山村 崇嘉(東海大相模)|ドラフト・レポート

山村 崇嘉(東海大相模)

ここでは、「山村 崇嘉(東海大相模)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm85kg 右左 MAX140km 一塁手兼投手
通算38発、強打が魅力の4番・一塁手。2年夏の県大会で3発を放った。直球を武器に投手も担う。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率 
   19夏: 2 .125  8  1 0 0 0 1 2 1 0  .222  .125(4番/一)
   通算: 2 .125  8  1 0 0 0 1 2 1 0  .222  .125

投手成績詳細

   18夏            回数 被安 奪三 四死 自責
   北大会4回戦:神奈川工    0.1  0  1  1  0

   19春            回数 被安 奪三 四死 失点
   地 区1戦目:秦野高校     1  0  1  0  0
   神奈川3回戦:湘南台高 先   4  0  2  1  0
                  5  0  3  1  0 防0.00
              被安打率0.00 奪三振率5.40 四死球率1.80

  最新記事

 ■ 東海大相模、5発24点V 戦後神奈川決勝最多記録を連発(スポーツ報知) 19/7/29

 東海大相模は、戦後の神奈川大会決勝でいずれも最多となる5本塁打24得点の猛攻で、全国制覇した2015年以来、4年ぶりに頂点に立った。4回、1番・鵜沼が右中間へ高校通算22号2ランを運ぶと、4番・山村が右翼への通算37号3ラン、7番・西川は左翼へ弾丸ライナーで42号2ランをたたき込み、2年生だけで1イニング3発。山村は6回にも右越え38号ソロを運び、3回の遠藤成(3年)の中越え2ランを含め、1試合5発の大会タイ記録を決めた。
巨人長谷川国利スカウト部長「西川は馬力があるし、山村は柔らかいから打球がよく飛ぶ。鵜沼もアグレッシブで、3人ともいい面を出している3人とも来年はドラフト候補に入るでしょう」(スポニチ)

        試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏北大会: 1 .250  4  1 1 0 0 0 0 0 0  .250  .500
   19春神奈川: 9 .417  24 10 2 0 5 14 6 5 1  .517 1.125
   19春関 東: 5 .261  23  6 0 1 0 4 2 0 0  .261  .348(4番/一)
   19夏神奈川: 7 .484  31 15 2 3 3 17 0 0 2  .484 1.032(4番/一)
   通   算: 22 .390  82 32 5 4 8 35 8 5 3  .425  .841

 ■ 東海大相模に二刀流遠藤成ら強打者揃い/神奈川展望(日刊スポーツ) 19/6/8

 圧倒的打力で今春県大会と関東大会を制した東海大相模と、及川雅貴投手擁する横浜の「2強」が優勝争いの軸となる。第1シード東海大相模は、高校通算40本塁打で最速145キロの二刀流・遠藤成内野手(3年)山村崇嘉内野手(2年)ら強打者がズラリと並び、投手も左右の駒がそろう。

  プロフィール

 神奈川県相模原市出身。
 山村 崇嘉(やまむら・たかよし)一塁手兼投手。
 東海大相模中学校時代は硬式野球チーム・武蔵府中シニアで4番・エースとしてプレー。
 U15代表で3年11月のアジアチャレンジマッチに出場した。

 東海大相模では1年時夏から背番号20でベンチ入り。
 大会2戦目の3回戦で初出場(7番1B)を果たし、2回裏の初打席で右フェン直の2塁打を放つ。
 4回戦・神奈工戦に4番手として登板し、1/3回ノーヒット1四球、1K0封をマーク。
 1年時秋の新チームで4番・一塁の座を掴み取り、2年夏までに高校通算38発を積みあげた。
 2年時春の県大会初戦・藤沢西戦で2発(中2ラン&右2ラン)5打点の大暴れ。
 続く関東初戦・木更津総合戦で右中間を破る適時三塁打(相手投手:根本)を放っている。
 同夏の予選で率.481本3点17と活躍し、15年以来4年ぶりとなる優勝を達成。
 準々で右中間上段2ラン(甘い直球)を記録し、決勝で右3ラン(内高直球)など2発を放った。
 甲子園本大会にV候補の一角として臨むも2戦1安打と不発で3回戦で敗退。
 初戦・近江戦で右適安(の甘め直球)を放ち、巨人・長谷川スカウト部長から評価を受けた。
 1学年上に遠藤成、同学年に西川僚祐鵜沼魁斗ら。

 180cm85kg、強打が魅力のファースト兼ピッチャー。
 高校通算38本塁打、振り切るスイングで長打を放つ左の強打者。1年時秋から4番打者を担う。
 2年時夏の予選準々決で右中間スタンド最上段(浜スタ)への特大弾をマーク。
 同決勝・日藤戦で内角高め133㌔直球を右ポール際に叩き込む3ランなど2発を放っている。
 柔らかさのある打撃にはプロも注目。1年生の秋に一塁レギュラーの座を掴んだ。
 投手としてもチームに貢献。130㌔台の直球を主体に、スライダー、カーブ、チェンジアップを交える。
 左打者で一塁到達4.63秒(1年夏3回戦第4打席)。

  スカウトコメント

巨人・長谷川国利スカウト部長|19/8/13
 「近江の左腕・林優樹は高校生ではなかなか打てない。その中でも、鵜沼はセンターにいい打球を飛ばしていたし、山村もタイムリーを打っている」
巨人・長谷川国利スカウト部長|19/7/29
 「西川は馬力があるし、山村は柔らかいから打球がよく飛ぶ。鵜沼もアグレッシブで、3人ともいい面を出している。3人とも来年はドラフト候補に入るでしょう」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年09月18日(水)|2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑