石黒 佑弥(星城)|ドラフト・レポート

石黒 佑弥(星城)

ここでは、「石黒 佑弥(星城)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



石黒 佑弥(星城)

178cm74kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ
最速146㌔のスリークォーター右腕。伸びのある直球が武器。石川擁する東邦を3失点完投で破った。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17夏(背番号16)    回数 被安 奪三 四死 失点
   4回戦:半田高校     1  1       0
               1  1       0 防0.00 

   18夏(背番号11)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:愛工名電 先   4  7  1  4  6 
               4  7  1  4  6 防13.50(失点から算出)
           被安打率15.75 奪三振率2.25 四死球率9.00

  最新記事

 ■ 星城、センバツVの東邦をコールド撃破(スポーツ報知) 19/7/14

 愛知では星城が東邦を8回コールドで破る大金星を挙げた。石川昂弥に3発を浴びせるなど、13安打10得点。最速146キロ右腕・石黒佑弥は8回3失点完投で、打ってもダメ押し3ランと投打に躍動した。大きなフォロースルーから描かれた放物線は左中間の芝生席まで届いた。3点リードの7回1死一、二塁。石川の真ん中高めスライダーを粉砕した。8番打者ながら高校通算18号3ラン。石川とはともに昨年末の愛知県選抜でオーストラリアに遠征。「どこに投げても打たれるオーラがあった」というが、臆さない。この日の最速144キロで内角を攻め、スライダー、カーブで対角線を突き、初回の単打だけに抑え込んだ。11球団19人のスカウトが視察。中日・近藤スカウトは「初戦より躍動感がある。制球がよく、打撃も思い切りがいい。(志望届を出せば)可能性はある」。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクも「真っすぐに力がある打撃も積極性があって、野球センスを感じる」と目を光らせた。

   19夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:豊橋南高 先   4  4       0
   2回戦:東邦高校 先   8  8  5  3  3 144㌔
   4回戦:享栄高校 先   9  7  8  5  2
   準々決:誉 高 校 先   8  8  4  4  7
               29  27       12 防3.72(失点から算出)

 ■ 東邦・石川昂弥“天敵ブロック”に苦笑い 春夏連覇へ試練(スポーツ報知) 19/6/16

 天敵のブロックを引き、東邦の石川昂弥主将は苦笑いを浮かべた。「厄介なところに入ったかなと思った。享栄には勝ったことがない」。2回戦のヤマの星城も146キロ右腕・石黒佑弥を擁する。石川は「星城も近くにいる。油断できない」と気を引き締めた。

  プロフィール

 愛知県江南市生まれ。
 石黒 佑弥(いしぐろ・ゆうや)投手。
 藤里小1年時に軟式野球を始め、宮田中では軟式野球部に所属。
 中学2年時に捕手から投手へ転向した。

 星城高校では1年生の時から夏の大会を経験。
 半田高校が相手の県4回戦に救援として登板し、大勝の中で1回1安打無失点の結果を残す。
 翌2年夏の西大会で2回戦・名電戦の先発を担うも10-11で敗れ早々に敗退。
 3回まで無失点と粘投を見せたが、4回表に集中打を浴び、4回7安打6失点で降板となった。
 9番バッターとしての出場ながら3回ウラの攻撃で2者連続となる本塁打をマーク。
 中堅118m&両翼94mの豊田市運動公園野球場でセンター左へのソロアーチを放っている。
 2年秋の新チームで主戦の座を掴み、同年12月に愛知選抜で豪遠征を経験。
 最速146㌔の本格派としてプロから注目され、3年夏に13年ぶりとなる県8強進出を達成した。
 東邦(8回10-3)&享栄(7-2)を相手に粘り強いピッチングで完投勝利を記録。
 144㌔腕・石川昂弥から左中間3ランを放つなど、打撃でも打率.375本2点4の好成績を残した。
 県大会ベスト8が最高成績。甲子園経験は無し。

 178cm74kg、最速146㌔のスリークォーター右腕。
 最速146㌔の伸びのある直球が武器。ノーワインドから着地早めに肘を柔らかく使って投げ込む。
 2年秋の新チームで主戦の座を獲得、同年冬に県選抜メンバー入りを果たした。
 中日スカウトが視察に訪れた3年6月の練試・加藤学園戦で9回13奪三振の力投を演じている。
 通算18発、2年夏の予選で中堅左への一発を放った。

  スカウトコメント

中日・近藤スカウト|19/7/14
 「初戦より躍動感がある。制球がよく、打撃も思い切りがいい。(志望届を出せば)可能性はある」
ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク|19/7/14
 「真っすぐに力がある。打撃も積極性があって、野球センスを感じる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年08月12日(月)|2019年高校生投手 | コメント(2) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
為になる意見だなぁ
どこの素人さんなんだろう
| シウマイ | 2019年10月16日(Wed) 19:59 | URL #- [ 編集]
中日が地元枠でちょっかいを出しそうな選手だが、プロ向きの感じはしないね。スケールがなさすぎる。こういうタイプの本格派は社会人のほうが向いている。
もう中日もいい加減に小柄なオーソドックスな右投手にこだわるのはやめないと・
| 匿名 | 2019年06月27日(Thu) 00:05 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(2) Page Top↑