をされた。
 同年夏の予選は航空石川に6-8(計5.1回8安打6失点)で敗れ3回戦で敗退。
 4回裏6得点で逆転するも直後に一発を許し、4.0回6失点でKO(8回2死から再登板)となった。
 県大会ベスト4が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 177cm69kg、最速140㌔の直球を持つプロ注目右腕。
 ノーワインドアップから投じる140㌔直球と、スライダー、チェンジアップ。1年秋から主戦格を任された。
 真っすぐとスライダーとのコンビネーションが持ち味。巧みな投球術で試合を作る。
 星陵・奥川恭伸とは中学から対戦、同投手と投げ合った3年春先の練試で5回1失点と好投した。
 2年夏の被安打率7.68、奪三振率6.35、四死球率2.12。

  スカウトコメント

中日・音重鎮スカウト|19/3/10
 「小川君もいい投手と聞いていたけど、やっぱりよかった。体をしっかり作れば面白い投手になる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-08-17(土)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑