松村 尚汰(旭川大)|ドラフト・レポート

松村 尚汰(旭川大)

ここでは、「松村 尚汰(旭川大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



松村 尚汰(旭川大)

195cm85kg 右左 MAX146km カーブ・チェンジ 旭川明成高
最速146㌔の長身スリークォーター右腕。肘手術を克服して東農大北海道戦で初完封をマークした。

  最新記事

 ■ 195cm旭川大・松村初完封 自己最速145キロ(日刊スポーツ) 19/4/28

 リーグ最長身の195センチ右腕、旭川大・松村尚汰投手が、東農大北海道打線を6安打に抑え、リーグ初完封でチームを開幕2連勝に導いた。大学2年の春季リーグ前に右肘の靱帯を手術。手術後、肘をコンパクトに畳みスリークオーター気味のフォームに変えた。将来については「プロや社会人でできるような投手を目指したい」。長い手足をムチのようにしならせ投げるキレのある直球を武器に、まず16年秋以来5季ぶりのリーグ制覇を果たし、全国でのアピールチャンスをつかむ。

  プロフィール

 北海道旭川市出身。
 松村(まつむら)尚汰投手。
 旭川市立聖園中時代は軟式野球部で投手としてプレー。

 旭川明成高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 3年間で145㌔腕へと成長を遂げるも、右肘痛を発症し、3年時夏の北大会を登板無く終えた。
 北北海道大会1回戦が最高成績。甲子園経験は無し。

 旭川大学では1年時からリーグ戦に出場。
 2年時7月に右肘靱帯部分断裂の手術を受け、3年時秋になって戦線復帰(2試合)を果たす。
 翌4年春のリーグ戦第1節・東農大北海道2回戦で2対0初完封勝利をマーク。
 最速145㌔の直球にカーブ、チェンジアップを交え、リーグの強豪を6安打に抑える好投を見せた。
 3年秋までにタイトル獲得などの目立った実績は無し。

 195cm85kg、手足の長い長身スリークォーター右腕。
 セットから軽く腰を下げて着地早くインステップし、後ろ小さめにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速146㌔の角度ある直球と、カーブ、チェンジアップなどの変化球。
 余力を残す投球フォームで146㌔をマーク。最速155㌔&プロ野球入りを将来の目標に掲げる。
 右肘の手術を受けた影響で現時点での実績は少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年05月16日(木)|2019年大学生投手 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 北海道学生 コメント(0) Page Top↑