若杉 晟汰(明豊)|ドラフト・レポート

若杉 晟汰(明豊)

ここでは、「若杉 晟汰(明豊)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



若杉 晟汰(明豊)

171cm64kg 左右 MAX139km スライダー・カーブ・チェンジ
1年秋から主戦を担う小柄な左腕。キレの良い内角直球が持ち味。スライダー、チェンジアップを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   19春     回数 被安 奪三 四死 自責
   横浜高校 先   3  5  2  3  3 133㌔
   札幌大谷 先   7  6  5  1  0 135㌔ ○
   龍谷平安    5.1  4  4  4  0 137㌔ 
   習志野高 先  6.1  4  3  4  2 135㌔ 
          21.2  19  14  12  5 防2.08
       被安打率7.89 奪三振率5.82 四死球率4.98

  最新記事

 ■ 明豊の若杉、「秋の王者」手玉に=好感触のスライダー生かす(時事ドットコム) 19/3/29

 明豊のエース左腕、若杉は試合前のブルペンで鋭く曲がって沈む感覚を感じ取った。「きょうはスライダーがいい。これでいく」。このボールが昨秋の明治神宮大会を制した札幌大谷を苦しめた。初戦の横浜戦で立ち上がりにつまずいた反省があった。「思い切って腕を振った」と言うこの日は別人だった。真っすぐと同じ腕の振り。タイミングを外された札幌大谷の打者は、体勢が崩れたスイングが目立った。

   18秋           回数 被安 奪三 四死 失点
   大分2回戦:大分商業 先   6  5  7  2  2
     3回戦:大分上野 先  4.1  5  2  0  1
     準々決:柳ヶ浦高 先   7  3  11  3  0封
     準決勝:津久見高 先   7  4  11  3  2
     決勝戦:大分高校     2  1  1  1  0
   九州1回戦:鹿屋中央 先  4.2  8  4  2  3
     準々決:長崎商業 先   8  3  7  3  1 136㌔
     準決勝:日章学園 先  6.1  5  6  4  3 138㌔
     決勝戦:筑陽学園     2  4  2  0  3
                47.1  38  51  18  15 防2.28
             被安打率7.23 奪三振率9.70 四死球率3.42

 ■ 明豊 「凡事徹底」で集中力(西日本スポーツ) 19/3/14

 主戦は1年生左腕の若杉晟汰投手。昨夏はベンチ入りできなかったが、「勝負の世界。学年は関係ない」と持ち前の負けん気で体を鍛え、球速をアップさせてエースの座を勝ち取った。インコースを迷わず攻め最速139キロ直球にスライダーやカーブ、チェンジアップを織り交ぜてアウトを重ねる
 幼い頃に利き腕の右手をやけどし、左手をよく使うようになり、努力を続けて今の左投げ右打ちという珍しいスタイルを確立した。(大分合同新聞19/3/15)

  プロフィール

 大分県別府市出身。
 若杉 晟汰(わかすぎ・せいた)投手。
 鶴見小時代に軟式チームで野球を始め、明豊中学校では軟式野球部に所属。
 中学3年夏に全国大会8強入りを達成した。

 明豊高校では1年秋に主戦の座を獲得。
 1年生ながら全9戦(先7)、計47.1回に起用され、防2.28の好成績で大分V、九州準Vを果たす。
 最速138㌔直球に変化球を織り交ぜ、投球回を超える51K(率9.70)を奪取。
 県準々・柳ヶ浦戦で7回11K完封と好投し、九州準々・長商戦で8回10-1完投を記録した。
 翌2年春の選抜全4戦(先3)に登板し、接戦を制して創部初の4強入りを達成。
 初戦で3回4失点KOを喫しながらも立て直し、2回戦以降の計18.1回を12K4失点に抑えた。
 神宮V校・札幌大谷が相手の2回戦(2対1)で7回を1点に封じる粘投を披露。
 延長11回1-0サヨナラ勝ちを収めた準々決・平安戦で6回から5.1回0封の好救援を演じている。
 1学年上に大畑蓮表悠斗野邊優汰ら。

 171cm64kg、マウンド度胸のいい小柄な139㌔左腕。
 セットポジションから重心を下げてインステップし、着地早めに左ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速139㌔、常時120㌔台後半から130㌔台前半(2年春)の直球と、
 110㌔前後から120㌔前後の2種類のスライダー、110㌔台から120㌔前後の外チェンジアップ。
 球速表示以上にキレがある直球が持ち味。内を突く強気の投球で試合を作る。
 直球と同じ振りで投じるスライダー、沈むチェンジを交え、1年秋の公式戦47.1回で51Kを奪った。
 今後の成長に期待が懸かる好左腕。与四死球率3.42。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-04-04(木)|2020年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
投球フォームが早川隆久(木更津総合-早稲田大)に似ていますね。
バランスもよく打席から見たらタイミングが取りづらいかもしれません
| 鴎 | 2019年03月29日(Fri) 13:47 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑