元 謙太(中京学院大中京)|ドラフト・レポート

元 謙太(中京学院大中京)

ここでは、「元 謙太(中京学院大中京)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 楽天 阪神 千葉 中日 オリ 横浜 日ハム 巨人 福岡 東京 西武 広島
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm78kg 右右 MAX143km 外野手・三塁手・投手 遠投100m 50m6秒0
左右に長打を放つ右の強打者。1年秋の東海大会で左中間場外弾。直球を武器に投手もこなす。

  動 画

  投手・打撃成績

 ■ 甲子園成績

   19夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   北照高校     1  1  1  1  1 137㌔
   東海相模    0.1  0  0  2  1 139㌔
   作新学院    4.2  2  1  2  0 139㌔ ○
   星稜高校     1  2  0  1  3 137㌔
            7  5  2  6  5 防6.43
       被安打率6.43 奪三振率2.57 四死球率7.71

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19夏: 4 .333 15  5 0 0 1 4 4 1 0  .375  .533(7・9・3番/左)
   通算: 4 .333 15  5 0 0 1 4 4 1 0  .375  .533

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18秋(不明分を除く)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   地区2戦目:多治見工 先   7          0封
     3戦目:土岐商業 先   8          2
   岐阜決勝戦:大垣日大 先   9  5  1  2  1
   東海準決勝:東邦高校    0.1  2  0  0  1
                24.1          4 防1.48(失点から算出)

   19夏(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   岐阜4回戦:高山西高     1  1  0  1  0
     決勝戦:大垣日大     3  3  1  0  1
                 4  4  1  1  1 防2.25(失点から算出)
             被安打率9.00 奪三振率2.25 四死球率2.25

  最新記事

 ■ 中京学院大中京の「二刀流」元謙太が逆転満塁弾(中日スポーツ) 19/8/18

 1点を追う8回。3連続四球でもらった好機で、中京学院大中京の7番・元謙太外野手(2年)が、代わったばかりの作新学院・坂主の直球を振り抜いた。起死回生の逆転満塁本塁打。「詰まったけど、飛び方が良かったので入ったと思った」。「全打席の凡打を生かす」との橋本哲也監督の教えを、大舞台で体現した。「後ろに立つことで、少しでも長く球を見ようとした」。普段は打席中央に立つが、球速以上の伸びを感じ、打つポイントをやや前寄りに意識。高校通算5本目で、自身初の満塁弾につなげた。右肘を痛めた今春以降は野手中心で出場してきたが、本職は最速140キロ超の投手だ。5回からマウンドに上がったこの日は、7回2死から連続四死球で、一度は右翼に移ったが、橋本監督に「まだ行けます」と直訴して、8回から再登板。そして、最後を締めた。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18秋東海: 2 .500  6  3 1 0 1 4 2 3 0  .667 1.167( 7番/左)
   19夏岐阜: 6 .263  19  5 0 1 1 9 2 2 2  .333  .526(8・9番/左)
   通  算: 8 .320  25  8 1 1 2 13 4 5 2  .433  .680

 ■ 中京院中京、増す輝き 元が一発、待望初安打(岐阜新聞) 19/7/27

 序盤は互いに譲らない展開が続いたが、元の2ランで先制すると六回、代打高田の適時内安で加点。八回には元の2点三塁打などで4点を加え、コールド勝ち。不後、赤塚、吉田が完封リレーした。

  プロフィール

 岐阜県多治見市出身。
 元 謙太(げん・けんだい)外野兼三塁兼投手。
 小3から池田少年野球クラブで野球を始め、平和中学校では岐阜東濃シニアに所属。
 小学6年時にドラゴンズJr.チーム入りを果たした。

 中京学院大中京では1年春から控えとしてベンチ入り。
 同秋の地区2戦目・多治工戦で初登板を遂げ、7点の援護を受けて7回初完封勝利を収める。
 大垣日大が相手の県大会決勝で9回5安打1奪三振3対1完投勝利をマーク。
 続く東海大会全2戦で7番レフト先発を務め、準決・東邦戦で2長打4打点の活躍を見せた。
 2番手として上がった10回裏のマウンドでサヨナラ打を浴び9-10で惜しくも敗戦。
 2回の第1打席で左中間場外への2ラン弾、9回の第5打席で右フェン直の2塁打を放っている。
 翌2年夏の岐阜大会で3年ぶりVを飾るも自身は主に下位で打率.263と不発。
 4回に先制左2ラン、8回に中越え2点三塁打と、準々・各務野戦で2長打4打点を記録した。
 本大会4試合で5安打4打点をマークし、初の4強入り(救援でも活躍)を達成。
 初戦2回戦で広角3単打の全国デビューを飾り、準々で詰まった左満弾(内寄り直球)を放った。
 1学年上のチームメイトとして赤塚健利投手、藤田健斗捕手ら。

 186cm78kg、均整の取れた体格の左翼手兼三塁手。
 振り切るスイングで左右に長打をはじき返す右の強打者。飛ばす力が魅力。主に下位を務める。
 1年春から背番号18でベンチ入り、同年秋からレフト(2年春サード)を任された。
 1年秋の東海大会準決で左中間場外弾(中堅120m、両翼97.5mの霞ヶ浦第一)を放っている。
 高校通算5本塁打(2年夏時点)。遠投100m、50m6秒0。

 最速143㌔ストレートを持つ長身右腕。
 ワインドアップから重心を下げて早めに着地し、開き早めにヒジを使った腕の振りから投げ下ろす
 最速143㌔、常時135㌔前後から130㌔台後半(リリーフ登板時)の真っ直ぐと、
 110㌔台のスライダー、100㌔を割るカーブ、110㌔台のチェンジアップ、その他カットボールを操る。
 大垣日大相手に1失点完投勝利を挙げた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  人気記事TOP50  2019年プロマーク状況



最終更新日:2019-08-21(水)|2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑