谷脇 弘起(那賀)|ドラフト・レポート

谷脇 弘起(那賀)

ここでは、「谷脇 弘起(那賀)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



谷脇 弘起(那賀)

180cm75kg 右左 MAX143km
プロ注目の最速143㌔右腕。伸びのある直球と縦スラが武器。3年夏の県大会47.1回で66Kを奪った。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏            回数 被安 奪三 四死 失点 
   和歌山1回戦:日高高校     3  2       0

   18夏            回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山1回戦:紀央館高     2  0       0
      2回戦:紀北工業     4  1       0
                  6  1       0 防0.00

   18秋(不明分を除く)     回数 被安 奪三 四死 失点   
   新人戦2回戦:市和歌山 先   9          1
      3回戦:和歌南陵 先   8          4
   一次戦1回戦:初芝橋本 先   9          1
      2回戦:海南高校 先   9          3
      4回戦:田辺高校 先  10          4
                  45         13 防2.60(失点から算出)

   19春            回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山2回戦:初芝橋本 先   6          0封
      3回戦:日高中津     3          4
                  9          4 防4.00(失点から算出)

  最新記事

 ■ 那賀・谷脇「力負け」大会新66K完全燃焼(日刊スポーツ) 19/7/30

 那賀・谷脇弘起は智弁和歌山に15安打12失点と打ち込まれ、決勝で散った。それでも11三振を奪い、最後まで投げ抜いた。大会記録を「12」も上回る66奪三振を記録。最速143キロで直球はキレがあった。縦と横、2種類のスライダーで三振の山を築いた。中学時代は無名の存在だった。2年時に内野手から投手に転向。エースナンバーを背負ったが、公式戦で勝ったことはなかった。那賀では、1年生の時からマウンドに立った。実戦経験を積むことで成長していった。今後は大学進学を希望。支えてくれた周囲にさらなる成長を見せる。

   19夏            回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山1回戦:県和歌山 先   9  4  10  3  1
      2回戦:和歌山北 先   8  3  11  0  0
      3回戦:和歌高専 先  6.1  0  10  1  0
      準々決:桐蔭高校     6  1  8  1  0
      準決勝:熊野高校 先   9  5  16  2  1…24.1回連続無失点
      決勝戦:智弁和歌 先   9  15  11  7  12
                 47.1  28  66  14  14 防2.66(失点から算出)
             被安打率5.32 奪三振率12.55 四死球率2.66

 ■ プロ注目の最速142キロ右腕・那賀の谷脇は3回4失点で敗退(スポーツ報知) 19/4/27

 那賀のプロ注目右腕・谷脇弘起(3年)が、4―4と追いつかれた6回無死二塁から登板。送りバントを処理したが、三塁に悪送球して勝ち越しを許すなど、3回4失点で敗退した。公立校の最速142キロ右腕については、すでにプロのスカウトがチェック済み。「直球で三振が取れて、変化球でカウントが取れるようにしたい」と、夏までにレベルアップに励むことを誓った。

  プロフィール

 和歌山県和歌山市出身。
 谷脇 弘起(たにわき・こうき)投手。
 宮小2年から宮セネタースで野球を始め、日進中では和歌山ビクトリーズに所属。
 中学2年時に内野手から投手へ転向した。

 那賀高校では1年時夏から背番号20でベンチ入り。
 1年生ながら県1回戦・日高戦に救援で起用され、惜敗の中で3回0封の夏大デビューを果たす。
 翌2年夏の予選2回戦・紀北工戦(0対1)で4回1安打0封の好リリーフを披露。
 同年秋の新チームから主戦投手を任されたが、田辺に10回3-4で敗れ1次戦で敗退となった。
 全6戦の先発投手を務め、新人戦で1完投勝利、1次戦で2完投勝利を記録。
 後の選抜8強校・市和歌山が相手の新人戦初戦2回戦で9回3対1完投勝利を収めている。
 翌3年6月の練習試合で143㌔を投げ、同夏の県大会で7年ぶりの準Vを達成。
 真っ直ぐとスライダーを武器に打者を翻弄し、準決まで38.1回13安打2失点の好投をみせた。
 決勝・和智弁戦で大会5試合目の2桁Kを記録するも12失点と打たれて敗退。
 ノーシードからの快進撃で大会記録を大幅に更新する66K(熊野高戦で16K)をマークしている。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 180cm75kg、プロ注目の最速143㌔右腕。
 ノーワインドから足を引き上げて軽く重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔の伸びのある直球と切れ良く縦に曲がる得意球スライダー。
 低めに伸びるストレートと縦スライダーで三振を奪取。力みのないフォームから投げ込んでいく。
 高3夏に7年ぶり県準Vを達成、6戦47.1回で大会記録となる66Kを積み上げた。
 中学時代は現和歌山東の落合秀市とチームメイト、捕手としてバッテリーを組んだ経験を持つ。
 遠投100m、50m6秒2。高3夏の奪三振率12.55。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-07-30(火)|2019年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
7/13 vs県立和歌山 9回被安打4 奪三振10 失点1 完投勝利
7/20 vs和歌山北 8回被安打3奪三振11 失点0 二塁踏ませず 打撃では二塁打2本
7/23 vs和高専 6回被安打0 奪三振9 失点0 もしくは 6回1/3 被安打0 奪三振10 失点0 打撃ではタイムリー2本
| WAKAMOME | 2019年07月24日(Wed) 00:05 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑