石塚 綜一郎(黒沢尻工)|ドラフト・レポート

石塚 綜一郎(黒沢尻工)

ここでは、「石塚 綜一郎(黒沢尻工)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm83kg 右右 MAX142km 捕手・三塁手
通算39発、強い打球を放つ右の強打者。二塁送球1秒88の強肩。142㌔直球を武器に投手を担う。

  最新記事

 ■ 黒沢尻工、捕手石塚が先発もマメつぶれ降板(スポニチ) 19/7/25

 黒沢尻工は捕手・石塚が先発し、6回途中に右手中指のマメをつぶして降板。その後、逆転されて36年ぶりの甲子園はならなかった。右肘痛のエース・土屋に代わってフル回転した背番号2に、石橋智監督は「投手ではないのに、よく頑張ってくれました」とねぎらった。試合後の石塚は「土屋の分も頑張ろうと思った」。プロ志望届を出す考えも示して「捕手として上のレベル、プロでやりたい」と話した。

   19夏(背番号2)    回数 被安 奪三 四死 失点  
   2回戦:専大北上 先   9  3  7  0  0封142㌔
   3回戦:一関二高     3  2  6  1  0
   4回戦:千厩高校 先   7  8  2  3  3
   準々決:一関一高 先   9  12  13  5  6
   準決勝:花巻東高 先  6.1  6  2  3  4 ※マメを潰して降板
              34.1  31  30  12  13 防2.88
           被安打率8.13 奪三振率7.86 四死球率3.15

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏岩手: 4 .500 18  9 3 1 1 7          .944(3番/三塁)
   17秋東北: 2 .250  8  2 1 0 0 0 2 0 2  .250  .375(3番/遊撃)※4失策
   18夏岩手: 4 .412 17  7 1 0 2 8          .824(3番/三塁)
   19夏岩手: 5 .375 16  6 2 0 0 3 1 8 2  .583  .500(3番/投捕)
   通  算: 15 .407 59 24 7 1 3 18          .712

   【一塁到達タイム】19夏準決勝:7回4秒55(引っ掛けた三ゴ)

 ■黒沢尻工の背番号2石塚が完封、打撃でも貢献(日刊スポーツ) 19/7/14

 黒沢尻工の捕手&投手の二刀流、石塚綜一郎捕手が3安打7奪三振の完封勝利を飾った。自己最速を更新する142キロの直球に緩急を交え「真っすぐをコースに投げ分けられたことと、変化球でストライクをとれたことがよかった。でも、まだまだです」。7回から右ふくらはぎがけいれん。8回にはマウンド上で給水。顔をしかめながら、シード校の専大北上打線を封じた。打撃でも存在感をみせた。初回2死から右前打を放ち、先制の3得点につなげた。高校通算39本塁打のパワーだけでなく「相手には引っ張るデータもあったと思うが一、二塁間が空いていたので狙いました」と広角巧打も披露した。

 ■ 黒沢尻工・石塚を阪神など4球団が視察 高校通算36発(デイリースポーツ) 19/5/17

 高校通算36発の黒沢尻工・石塚綜一郎捕手が1安打2打点で初戦突破に貢献した。守備でも強肩で一塁走者をけん制で刺し、九回には最速141キロ右腕としてマウンドに上がった。4球団スカウトの視線を浴びる中、主軸の役割を果たした。五回2死一、三塁から、逆らわずに流し打ちで右翼へ反撃の適時打。七回無死一、三塁で同点犠飛、九回にはこの日2度目の四球を選んでサヨナラ3ランにつなげた。阪神・葛西スカウトから「体がしっかりとしている」と評価を受ける右の強打者だ。扇の要としても二塁送球の最速は1・88秒を誇り、「イニングスローで見せて盗塁されないキャッチャー」を目指す。
 DeNA欠端スカウトは「捕手としては肩の強さはあるし、股関節も柔らかい打撃は粗削りだけれど、将来性は北海道・東北の高校生ではトップクラスかもしれない」と高く評価した。(日刊スポーツ)
 内角打ちの弱点克服へ、関東の強豪社会人チームに武者修行も行ってきた。「インコースの球も逆方向に打つイメージが出来てきた。春になってどの方向にも強い打球が飛ぶようになってきた」。巨人坂本勇人内野手を動画でも研究を続けながら、プロ入りへの夢も追う。(日刊スポーツ)
 広島・近藤芳久スカウトは「地肩が強くて、打撃も勝負強い」。(スポニチ)

  プロフィール

 秋田県秋田市生まれ。
 石塚 綜一郎(いしづか・そういちろう)捕手。
 岩見三内小3年時から軟式野球を始め、岩見三内中では秋田南シニアに所属。

 黒沢尻工では1年時春から三塁手でレギュラー。
 1年生ながら夏全4戦に3番・サードとして出場し、18打数で9安打、打率.500点7の実績を残す。
 4回戦・大東高校戦で3ランを放つなど計5本の長打(二3、三1、本1)をマーク。
 同年秋の東北大会に3番・ショートとして臨み、東海大山形を破って33年ぶりの1勝を挙げた。
 その後、三塁手(投手を兼任)に戻り、翌2年夏の予選で打率.412点8を記録。
 4回戦で同点2ラン弾、準々決で場外ソロと、2試合連続で左翼席への本塁打を放っている。
 2年秋の新チームから捕手を務めるも、千厩に3対5で競り負け県2回戦で敗退。
 強肩強打の捕手としてスカウトの注目を集め、3年春の県大会1回戦に4球団を集結させた。
 3年時夏の岩手大会は花巻東に5対11(6.1回4失点KO)で敗れ準決で敗退。
 3番・主戦格(エースがケガ)として全5戦に登板し、34.1回を30K13失点に抑える力投をみせた。
 県準V、東北大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 181cm83kg、強肩強打のプロ注目キャッチャー。
 高校通算39本塁打、振り切るスイングから強い打球を放つ右の強打者。1年春から3番に座る。
 夏の県大会13試合で3本塁打。両翼92mの花巻球場で左翼場外弾を放った。
 1年時春からサードでレギュラー。ショート挑戦、サード復帰を経て、2年秋から捕手を務める。
 バッターとしての将来性にはプロも注目、捕手としての資質でも評価を獲得した。
 二塁送球1秒88を計測する強肩の持ち主。142㌔(3年夏に計測)直球を武器に投手もこなす。
 握力右68kg、左69kg。憧れは巨人・坂本勇人。

  スカウトコメント

広島・近藤芳久スカウト|19/5/18
 「地肩が強くて、打撃も勝負強い」
DeNA・欠端スカウト|19/5/17
 「捕手としては肩の強さはあるし、股関節も柔らかい。打撃は粗削りだけれど、将来性は北海道・東北の高校生ではトップクラスかもしれない」
阪神・葛西スカウト|19/5/17
 「体がしっかりとしている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-08-30(金)|2019年高校生野手 | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
2019年7月14日の2回戦の専大北上高校との初戦で3打数1安打で打率3割3分3厘と打って、ピッチングでも3安打7奪三振に抑えてチームの勝利に貢献しました。
準々決勝は一関二高校か水沢農・北上翔南・雫石連合のどっちかとの試合なので頑張って下さい。
| ゆうと | 2019年07月15日(Mon) 14:52 | URL #- [ 編集]
第2の網谷候補となるか

一年目さえ健康に過ごせれば良くなりそう
| 。・。 | 2019年05月18日(Sat) 02:40 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生野手 | コメント(2) Page Top↑