水本 雄也(山口防府ベースボールクラブ)|ドラフト・レポート

水本 雄也(山口防府ベースボールクラブ)

ここでは、「水本 雄也(山口防府ベースボールクラブ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm74kg 右右 MAX150km 大分藤蔭 3年目
伸びのあるストレートを武器とする本格派右腕。高卒3年目の徳山大会で最速150㌔を叩き出した。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   16夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:杵築高校 先   8  3  10     1 146㌔
   3回戦:竹田高校 先   8  0  7  5  0封…8回参考ノーヒットノーラン
   準々決:津久見高 先  8.2  3       ?
   準決勝:佐伯鶴城 先   9  4  6  9  5 145㌔
              33.2  10       ?

  プロフィール

 福岡県福岡市出身。
 水本 雄也(みずもと・ゆうや)投手。
 福岡市立原北中学校を経て大分藤蔭高校に進学。

 大分藤蔭では旧チーム時代からベンチ入り。
 エース兼主軸の投打の柱としてチームを牽引し、本格派の右腕としてプロからも注目されていた。
 3年夏の県大会は佐伯鶴城に2対5逆転完投負け(8回表5失点)で4強敗退。
 初戦・杵築戦(8回3安打10奪三振1失点)で、自己最速1キロ更新の146㌔を計測している。
 続く3回戦・竹田高戦で8回参考ノーヒットノーラン(5四死球7奪三振)を達成。
 全4試合に先発投手として登板し、四死球を多く出しながらも、計33.2回を10安打に抑えこんだ。
 県大会ベスト4が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 山口防府BCでは高卒1年目から公式戦に出場。
 3年目5月の徳島大会で最速150㌔をマークし、MJG島根を相手に初完投初完封を記録した。
 二大大会(都市対抗、日本選手権)出場実績は無し。

 175cm74kg、プロ注目の最速150㌔右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、右ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速150㌔(3年目5月に計測)の真っ直ぐと、スライダー、カーブなどの変化球。
 高校時代プロから注目されていた本格派右腕。社会人で最速150㌔右腕へと成長を遂げた。
 ※ 身長および体重は高校3年夏時点の数字。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月07日(火)|2019年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑